ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2編   文教施策の動向と展開 第2編 文教施設
第1章  生涯学習社会の実現に向けて
第2節  学習機会の充実
1  放送大学の整備・充実


人々の高度で体系的・専門的な学習ニーズにこたえていく上で高等教育機関の役割は大きいが,中でも放送大学は,時間的・空間的制約なしにだれでも学ぶことのできる大学として,生涯学習の時代に大きな役割を果たしている。

放送大学は,テレビ・ラジオ等の放送メディアを効果的に活用して広く大学教育の機会を提供する新しいタイプの大学として,昭和60年4月から学生の受入れを行い,平成11年3月までに約1万3,000人の卒業生を送り出し,11年度第1学期においては,18歳から90歳代までの約7万3,000人が学んでいる。

放送大学には,国民の高度化・多様化する学習ニ―ズにこたえるために,教養学部が設置され,豊かな教養を培うとともに,実生活に即した専門的学習を深められるよう,約320の授業科目を開設し,既存の学問分野にとらわれない形で,「生活科学」,「産業・社会」,「人文・自然」の3コースが設けられている。

放送大学の放送授業は,当初は授業の視聴エリアが関東地域の一部に限定されていたが,教育の機会均等の一層の確保を図る観点から,平成10年1月から衛星放送を利用し放送エリアを全国に拡大した。これにより,山間部や離島を含め日本全国津々浦々の自宅等で大学の授業を受けることができるようになり,ようやく国民に身近な高等教育機関となった。

また,全国放送の開始に伴い,全都道府県に「学習センター」【用語解説】を設置し,平成10-用語解説‐〈学習センター〉卒業するために必須の面接授業,単位認定試験の実施,学習相談,学習用の図書・雑誌の閲覧及び貸出しや,ビデオテープ等による放送授業番組の再視聴など,学生生活の拠点となる放送大学の施設。

平成2年度から計画的に整備を行っており,10年度までに全都道府県に設置されている。

年10月より全国で卒業を目的とする学生の受入れを開始した。さらに,11年度には,「サテライトスペース」【用語解説】を旭川市,北九州市に設置することとしており,国民が学びやすい環境の整備など,一層の学習支援体制の充実を図ることとしている。

自宅で放送大学の授業を視聴する学生

図2-1-2  放送大学の教育システム


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ