ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第7章  心と体の健康とスポーツ
第1節  健康教育の充実


近年における児童生徒の薬物乱用,性の逸脱行動,生活習慣病の兆候などの健康に関する新たな課題に適切に対処するためには,早期発見,早期治療という二次予防も重要である。

しかし,より重要なことは,健康の保持増進のために必要な行動(一次予防)を実践できる能力を身に付けることである。このため,一次予防を促す健康に関する学習,とりわけ学校における健康教育の役割は,ますます重要な意味を持つようになってきている。

学校では,心身の健康の保持増進のための保健教育と保健管理を内容とする学校保健,自他の生命尊重を基盤とした安全能力の形成等を図るための安全教育と安全管理を内容とする学校安全,望ましい食習慣の育成等を図るための給食指導と衛生管理等を内容とする学校給食のそれぞれが,独自の機能を担いつつ,相互に連携しながら,児童生徒の健康の保持増進を図っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ