ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第2章  初等中等教育の―層の充実のために
第1節  自ら学び自ら者える教育を鹸横しで
2  学校週5日制の推進



(1) 学校週5日制の導入の趣旨

学校週5日制の趣旨は,学校,家庭,地域社会が―体となってそれぞれの教育機能を発揮する中で,子どもたちが自然体験や社会体験などを行う場や機会を増やし,豊かな心やたくましさを育てようとするものである。学校週5日制は,このような考え方に立って,平成4年9月から月1回,7年4月からは月2回実施されている。


(2) 完全学校週5日制の実施

完全学校週5日制の実施時期については,ゆとりある学校生活の実現,心豊かな人間の育成,生きる力の洒養等を図る観点から,当初の予定を1年早めて平成14年度からすべての学校段階で―斉に実施することとした。

完全学校週5日制の実現のためには,教育内容の厳選などが必要であり,教育課程審議会の答申を踏まえ,学習指導要領を改訂するなど,所要の制度改正を行った。


(3) 学校、家庭、地域社会における取組の充実

学校週5日制の趣旨の実現のためには,特に次のような点に配慮して取組を進めることが大切である。


1) 教育課程や学校運営の―層の工夫改善

各学校においては,これまでの学校週5日制の実施の経験を踏まえて,授業時数の運用,指導内容,指導方法などの全体にわたる工夫改善を―層進めることが重要である。

その際,各学校の実情や地域の実態を踏まえつつ,各教科等の教材の精選,学校行事やゆとりの時間の活動の精選,短縮授業の見直しなどを総合的に行うよう努めることが大切である。

また,教育課程にとどまらず,学校開放の―層の推進や学校全体の業務の具体的な見直しなど学校運営全体にわたる工夫改善も大切である。


2) 家庭や地域社会における対応の充実

家庭や地域社会においては,異年齢や同年齢の子ども同士の遊びや多様な地域活動,自然との触れ合い,青少年団体の活動への参加,ボランティア活動などの様々な活動や体験の場や機会の充実を図ることが必要である。

このため,文部省において「全国子どもプラン(緊急3ケ年戦略)」を策定し,平成13年度までに地域で子どもを育てる環境を整備し,親と子どもたちの様々な活動を振興するため,緊急かつ計画的に施策を推進している( 第5章第3節参照)。

なお,休業日となる土曜田こおいて,保護者が家庭にいない子どもたちや盲,聾,養護学校の子どもたちなどに対して,学校などにおいて必要に応じ,遊び,スポーツ,文化活動などを実施するための経費が地方交付税において措置されている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ