ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第3章  高等教育の多様な発展のために
1  日本育英会の育英奨学事業
(1)  育英奨学事業の目的と現状


日本育英会は,優れた学生・生徒であって経済的理由により修学困難な者に対して,奨学金の貸与を行っている。昭和18年の創立以来,平成10年度までの56年間で,奨学金の貸与を受けた学生・生徒総数は約567万人,奨学金貸与総額は約3兆7,596億円に達する。奨学金の貸与事業の財源は,卒業奨学生からの返還金に加え,無利子奨学金については,政府からの借入金,有利子奨学金については,財政投融資資金となっている。

奨学金としては,無利子奨学金と有利子奨学金がある。有利子奨学金については,在学中は無利子,卒業後は年利3%を上限とした利子が課されるもので,学生に対する利率と財政投融資資金の借入利率との差額は国の補助を受けている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ