ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第8章  文化立国を目指して
第9節  アイヌ文化の振興のために


文化庁では,従来から,文化財保護法に基づき文化財保護の観点からアイヌに関する文化財の指定等を行うとともに,北海道教育委員会の行う事業への支援を行ってきた。

平成9年5月には,アイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及びアイヌ文化が置かれている状況を考慮し,アイヌ文化の振興等を図るための施策を推進することにより,アイヌの人々の民族としての誇りが尊重される社会の実現を図り,併せて我が国の多様な文化の発展に寄与することを目的として「アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律」が公布され,同年7月から施行された。

文化庁長官及び北海道開発庁長官は,同法の規定に基づく業務等を行うものとして「(財)アイヌ文化振興・研究推進機構」を指定し,同法人の行う事業に対して支援している。

用語解説〈組踊〉組踊は,せりふを主として唄と踊りで筋を運ぶ沖縄独自の歌舞劇であり,琉歌を三線で歌いあげて登場人物の心理・心象を描出し,舞踊家(役者)は科白(しぐさせりふ)をもって物語の筋を展開させる。

1719年,琉球王朝時代の踊奉行玉城朝薫が創始者と言われており,「二童敵討」,「執心鐘入」,「銘苅子」,「女物狂」,「孝行の巻」の5番の組踊を創作した。

同法人においては,アイヌに関する研究等への助成,アイヌ語の普及及びアイヌ文化の復元,再生,伝承,普及,国内外との交流の促進,優れたアイヌ文化活動の表彰・顕彰,アイヌに関する情報の収集・提供,文化交流,アイヌ文化フェスティバル,アイヌの音楽や古式舞踊等に関する初心者向けの実践講座等の事業を行っている。

文化庁としては,これらの事業への支援や地方公共団体への助言等を通じて,アイヌ文化の振興等を図るための施策の―層の推進に努めていくこととしている。

アイヌ文化フェスティバル


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ