ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第8章  文化立国を目指して
第2節  より高い芸術創造の世界へ
1  アーツプラン21一芸術創造活動への支援一


多彩で豊かな芸術を生み出す源泉は,芸術家・芸術団体の自由な発想に基づく創造活動にあるが,現在,その活動基盤は不安定な状況にあり,芸術家・芸術団体が創造活動に活発に取り組めるような環境の整備が強く求められている。

このため,文化庁では,従来の支援施策を再構築し,21世紀の「文化立国」実現を目指し,芸術創造活動に対する支援を抜本的に拡充するため,平成8年度から「アーツプラン21」を創設した。11年度は,45億8,300万円(対前年度3億7,500万円増)を計上し,支援の一層の拡充を図っている( 図2-8-5 )。

芸術創造特別支援事業 東京交響楽団「第446回定期演奏会」

図2-8-5  「アーツプラン21」の概要


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ