ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第3章  高等教育の多様な発展のために
  第3節 高等教育の整備充実
5  理工系人材の養成



(1) 創造的な理工系人材の育成に向けて

現代社会の諸課題を解決し,豊かな未来社会を切り開いていくため,我が国は「科学技術創造立国」を目指し発展していく必要がある。このためには,研究面において新しい科学技術を創出していくとともに,これを支える理工系の優れた人材の育成が極めて重要である。

このため,文部省では,平成6年と8年に大学の理工系分野の魅力向上及び創造的人材育成に関する報告書を取りまとめるとともに,理工系学部,大学院の新設など理工系教育の充実を図っている。

また,平成11年度においては,1)学科の改組再編,大学院研究科専攻の設置,2)理工系学部における実・験実習設備の高度化・現代化を推進する「理工系教育高度化設備費」,3)理工系分野の魅力を積極的に青少年や社会に情報発信するための体験入学事業等に要する「理工系教育推進経費」の予算措置や,4)サイエンス,ボランティア登録名簿の作成・配布,などの施策を推進することとしているところである。


(2) 大学院に重点を置いた人材の育成

近年の急速な技術革新,産業構造の変化に伴い,これまで以上に先端科学技術の分野を中心に,独創的で高度な教育研究の推進が求められており,特に,大学院に重点を置いて人材の養成に努めていくことが重要である。理工系の大学院については,国立大学が大きな役割を果たしており,平成11年度においては1大学で1研究科を,また13大学で18専攻を新たに設置した。


(3) 理工系教育の改善・充実

現在進行中の大学改革においても,理工系の学部について教養教育と専門教育を有機的に関連させた教育課程を編成したり,総合的な判断力,ものの見方を養う学際的,総合的科目を開設するなどの改善が行われている。

また,文部省では,科学技術の高度化,学際化に対応した教育研究体制を整備するため,国立大学の学部・学科の整備を進めており,平成11年度においては,10大学において学科の改組を行った。今後も,社会のニーズを的確に把握し,それに対応した人材の養成に努めることとしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ