ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第11章  新たな時代の文教施設を目指して
第1節  快適で豊かな文教施設づくり
3  環境を考慮した文教施設づくり



(1) 環境を考慮した学校施設(エコスクール)の推進

近年,地球温暖化等の地球的規模の環境問題が世界共通の課題として提起されている。

方,文教施設は高機能化や快適性等が求められ,使用エネルギーの増加が予測される。今後の文教施設の整備は,環境への負荷の低減を図る等の施設づくりが重要となる。

文部省では,これまで環境を考慮した学校施設(エコスクール)に関する調査研究を実施するとともに,その整備推進を図るため,先進的な事例等を紹介した資料集「環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備における技術的手法に関する調査研究報告書」(平成9年3月)を作成している。

平成9年度からは,児童生徒等の環境教育に役立て,今後の学校施設の整備充実を推進するため,通産省と協力し公立学校のエコスクールパイロット・モデル事業を実施し,10年度までに38校を指定している。

また,国立大学附属学校,高等専門学校等については,環境への負荷の低減に対応する施設づくり及び環境教育の生きた教材として,平成10年度に太陽光発電設備を85校に整備した。

図2-11-1 環境を考慮した学校施設(エコスクール)のイメージ図


(2) 省エネルギー・省資源対策

地球温暖化をはじめとする地球環境問題への対応策として,省エネルギーに取り組むことが重要であり,文部省では,各都道府県教育委員会等を通じ児童生徒や教職員等が省エネルギーの重要性,「省エネルギー月間」等の意義についての指導及び学校現場での省エネルギー点検の実施を要請している。

また,古紙の回収・利用の促進は,省資源・省エネルギーの観点から極めて重要であることから,各都道府県教育委員会等に古紙の回収・利用の一層の徹底について指導している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ