ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第6章  学術研究の振興
第6節  基礎研究の重点的な推進
7  地震や火山噴火の予知を目指して―地震・火山噴火予知研究―


我が国の地震・火山噴火予知研究は,測地学審議会の建議等に基づき,大学や気象庁など関係機関が連携し,それぞれの機能と特色を生かしながら,総合的,計画的に進めている。

文部省では,測地学審議会の建議「地震予知のための新たな観測研究計画の推進について」 ・地震調査研究推進本部の「地震調査研究の推進について―地震に関する観測,測量,調査及び研究の推進についての総合的かつ基本的な施策-」及び「第6次火山噴火予知計画の推進について」(平成10年8月)の内容に沿って,東京大学地震研究所,京都大学防災研究所をはじめ,関係大学において実施されている。地震・火山噴火予知の基本となる観測研究や多種多様な観測データ等を基に,予知手法・理論の構築に向けた研究や新技術の開発等を推進している。

地震予知研究では,地震発生に至る地殻活動の過程と,その過程に伴って現れる地殻現象の発生メカニズムを解明するための総合的な観測研究,常時観測網からのデータに基づいて地殻活動を定量的に予測するためのシミュレーション手法の開発,地殻現象を高精度に検出する観測技術の開発などを実施している。

また,火山噴火予知研究では,火山の活動度や防災の観点から常時監視機能を高め,関係機関の連携を強化することにより,噴火予知を一層高度化するとともに,火山観測研究を強化し,噴火予知高度化のための基礎研究を実施している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ