ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第2章  初等中等教育の―層の充実のために
  第8節より良い教科書のために
2  開かれた教科書検定制度を目指して



(1) 教科書検定の趣旨

教育の機会均等を実質的に保障し,全国的な教育水準の維持向上を図るため,学校教育法により,小,中,高等学校,中等教育学校及び盲,聾,養護学校においては,文部大臣の検定を経た教科書又は文部省が著作の名義を有する教科書を使用しなければならないことになっている。

教科書検定制度は,教科書の著作,編集を民間の発行者にゆだねることにより,著作者の創意工夫に期待するとともに,文部大臣が検定を行うことにより,客観的かつ公正であって,適切な教育的配慮がなされた教科書を確保することをねらいとしているものである。教科書の検定は,教科用図書検定基準に基づき,教科用図書検定調査審議会の審議を経て,公正かつ慎重に行われている。


(2) 新しい教育課程の実施に対応した教科書の改善について

平成14年度から新しい教育課程が順次実施されることに伴い,この教育課程の基準の改善を踏まえた質の高い教科書が作成されるとともに,より―層簡素かつ透明な検定制度を目指して,教科用図書検定調査審議会において検討が行われた。

平成10年11月の同審議会の建議を踏まえ,教科用図書検定規則等を改正し,検定意見の文書化や検定済教科書の訂正要件の緩和などを図るとともに,教育内容の厳選や自ら学び自ら考える力の育成の重視などの観点から教科用図書検定基準の改正を行った。

この新しい検定制度は,平成14年度から順次使用される新しい学習指導要領に基づいて編集される教科書の検定から適用される。


(3) 検定の公開

国民の教科書に対する関心にこたえ,教科書検定への理解を―層深めることは非常に重要である。このため,文部省では,平成3年度から,検定に申請された図書を検定審査終了後公開している。

平成10年度においては,全国8か所の公開会場で,申請された図書のほか,検定意見箇所の―覧,主な検定意見の趣旨及び不合格図書の理由書などの公開を行った。また,検定制度の意義や検定結果の概要等をまとめたパンフレットを広く配布したほか,文部省のホームページでも情報を提供している。なお,東京会場は本年度より公開期間終了後も引き続き常設展示を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ