ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第11章  新たな時代の文教施設を目指して
第1節  快適で豊かな文教施設づくり
1  新たな時代に応じた文教施設への取組


今日,我が国においては,少子・高齢社会への移行,科学技術の進歩,情報化・国際化の進展,地球環境保護意識の高まり等様々な変化が生まれてきている。

このような状況に対応するため,文部省では,あらゆる社会システムの基盤となる教育の重要性を考慮し,豊かな人間性をはぐくむ教育,一人一人の個性・能力を尊重した教育,基礎研究や最先端科学技術の水準の向上等を基本とした改革に全力を挙げ取り組んでいるところである。

そのような中,文教施設は,小・中学校や公民館,図書館,文化・スポーツ施設等の地域住民に身近なものから,最先端の学術研究や高度な人材養成を担う大学・研究機関の施設まで,幅広い分野にわたり文教施策を展開する基盤として極めて重要な役割を果たすものである。

文部省では,社会の変化に対応した適切な文教施設の整備を図るため,次のような観点から施策を行っている。

1) 国民の生涯にわたる学習・文化活動・スポーツなどの多様なニーズに対応した学習環境を総合的に整備すること。
2) 児童生徒の学習の場や生活の場としてふさわしいゆとりと潤いのある学校施設づくりを進めること。
3) 初等教育における教育内容・方法の多様化や弾力化に対応できる学校施設づくりを進めること。
4) 地域社会との連携を考慮した施設づくりを進めること。
5) 環境への負荷の低減を図るため,環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備や省エネルギー対策を推進すること。
6) 高等教育機関等における教育・学術研究の高度化・多様化に対応した機能や質的水準を備えた施設づくりを進めること。
7) 大学院重点化など大学改革を推進するための知的拠点の整備充実を図ること。

前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ