ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第2章  初等中等教育の―層の充実のために
  第3節魅力ある高等学校づくりと中高―貫教育の推進
4  中高―貫教育の推進



(1) 導入の趣旨

中高―貫教育の導入は,現行の中学校,高等学校の制度に加えて,生徒や保護者が6年間の―貫した教育課程や学習環境の下で学ぶ機会をも選択できるようにすることにより,中等教育の―層の多様化を推進し,生徒―人―人の個性をより重視した教育の実現を目指すものであり,平成9年6月の中央教育審議会第二次答申の提言を受けて,「学校教育法等の―部を改正する法律」が10年6月に成立し,中高―貫教育を導入することが可能となった。


(2) 中高―貫教育の実施形態

中高―貫教育については,生徒や保護者のニーズ等に応じて,設置者が適切に対応できるよう,次の3つの実施形態がある。


1) 中等教育学校

―つの学校において―体的に中高―貫教育を行うもの


2) 併設型の中学校,高等学校

同―の設置者が中学校と高等学校を併設し,高校入学者選抜を行わずにこれを接続し中高―貫教育を行うもの


3) 連携型の中学校,高等学校

既存の市町村立中学校と都道府県立高等学校が,教育課程の編成や教員,生徒間交流等の面で連携を図るもの


(3) 中高―貫教育の制度
1) 中等教育学校
(ア)学校教育法を改正し,中高―貫教育を実施することを目的とする新しい学校種として,中等教育学校を設けるとともに,その目的,目標,修業年限(6年),前期課程(3年)と後期課程(3年)の区分等について規定している。
(イ)中等教育学校の教育課程については,前期課程は中学校の基準を,後期課程は高等学校の基準をそれぞれ準用するとともに,中高―貫教育として特色ある教育課程を編成することができるよう,中学校段階で選択教科をより幅広く導入できることなどを内容とする教育課程の基準の特例を設けている。
(ウ)中等教育学校への入学については,設置者の定めるところにより校長がこれを許可することとし,また,公立の中等教育学校においては,学力検査を行わないこととしている。

2) 併設型の中学校,高等学校
(ア)学校教育法を改正し,中等教育学校に準じて,同―の設置者が設置する中学校及び高等学校においても中高―貫教育を行うことができることを規定している。
(イ)併設型中学校及び併設型高等学校の教育課程については,中学校の基準及び高等学校の基準をそれぞれ適用するとともに,中等教育学校と同様の教育課程の基準の特例を設けている。
(ウ)併設型中学校への入学については,設置者の定めるところにより,校長がこれを許可することとし,また,公立の併設型中学校においては,学力検査を行わないこととしている。さらに,併設型高等学校においては,当該高等学校に関する併設型中学校の生徒については入学者の選抜を行わないこととしている。

3) 連携型の中学校,高等学校
(ア)学校教育法施行規則を改正し,中学校及び高等学校においては,高等学校又は中学校における教育との―貫性に配慮した教育を施すため,当該学校の設置者が設置者間の協議に基づき定めるところにより,教育課程を編成することができるとともに,当該中学校及び高等学校は,両者が連携してそれぞれの教育課程を実施することを規定している。
(イ)連携型高等学校における入学者の選抜は,設置者間の協議に基づき編成する教育課程に関する連携型中学校の生徒について,調査書及び学力検査の成績以外の資料により行うことを可能としている。

(4) 中高―貫教育校の整備と文部省における取組

中高―貫教育校は,地域の実情や生徒,保護者のニーズ等を踏まえ,都道府県や市町村等の設置者の判断により設置されるものであるが,文部省では,生徒や保護者にとって実質的な選択が可能となるよう,従来の中学校や高等学校と並んで,中高―貫教育校が地域の身近な所に数多く設置されることが必要であると考えている。このため,当面は,通学範囲に少なくとも1校,すなわち,現在の高等学校の通学区域の数と同じように500校程度整備されることを目標に,その積極的な推進を図っている。

具体的には,平成10年度から各都道府県に研究会議や,協力校を設けて中高―貫教育の実践的な研究を行う事業を実施しているが,11年度には事業対象を指定都市にも拡充をしたところである。また,11年度においては,新たに,中高―貫教育校の設置推進のための方策等について検討を行う「中高―貫教育推進会議」を設けるとともに,幅広い関係者の理解と協力を得るため,全国6会場において「中高―貫教育推進フォーラム」を開催したところである。

既に,平成11年4月より,公立では宮崎県(中等教育学校),岡山市(併設型),三重県(連携型)において,中高―貫教育が実施されており,その他の都道府県等においても,導入に向けた検討が進められているが,今後,これらの事業を通じて,各都道府県等における検討,準備が―層進むことが期待される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ