ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第2章  初等中等教育の―層の充実のために
第1節  自ら学び自ら者える教育を鹸横しで
6  学校図書館の充実



(1) 学校図書館の重要性

読書活動は,児童生徒の知的活動を増進し,豊かな人間形成や情操を養う上で大きな役割を担うものである。こうした点で,学校図書館は,日々の生活の中で子どもたちが読書を楽しむ心のオアシスとして,読書センターの役割を持つものであると晴時に,必要な情報を収集,選択,活用できる学習情報センターとしての機能や,地域の人々が積極的に活躍する場としての役割を果たしていくことが重要である。

新学習指導要領においても,読書意欲を高めることや学校図書館の機能の活用に努めることなどが明示されている。


(2) 司書教諭の計画的養成,発令の促進

平成9年6月,「学校図書館法の―部を改正する法律」が成立し,公布,施行されたことにより,15年4月からは12学級以上の規模の学校に司書教諭を置くことが義務付けられるとともに,その養成を促進するため,大学以外の教育機関にも司書教諭講習を委嘱できることになった(平成11年度:72機関77会場)。

また,平成10年3月,司書教諭講習規程を―部改正し,大学に2年以上在学し62単位以上を修得した者についても司書教諭講習を受講できることとしたほか,講習科目を,1)教育課程の展開への寄与,2)読書教育の充実,3)情報化への対応の観点から見直し,11年度から5科目10単位の新科目とした。

(旧科目) (新科目)


(3) 学校図書館の充実施策
1) 図書等購入経費として地方財政措置(平成11年度:100億円)
2) 読書指導研究指定校事業の実施
3) 学校図書館情報化,活性化推進モデル地域の指定
4) 学校図書館ボランティア活用実践研究指定校事業(新規)地域の人々や保護者を学校図書館ボランティアとして受け入れ,地域との連携によるイベント,読み聞かせを行い,司書教諭の業務などに活用することによって学校図書館の充実方策について,実践的に研究を行う (11年度:12校, 8,743千円)。
5) 学校図書館活用指導者養成講座
6) 学校図書館活用フォーラム(11年度:埼玉県,大阪府,愛媛県)

前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ