ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第2章  初等中等教育の―層の充実のために
第1節  自ら学び自ら者える教育を鹸横しで
7  国旗,国歌の指導について


平成11年8月に国旗及び国歌に関する法律(平成11年法律第127号)が公布され,即日施行された。この法律は,長年の慣行により,国民の間に国旗及び国歌として定着していた「日章旗」及び「君が代」について,成文法でその根拠を定めたものである。

学校における国旗及び国歌の指導については,児童生徒に我が国の国旗と国歌の意義を理解させ,これを尊重する態度を育てるとともに,諸外国の国旗と国歌も同様に尊重する態度を育てるために,学習指導要領に基づいて行われているところであり,この法律の施行に伴って,このような学校におけるこれまでの国旗及び国歌に関する指導の取扱いを変えるものではない。

学校における国旗及び国歌の指導については,これまでも適切な指導が行われるようお願いしてきたところであるが,この法律の制定を機に,国旗及び国歌に対する正しい理解が―層促進されるよう各都道府県知事,各都道府県教育委員会教育長等に対して通知した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ