ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第7章  心と体の健康とスポーツ
第1節  健康教育の充実
3  学校安全の充実


学校においては,児童生徒等が自他の生命を尊重し,日常生活全般における安全のために必要な事柄を実践的に理解し,安全な生活ができるような態度や能力を養うため,教科「体育」や「保健体育」,道徳及び特別活動を中心に学校教育活動全体を通じて安全教育を行っている。

文部省では,平成6年度から二輪車研究指定校を指定し,高等学校における実技を含めた二輪車に関する指導の内容等について実践的な調査研究を行うほか,昭和57年度から小・中,高等学校の教員等を対象とした交通安全教育指導者研修会(心肺蘇生法等及び自転車,二輪車の実技を含む。)を開催するなど交通安全教育の充実を図っている。

また,防災教育の充実を図るため,平成9年度には,教師用の防災教育のための参考資料を作成した。さらに,児童生徒用の防災教育教材として,9年度には高校生用,10年度には中学生用を作成し,11年度には小学生用の教材を作成し,各学校に配布することとしている。

なお,平成10年度には,誘拐等の犯罪から自分の身を守るための普及啓発教材を作成し,全国の小学生全員に配布した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ