ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第8章  文化立国を目指して
第3節  地域における文化の振興
2  地域における文化活動への支援


国民が生涯を通じて文化に身近に接し,個性豊かな文化活動を活発に行うことを通じて,創造性や豊かな感性に優れた人材を育成し,地域文化を振興するため,文化庁では,地方公共団体や地域の文化団体,文化施設等と協力して,地域における文化活動等に対する支援を行っている。また,芸術文化振興基金において,地域文化振興活動への助成を行っている。


(1) 文化のまちづくり事業

地域の文化遺産などを生かしながら地域に根ざした特色ある芸術文化活動を創造するとともに,優れた芸術文化を身近に鑑賞できるようにすることなどを通じ,個性豊かな芸術文化の拠点づくりを進める「文化のまちづくり事業」を平成8年度から実施している。


(2) アーティスト・イン・レジデンス事業

国内外の芸術家がある地域に一定期間滞在し,創作活動等を通じて芸術家相互及び地域との交流を深め,高度で独創性にあふれた芸術文化の創造の契機となるとともに地域文化の振興に資することを目的として,平成9年度から実施している。


(3) 国民文化祭

国民の文化活動への参加意欲にこたえるとともに国民の文化活動の水準を高めるため,全国規模の文化の祭典である国民文化祭を,昭和61年度から都道府県等との共催で開催している。平成11年度は,「日本のまん真ん中から新世紀へ」をテーマに,10月23日から11月3日まで岐阜県で開催された。


(4) 全国高等学校総合文化祭

高校生の創造活動の向上を図るとともに,相互の交流を深めるため,全国都道府県代表の高校生による芸術文化活動の発表の場である全国高等学校総合文化祭を,全国高等学校文化連盟及び都道府県との共催によって,昭和52年度から開催している。平成11年度は,「虹の帆をはれ文化のそらへ」をテーマに,7月30日から8月3日まで山形県で開催された。

世田谷アートタウン「地域の物語ワークショップ」/世田谷文化のまちづくり事業

滝畑アートウオーキング「尾崎氏のワークショップ」/(大阪府河内長野市海外芸術家交流事業)


(5) 伝統文化を活かした地域おこし

近年,身近な地域を中心として,地域固有の伝統芸能や美術工芸品の鑑賞,お祭りなどの活動への参加,歴史的な建造物・町並みや史跡等の保存・活用の取組などへの気運が高まっている。このような状況を受けて,文化庁では,各地域が伝統文化を活かした地域おこしに向けて主体的かつ積極的に施策の推進に取り組む上での参考となるよう,平成11年4月に「伝統文化を活かした地域おこしに向けて」(手引)を作成し,各都道府県・市町村の教育委員会をはじめ関係者へ配布した( 図2-8-7 )。

(6) 芸術文化振興基金による地域文化振興活動への助成芸術文化振興基金の助成活動として,地域の文化振興や文化財の保存・活用に関し,寄与が大きいと認められる活動に対し助成している。平成11年度は,約3億円の助成を行うこととしている。

第13回国民文化祭おおいた,98/オープニングパレード

第22回全国高等学校総合文化祭/総合開会式フィナーレ

図2-8-7  「伝統を活かした地域おこしに向けて」(手引)施策の概要


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ