ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1編   進む『教育改革』 はじめに
第2部  教育改革Q&A〜教育改革に関する様々な疑問にお答えします〜

(コラム)2002年の小学5年生の1週間…………………………………………52【生涯学習社会の実現に向けて】Q1  生涯学習というのは「いつでも,どこでも,だれでも」できる学習だそうですが,どうしても大人向けの学習というイメージがあります。子どもたちを含めてどのよな学習を生涯学習と呼ぶのでしようか?………………………………………56Q2  国立大学は,もっと地域の人たちなどに開かれたものであるべきではないでしょうか?………………………………………………………………………………58(コラム)「大臣としゃべつたよ!〜子ども霞が関見学デ-〜……………60Q3  大学を卒業して,社会人になって10年になりますが,自分の技術を高めるために,もう一度大学や大学院で学びたいと思っているのですが,何か特別な制度はあるのでしょうか?…………………………………………………………………64Q4  自宅で勉強しながら単位を取ることができる「放送大学」という大学があると聞いたのですが,どのような大学なのでしょうか?………………………………68【子どもたちの心を豊かにしょう】Q5  平成14年度から完全学校週5日制が実施されるそうですが,私の子どもは第2,4土曜日が休みである今でさえも何をしたらいいのか迷っています。文部省として何か特別な取組を考えているのでしょうか?……………………………………70Q6  週末に子どもに自然体験や生活体験をさせようと思いますが,どこで何をしているかどうすれば分かるのでしようか?……………………………………72(コラム)地域の商店街で子どもたちがお手伝い〜子どもインターンシツプ〜……74Q7  子どもをどのように育てていいのか分からなくなってしまうことがあるのですが,親とは離れて住んでいるし,近所にも相談できる人はいません。私のような親に対するサポートは何かあるのでしようか?………………………………………………76Q8  これから,お年寄りの割合がどんどん増えてくる―方で,お年寄りとあまり接していない子どもたちが多くなっていると思います。このことからも,お年寄りと子どもたちが触れ合う機会をもつと増やしていく必要があるのではないてしようか?…78(コラム)金八先生も教育改革・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 80Q9  私の子どもは,学校でいじめを受けています。担任の先生に相談をするのが一番いいことだとは思うのですが,先生にはなかなか相談できません。どうすればいいか迷っているのですが,何かいい方法はあるのでしようか?  ・・・・・ 82[コラム)いわゆる「学校崩壞」について・・・・・・・・・・・・・・・・・ 84Q10  私の家の近所では,みんな子どもを有名中学校に入れるために,夜遅くまで進学塾に通わせています。私の子どもも進学塾に通わせるかどうか迷っているのですが,どうしたらいいのでしようが?・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 86(コラム)江戸時代の学校?「寺子屋」  ・・・・・・・・・・・・・・・ 88(コラム)野菜作つて,動物飼つて,自炊しながら「通学合宿」【福岡県】・ 89Q11  最近,薬物を遊び感覚で使用する子どもが増えていると聞きます。子どもを持つ親としてもとても心配なのですが,この問題に対し文部省はどのような取組を行っているのでしようか?  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 92【生きるカの育成とゆとりある学校生活の実現を目指して】Q12  完全学校週5日制に向けて学習指導要領が改訂され,教育内容が大きく変わったと聞きましたが,今回の改訂のねらいと具体的内容はどのようなものなのでしようか?  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 96Q13  今回の学習指導要領改訂の特色の一つとして,「総合的な学習の時間」が新設されたそうですが,抽象的でどのような時間なのか分かりません。具体的にどのような授業が行われるのでしようか?  ・・・・・・・・・・・・・・・・ 98[コラム)子どもたちが語る「生活科」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・100Q14  小・中学校では,教育内容の厳選により,教える内容が3割も削減されるそうですが,この結果,子どもたちの学力が低下するなどの心配はないのでしようか?  ・・・・・・102Q15  高等学校の段階では,生徒一人一人がそれそれの能力を十分伸ばすことが必要だと思いますが,今回の学習指導要領の改訂で高等学校の教冑内容はどのようになるのでしようか?  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104(コラム)「せんせ あそぼ」  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・107Q16  子どもたちが実際にお店などで社会体験をすることは非常にためになることだと思います。学校教育の一環として,教室を離れて地域社会などでの体験学習を取り入れた授業は行われていないのでしようか?  ・・・・・・・・・・・・・108(コラム)地域に学ぶ中学生体験活動週間〜トライやる・ウィ-〜【兵庫県】・・110Q17  病気や不登校などが原因で義務教育を受けられなかった場合,高校を受験することはできないのでしょうが?  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・114(コラム)明治時代の小学校 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・115【子どもが伸びる教え方を見つけよう】Q18  1年生の時は,子どもの数が81人だったのですが,2年生に進級した際に1人が転出してしまい、80人になってしまいました。そのため、学級数が3クラスから2クラスになるとのことです。たった1人の子どもが減っただけで、学級数も減ることになるのでしようか?  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・116Q19  中学校の社会の授業で社会福祉の勉強をして興味を持ったので,実際に社会福祉施設に行ってそこで働いている人の話を聞き,非常にためになり,ますます興味を持ちました。学校の授業の中でも,このように実際に働いている人に教えてもらうようなことがあってもいいのではないでしょうか? ・・・・・・・・・・118Q20  失業者などの雇用を確保するために,英語やコンピュータの先生として活用するという話を聞きましたが、どのようになっているのでしょうか? ・・・・120【先生も変わらなきゃ】Q21  教育内容をいくら良くしても,結局は実際に子どもたちと直接接している先生がどのように教えるかにかがってくると思います。魅力ある先生を養成,採用するためにどのような取組が行われているのでしょうか?・・・・・・・・・・・122Q22  若い先生はもちろん、ベテランの先生も、もっと子どもを引き付ける授業ができるように基本を見直したり,新しいことを学んだりした方がよいと思うのですが,どのような研修が行われているのでしょうが? ・・・・・・・・・・・・124Q23  学校の中の常識は世間一般の常識からはかけ離れているなどとよく言われます。

先生方も目を外に向け,学校外で様々な経験を積むために、どのような取組が行われているのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・126【学校を選べる時代がやってきた】Q24  中高一貫教育制度ができたと聞きましたが,中高一貫教育校とはどのような学校なのでしようか?また、私の家のそばにはまだありませんが、今後どのくらいできるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・128Q25  僕は中学生です。自分で時間割を作っていろんな勉強ができる「総合学科」や「単位制」の高校があると聞いたのですが,どのような特色があるのでしょうか?・・・・・・・・・・・・・・130026  公立の小・中学校については,入る学校が指定されるのですが,どうしても指定された学校に行かなければならないのでしょうか? ・・・・・・・・・・・132【学校は子どもと先生だけのものじゃない】Q27  私の家の近所には公民館と一緒になって建っている小学校があります。このような学校が他にもあるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・134Q28  学校が休みになる土日の校舎を使って,子どもたちや地域の人たち,学校の先生も自由に参加できるような学校をつくろうと思っているのですが,無理でしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・136(コラム)PTAで学校をつくってみよう!  ・・・・・・・・・・・・・・・137【教育こそ地方の時代】Q29  地方分権の時代と言われますが,教育行政の分野では,今と比べて何がどのように変わるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・138(地域の特色ある教育を紹介します1)〜食の王国"うまいもんどころ いばらき゛の農業教育〜地域との交流・地域での人材育成「さわやか農業教育推進事業」【茨城県】・140(地域の特色ある教育を紹介します2)〜テーマは環境・教科書は琵琶湖・そして船上で新しい出会いや友情を〜湖上に浮かぶ学校「びわ湖フローティングスクール」【滋賀県】・・・・・・・142Q30 学校は閉鎖的だとよく言われますが,そうした批判をなくすためにも,保護者や地域住民の意見を聞いたり,その意見を学校運営に反映していくことが必要ではないでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・144Q31  創意工夫を凝らした主体的な学校づくりを進めるためには,校長がリーダーシップを発揮する必要があると思いますが、どのような取組を進めているのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・146【世界に通用する大学へ】Q32  日本の学生は,[大学に入学しても、アルバイトばかりしたり,遊んでばかりいて,まじめに勉強しない]と言われていますが,このようなことに対して各大学ではどのように取り組んでいるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・148(コラム)学力低下は本当に起きているの? ・・・・・・・・・・・・・・・・150Q33  最近,ベンチャービジネスという言葉が新聞によくでていますが,こうした新しいビジネスを起こすような人材を育成するために,大学では何か取組を行っているのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・152034  3年で大学を卒業できることになったと聞いたのですが,どのような場台に3年で卒業できるのでしようか?また、多くの学生が3年での卒業の対象となるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・154Q35  私は今、大学で学んでいるのですが,他の大学の授業も受けてみたいと思っています。他の大学で受けた授業についても単位として認めてもらえるのでしようか?また、専門学校での授業はどうでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・156Q36  私は大学院まで行って将来は研究者になりたいと思っているのですが,我が家の財政事情ではとても大学院まで行けるような状況ではありません。奨学金の制度はどのようになっているのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・158Q37  国立大学が独立行政法人になると聞いたのですが、独立行政法人になると国立大学はどのような大学になるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・160【大学に行くル-トはひとつじゃない】Q38  高校2年を終えた段階で大学に入学できるようになったそうですが,本当なのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・162Q39  高校ではいろいろな事情があり中退しτしまったのですが,小さいころから興味のあった歴史について大学で勉強したいと考えています。高校を卒業していなくても大学を受ける方法はあるのでしようが? ・・・・・・・・・・・・・・・164Q40  専修学校の中には2卒業後、大学への入学資格が得られたり、大学へ編入学できたりする学校もあると聞いたのですが、本当なのでしようか? ・・・・・・・166Q41  大学を卒業していなくても大学院に入ることができるようになったと聞いたのですが、どのような人がこれから大学院に行けるようになるのでしようか? ・・168【大学入試はどうなるの?】Q42  近年,大学入試においても受験生の能力・適性を丁寧に見るための取組が行われでいると聞きますが,各大学の取組はどのようになっているのでしようか? ・170Q43  大学入試センター試験は,どのような目的で実施されているのでしようか? ・172【博物館や公民館に行ってみよう】Q44  この間子どもを連れて行った博物館には,いろいろな展示物があることはあるのですが、それを見てそこに書いてある説明を読むだけては,子どもにとってはおもしろくないようでした。何か子どもが興味を持つような工夫をしている博物館はないのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・174Q45  公民館は全国に1万7,000以上もあると聞きましたが、この施設は,地域においてどのような役割を果たしているのでしようか? ・・・・・・・・・・・・176【学術研究は将来への投資】Q46  将来の優秀な研究者を育成するためには、子どもたちが大学等で行われている最先端の研究に身近に触れることのできるような機会を用意することも大切と考えよす。何かそのような取組をしているところはあるのでしようか? ・・・・・・178Q47  大学と企業が連携・協力していくことは,お互いにとってプラスになることだと思います。産学連携の推進のために、どのような取組が行われているのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・180【目指せスボ-ツ大国】Q48  ワールドカップサッカー大会に日本は初出場を果たし、我々に大きな感動を与えてくれました。2002年には,日本と韓国との共同開催となっており、日本の一層の活躍が期待されますが,2002年大会の準備はどのように進められているのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・182Q49  中学生になったら好きなスポーツに打ち込みたいと思っているのですが,私が入る中学校にはやりたい運動部がありません。もっと身近にスポーツができるようにならないのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・184【我が国の文化を守り育てよう】Q50  美術品などの日本の文化財は世界に誇れるものだと思います。もっと外国に紹介し,文化財について興味を持ってもらうべきだと思うのですが,何かそのための取組を行っているのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・188Q51  最近よく「世界遺産」という言葉をHにしますが,これはどのようなものなのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・190Q52  以M,テレビでミュージカルを観てとても感動しました。私たちもミュージカルに参加してみたいのですが,身近に劇団がありません。何がいい機会はないでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・192【国際化の時代を生きる】Q53  中学校から高校にかけて6年間、学校で週に何時間も英語を勉強してきたはずなのですが,いまだに英語を習得しているとは言い難い状況です。私の努力が足りなかったのかもしれませんが、英語の授業をもっとコミュニケーションを重視したちのにするべきではないでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・194Q54  国際化時代において、語学力が必要なのはよく分かりますが,日本や世界の歴史を知ること、日本人としての自覚と誇りを持つことなど,語学力と同様に大切なものがいくつかあると思います。このことについてどのように考えているのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・196(コラム)パリにある国際機関で働くKさんの1日 ・・・・・・・・・・・・・198Q55  昭和58年に策定された「留学生受入れ10万人計画」は,21世紀初頭に達成できるのでしようか?また、そのために、どのような取組が行われているのでしようか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200(コラム)台湾大地震〜はばたけ,台中日本人学校〜 ・・・・・・・・・202Q56  最近、地域で外国人を多く見かけるようになっていますが、外国人の人たちはとのようにして日本語を学習しているのでしようか? ・・・・・・・・・204【情報化時代を先取りしよう】Q57  これからの時代はパソコンを使う必要がますます高まってくると思われますが,高等学校で新設される教科「情報」では,どのような授業が行われるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・206Q58  インターネットからはいろいろな情報を引き出すことができて非常に便利ですが、その―方で情報が無制限に流されるとか,プライバシーの問題などもあります。

学校におけるインターネットの利用はどのようになっているのでしようか? ・208Q59  文部省が平成11年7月から放送等を開始している「エル・ネット」とは一体どのようなものなのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・210【男女共同参画社会の実現に向けて】Q60  この間、男女共同参画社会基本法が成立したと聞きましたが、「男女共同参画社会」とは一体どのような社会なのでしようか?また、教育とはどのようなかかわりがあるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・212Q61  幼稚園でも、その地域の共働きの家庭や幼児を持つ家庭への支援など,その機能を多様化できないでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・214Q62  近年,少子化が進行しているという話題をよく耳にします。子どもを産み育てたいと考えていながら,負担の重さが大きく意識されて,結婚や高育をためらう場合があるように思われますが,文部省としては、どのような対策を行っているのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・216【文部省+科学技術庁=文部科学省+α】Q63  2001年1月に中央省庁が再編されるそうですが、文部省はどのようになるのでしようか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・218(コラム)みなさんも文部省に来てみませんか!〜文部省見学〜 ・・・・220

2002年の小学5年生の1週間

〜  ある小学5年生の日記をのぞいてみました 〜○月○日(月)今日は学校にとなりのおじさんがやってきた。

わたしも知らなかったけど,おじさんは,この町の歴史や文化のことを研究しているそうだ。3時間目の社会の時間に先生といっしょにいきなり教室にやってきて,昔の町の風景などの写真を見せてくれながら,[天神祭りがなぜ始まったのが]とか「となり町の城がなぜあの場所につくられたのが」などの話をしてくれた。

特にお城の話は本当におもしろくって,後ろで聞いていた先生もおじさんにいっぱい質問をしていた。

あとで先生が,来週は理科の時間に,会社で植物の研究をしている人が話にきてくれると言っていた。今から聞きたいことをいっぱい考えておいて,今度こそは先生に負けないように質問しなければ・・・(特別非常勤講師制度:Q19をご覧ください)


○月Δ日(火)今日は算数の時間にはじめて分数のたし算とひき算を習った。

お兄ちゃんの頃に比べると進むスピードがおそくなったとお母さんは心配しているけど,そのかわりに,ゆっくり,わかりやすく,教えてくれるので,算数の苦手なわたしにとっては,このくらいがちょうどいい。

先生が出した問題ができた人から算数のパズルをやることができたんだけど,わたしは時間ぎりぎりでやっとわかったので,パズルがあまりできなかった。

だから,家に帰って,ケーキを食べながらパズルをした。

ふと,このケーキは丸いケーキの何分の1なのかなあ?と考えた・・・(教育内容の厳選:Q14をご覧ください)


○月口日(水)会日はお昼休みにおじいちゃんやおばあちゃんたちといっしょに給食を食べながら,いろいろな話をした。

うちの学校は,老人ホームといっしょにつくられているので,毎週1回交流会があるのだ。

わたしはこの時間をとっても楽しみにしている。おじいちゃんやおばあちゃんから,子どもの頃の話を聞けたり,昔の遊びをいっしょにできたりするからだ。

今日は,逆に,わたしが,おじいちゃんたちに,今学校で習っていることやはやっている遊びのことを教えてあげた。

家に帰ってお父さんに話してみると,お父さんの小学生のころには老人ホームといっしょの学校なんて1つもなかったそうだ。それどころか,学校の周りにはフェンスがあって,学校のなかには先生と子どもしかいなかったそうだ。

おじいちゃん,おばあちゃんと遊べる方が楽しいのにね。

(学校施設の複合化:Q8,Q27をご覧ください)


○月×日(木)今日はわたしが一番楽しみにしている「総合学習」の授業があった。

自分で好きなことを1つ決めて,同じようなことを好きな友だちとグループで勉強するのだ。わたしたちはカブトムシやクワガタが好きなので,みんなで昆虫の一生について調べている。

今日は図書室でクワガタの一生を調べた。なかなか本が見つからなかったので図書室の先生にも手伝ってもらった。そしたら,本だけじゃなくてビデオも見つかった。みんなでビデオも見て,今日一日でだいぶくわしく調べられた。

来月の発表会まてあと少しなので,最後に,博物館にも行ってみたいと思っている。

そういえば,先生が「県立博物館では,本物の昆虫がたくさんいて,さわったりして観察できるぞ」と言っていた。

今度はみんなでそこに行って調べでみようかな。

(総合的な学習の時間:Q13,親しむ博物館づくり事業:Q44をご覧ください)


○月▽日(金)今日はスポーツクラブの日だ。

学校が終わってからお兄ちゃんと近くのスポーツセンターに行った。

わたしは,サツカーをしている。昔,全国大会にも出たことがあるというきつさ店のおじさんが教えてくれている。ちょっと太りぎみのお兄ちゃんはダイエットのために水泳をしている。

夜には,うちのお父さんも「今日はとなり町のチームとバレーボールの試合だから」と言って,はりきって出かけていった。

学校の友だちとだけじゃなくて,町のいろいろな人たちといっしょに運動できるし,サッカーだけじゃなくていろいろなスポーツをできるから,とっても楽しい。

中学校に行っても,ずっと続けていきたいと思っている。

(総合型地域スポ-ツクラプ:Q49―覧ください)


○月☆日(土)今日は家族みんなでハイキングに行った。前にお母さんが郵便局でもらってきた子どもセンターがつくっているお知らせで見つけた場所だ。

山に登って,川で魚つりをしたり,カヌーに乗ったりした。

緑がいっぱいでとても気持ちよかった。こんな体験ができる場所は他にもいっぱいあるそうだ。毎週でも行ってみたいなあ。

今年から毎週土曜日が休みになってよかったな。だって,学校も楽しいけれど,今日みたいに家族みんなでどこかへてかけたり,町のいろいろな行事に参加できたり,1日中友だちと遊んだりすることができるからね。

(全国子どもプラン:Q5,Q6をご覧ください)


○月◇日(日)わたしは将来,宇宙飛行士になりたい。

だから,今から,宇宙のことや科学のことを勉強している。

今日は,うちのそばの公民館で,削からとても楽しみにしていたロケットを作って打ち上げる教室があったので,友だちと参加した。

ロケットを作るのはたいへんだったけど,自分の作ったロケットが空高く打ち上がったときには,すごくびっくりしたし,うれしかった。

教えてくれた大学の先生にいろいろなことを聞いて,ますます宇宙に行ってみたくなったし,もつともつと勉強しなくてはいけないことがよくわかった。

夏休みには,もっといろいろな物を作ったりする教室もあるそうだから,絶対に参加するぞ!ちなみに,別の教室に参加したお兄ちゃんは,空きカンを使つて楽器を作ったそうで,家に持って帰って,演そうしながらみんなに自まんしていた。

わたしの作ったロケットの方がすごいんだけどなあ・・・(全国子どもプラン:Q5,Q6,ふれあいサイエンスプログラム:Q46をご覧ください)〜文部省からひとこと〜この日記を読まれて,みなさんはどう思われましたか?一人一人が,それぞれの将来を夢見ながら,いきいきとした瞳で,元気いっぱい走り回り,いろいろなことに興味・関心を持って果敢にチャレンジしていく・・・きっとそんな子どもたちの姿を想像されたのではないでしようか。

そんな21世紀を目指して,みなさんと一緒に「教育改革」に取り組んでいきたいと考えています。

Q1  生涯学習というのは「いつでも、どこでも、だれでも」できる学習だそうですが、どうしても大人向けの学習というイメージがあります。子どもたちを含めてどのような学習を生涯学習と呼ぶのでしようか?A生涯学習は決して大人向けだけの学習というわけではありません。

夢を持ったたくましい子どもを育てていくためには,学校で生活するだけでなく,家庭や地域社会をはじめ,学校外で様々な体験活動を行うことも重要です。

例えば,子どもたちが,川で遊んだり,山に登ったりと自然の中でいろいろな遊びをすることを通じて学ぶことも立派な生涯学習です。なぜなら,子どもたちは自分で様々な工夫を凝らしながら遊ぶことによって創造性を養い,自然の中でその厳しさや優しさ,美しさを知り,動植物に対する愛情をはぐくむことができるからです。

また,家庭でお手伝いをすることによって,責任感や自立心を養ったり,博物館や美術館などで様々なものに興味を持ち,見たり触ったりして学ぶことなども生涯学習です。

このように子どもたちの身近なところにも生涯学習の機会はたくさんあります。

今,私たちの身の回りには,子どもや大人を問わず,学校や会社だけでなく,地域社会などのいろいろな場所で,興味や関心のあることを学んだり,様々な文化活動やスポーツ・レクリエーション活動,ボランティア活動に参加できる機会がたくさんあります。仕事や自己啓発あるいは趣味や生きがいのため,学校や会社以外の場所で経済学を勉強したり,音楽に興味を持ってピアノを習ったり,旅行に行って異文化に触れてみたりと,いろいろな理由から,やりたいと思ったことや学びたいと思ったことを自分に合った方法で学習すること・・・それも生涯学習です。

もちろん,大人が自らのキャリア・アップのために学ぶことも大事な生涯学習の一つです。なぜなら,急速な技術革新によって今や絶えず新たな知識。技術を習得する必要に迫られており,学校教育修了後も学習を続けなければ変化に追い付けなくなっているからです。また,高齢者が様々な学習活動を通じて社会参加を行うことなども,社会にとって有意義な生涯学習活動であると言えるでしよう。

このように生涯学習にはこうでなくてはならないというものはなく,子どもから大人まですべての人々が生涯を通じていつでも自由に機会を選んで学習することが生涯学習なのです。

川の怖さと楽しさを知ったラフテイング わらじ作りを真剣に学ぶ子ども

文部省では,多様な学習の機会と場を整備し,学習の機会や学習の成果を活用できる場に関する情報を提供することにより,人々が,生涯のいつでも,自由に学習機会を選択して学ぶことができ,その成果が適切に評価されるような社会である「生涯学習社会」の実現に向けて,様々な取組を進めていきたいと考えています。

Q2 国立大学は,もっと地域の人たちなどに開かれたものであるべきではないでしょうか?国立大学が地域の人たちなどに開かれたものになるよう様々な取組を行っています。

国立大学は社会経済の発展を支える人材育成と学術研究を行うという大きな役割を担っています。また,地域の人たちの学習機会の充実など,生涯学習社会の中で重要な役割を果たすことが期待されています。国立大学のこのような重要性にかんがみ,学生から徴収する授業料等のほか国費の投入により運営されています。

しかしながら,国立大学は閉ざされているというイメージが根強く残っており,真に「地域に開かれた大学」となるためには,今以上に,国立大学が行っている教育研究の内容を国民の方々に理解していただくこと,国立大学の機能や施設設備を地域の人たちに開放することが必要とされています。

このため多くの大学では,次のような取組を行っています。

大学公開講座国立大学等が持っている専門的,総合的な教育・研究機能を社会に開放することにより,生活上,職業上の知識,技術及び一般的教養を身に付けるための学習の機会を広く社会人等に対して提供するものであり,地域における生涯学習の機会の一つとして極めて有意義なものです。

これは, 一つの情報公開でもあり, 「この大学では,このような研究を行い,こういう教育を学生に行っています。 」という情報を公開する場にもなっています。

【講座例】● 情報公開を考える(北海道大学)● 社会人のためのホームページ作成(静岡大学)● 機械工学の先端を探る(東京大学)● 環境汚染物質と生活〜ダイオキシンを中心に〜(滋賀大学)● 霊長類の進化(京都大学)● 市民健康講座(愛媛大学)● これからの農業と環境問題(九州大学)● 2000年問題緊急対策講座(鹿児島大学)大学等地域開放特別事業(大学子ども開放プラン)平成11年度からは, 「全国子どもプラン(緊急3ケ年戦略)」の1環として学校の休業日となる土曜日等に大学等の高等教育機関が持つ教育機能や施設を広く子どもたちや地域社会に開放しています。最先端の設備による超伝導実験の見学や天文学習,附属農場や演習林での農業体験活動,実習船による体験航海など,日常では体験することのできない事柄に直接触れたり,見たりできる多彩な活動の機会の提供に取り組んでいます。

園芸体験教室(宇都宮大学農学部附属農場)f

そのほか,多くの国立大学においては,地域の人たちが日常生活の中でスポーツ活動に親しむことができるように,体育施設の開放についても積極的に取り組んでいます。

「大臣としゃべったよ!」〜子ども霞が関見学デー夏休み中の子どもたちに,広く社会を知る体験をしてもらおうと,平成11年8月25日,文部省の呼びかけで,20省庁がそれそれの工夫を凝らして企画した「子ども霞が関見学デー」が実施されました。

いつもは,スーツを着た大人ばかりの静かな霞が関かいわいが,多くの子どもたちの元気いっぱいの笑顔と声であふれました。

文部省には,職員の子どもたち130人を念む約800人の子どもたちや保護者のみなさんが訪れ,文部省の仕事について説明を聞いたり,いつもは見られないお父さんやお母さんが働く姿を見て回ったりして,子どもたちに仕事に対する理解を深めてもらうよい機会となりました。

また,この他有馬大臣(当時)の科学実験教室やロボット操作など,様々な体験学習も行われ,子どもたちにとっては,楽しい1日となったようです。


〜小学3年生・高木たけしさんは夏休みの自由研究に取り上げてくれました〜




Q3  大学を卒業して、社会人になって10年になりますが,自分の技術を高めるために,もう一度大学や大学院で学びたいと思っているのですが、何か特別な制度はあるのでしようか?A 大学や大学院において生涯にわたり高度の知識・技術を修得したいという社会人のニーズにこたえるために,次のような制度や取組を実施しています。

社会人特別選抜制度社会人を対象として,面接等を重視した特別の入学者選抜を実施しています。

夜間学部・大学院及び昼夜開講制の実施専ら夜間に授業を行ったり,学生の都合に合わせて昼間・夜間の両方の授業を行ったり,通学の便の良い場所にサテライト教室を設けるなど,社会人であっても授業を受けやすい体制を整備しています。

科目等履修生の受入れ大学に入学せずに,好きな時に好きな授業を受けることができたり,特定の授業科目やコースを履修して単位を取得することができます。

公開講座の拡充大学等が持っている専門的,総合的な教育・研究機能を活用し,社会人等に職業上の知識,技術を身に付けてもらうための学習の機会として,公開講座の拡充を図っています。

通信制大学院の設置生涯学習ニーズの高まる中,大学院レベルの学習を希望しながらも,地理的・時間的制約等から,通学に困難を伴う社会人の学習ニーズにこたえるため,平成10年度から大学院においても通信教育を行う修士課程を置くことができるようになりました。

これに従い,平成11年度には4大学6研究科が開設されています。

●聖徳大学・児童学研究科 ●日本大学・総合社会情報研究科●明星大学・人文学研究科●佛教大学・文学研究科,教育学研究科,社会学研究科放送大学の全国化等放送大学は,テレビとラジオを通じて,全国津々浦々でお茶の間でも学ぶことのできる正規の大学です。これまで,授業の視聴エリアが関東地域の一部に限定されていましたが,平成10年1月から衛星放送を利用し視聴エリアを全国に拡大するとともに,全都道府県に学習センターを設置しました。

これにより,平成10年10月からは,全国で卒業を目指す学生も受入れを行っています。 (Q4をご参照ください。 )その他図書館などの施設を地域の人たちに開放する大学も数多く見られます。

また,労働大臣が指定する一定の教育訓練を自ら費用を負担して受講した場合に,それに要した費用の一部を支給する制度の対象に

1)大学院等の高等教育機関で行われるコース登録制
2)夜間大学院
3)昼夜開講制大学院のうち専ら夜間において教育を行うもの
4)通信制大学院

を平成11年6月に追加したところです。

社会人などが大学・大学院で学ぶ際に,このような制度を活用することができます。

このような社会人の大学への受入れについては,実務経験を踏まえた明確な目的意識を持って学ぶという点で通常の学生に刺激を与え,大学の教育研究活動を活性化することが期待されており,今後各大学の積極的な取組が期待されます。

【社会人特別選抜の実施状況】

【夜間大学院の実施状況】

【昼夜開講制の実施状況】

【科目等履修生制度の実施状況】

Q4  自宅で勉強しながら単位を取ることができる「放送大学」という大学があると聞いたのですが、どのような大学なのでしようか?A放送大学は、テレビとラジオで授業を行う正規の大学です。

現在,幅広い分野で7万3、000人もの学生が学んでおり,1万3,000人を起える卒業生を送り出しています。

無試験で入学できます18歳以上であれば学歴を問わずだれでも入学できます。高等学校の新卒者はもちろん,職業をお持ちの方や主婦の方などだれでも学べる大学です。入学者は書類選考によって決定し,入学試験は行いません。入学時に義務教育を終了していれば,だれでも選科,科目履修生として入学ができ,また,大学入学資格を備えていない方でも,放送大学で選科履修生,科目履修生として基幹的な16単位以上を修得すれば,全科履修生として入学することができます。

入学のチャンスは年2回あります1年間を2学期(第1学期- 4月〜9月,第2学期- 10月〜3月)に分けて,学期ごとに教育課程を編成していますので,科目の登録も学期ごとに行います。したがって,自分の都合に合わせて4月又は10月に入学できます。

幅広い学問分野の科目が学べます画期的な六つの専攻で構成された教養学部は,豊かな教養を培うとともに,実生活に即した専門的学習を深められるよう,人文,社会,自然,産業等の幅広い分野のテレビ,ラジオを活用した魅力的な約300科目を用意しています。

マイペースで学習できます授業はテレビとラジオで,毎日朝6時から夜12時まで放送しています。都合により授業を視聴できなかった場合は,全都道府県に設置されている各学習センターに備えられたビデオテープ,オーディオテープにより再視聴できます。各学習センターは,土曜日,日曜日も開所しています(月曜日,祝日は休み)。

○ 学生の種類                     【全科履修生】           大学の卒業を目的として必要な授業科目を履修します。4年以上在学し,面接授業を含め124単位以上取得すると大学卒業となり,学士(教養)が授与されます。

【選科履修生,科目履修生】選科履修生は1年間,科目履修生は1学期間( 6か月)在籍し希望する科目を履修する学生です。


※ 放送エリアが全国に拡大平成10年1月からは,衛星放送(CS放送)を利用することで,日本全国どこでも自宅で大学の授業を視聴することができるようになりました。

詳細については,放送大学本部(TEL043-276-5111 (代表)http:llwww.u-ai「.ac.jpl)までお問い合わせくださいoQ5  平成14年度から完全学校週5日制が実施されるそうですが,私の子どもは第2,4土曜日が休みである今でさえも何をしたらいいのか迷っています。文部省として何か特別な取紹を考えているのでしようか?A平成14年度からの完全学校週5日制の実施に向けて、子どもたちのための取絹を進めています。

学校が休みの土曜日などに子どもたちが様々な体験活動を行えるよう,平成13年度までに地域で子どもを育てる環境を整備し,親と子どもたちの活動を振興する体制を整備することを目指して関係省庁の協力を得ながら緊急かつ計画的に取組を進めていくこととしています。 (「全国子どもプラン(緊急3ケ年戦略」)主な施策の内容は,次のとおりです。

子どもたちが近くの図書館や公民館に行けば,リアルタイムで興味深い番紹.を見ることができるようになります。 (「子ども放送局」の開設)衛星通信により,毎週の学校休業土曜日などに,子どもたちが集まる公民館,図書館,博物館,児童館等で,スポーツ選手や科学者などが直接語り掛けるプログラムを提供します。

週末や夏休みの活動機会が、いつ,どこで行われているかの情報がもれなく手に入るようになります。 (「子どもセンター」の設置)子どもたちの様々な体験活動などが,いつ,どこで行われるかという情報誌を作成し,郵便局やコンビ二などに置き,タイムリーに親や子どもたちに提供します。 (全国の市,郡単位ぐらいに1,000か所程度を目標に設置することを目指しています。 )(Q6をご参照ください。 )子どもたちの学習機会の場が広がります。

下の図のような関係省庁と連携した共同事業をはじめとする子どもたちの体験活動機会と場の拡大に努めています。


06  週末に子どもに自然体験や生活体験をさせようと思いますが、どこで何をしているがどうすれば分がるのでしょうか?Aあなたのまちの「子どもセンター」がお手伝いします。

平成10年度に文部省が小,中学生を対象に実施したアンケート調査の結果,生活体験やお手伝い,自然体験が豊富な子どもほど,道徳観,正義感が充実しているという注目すべきことが明らがになりました。

このように,私たちは,子どもたちに自然体1験や生活体1験を推進する機会を充実させる必要があると言えますが,実際,子どもたちに自然体験や生活体験をさせたいと思っても,どこで何をしているのか分からないといった声が多く聞かれます。そこで,「今度の学校が休みの土曜日に親子で何か体験したいけれど,どこで何をしているのか知りたい!」といった疑問に答えてくれるのが,1子どもセンター」です。

子どもセンターでは,1) 地域の子どもの自然体験,ボランティア活動,読書会や子育てサークル等の情報を集め,2) 集めた情報を簡便な冊子にして,身近なコンビニエンスストアや郵便局等に配布し,3) さらに,電話などで相談紹介を行う事業を行政と民間が協力して実施しています。

子どもセンターの運営は,各地域のPTA,青少年,スポーツ,文化団体,NPO,企業,地場産業,学校,郵便局をはじめ,地域の様々な団体,機関の関係者や地域のボランティアが行っており,平成11年度から3か年で全国の市,郡単位ぐらいに1が所(全国で1,000か所程度)を目標に設置することを目指しています。

現在,363か所で活動を始めており,これらの子どもセンターがカバーする市町村の情報エリアは959市町村(全市町村の30%)に上っています。

詳しくは,都道府県教育委員会生涯学習担当部局までお問い合わせください。


地域の商店街で子どもたちがお手伝い〜子どもインターンシツプ〜

文部省では, 「宝国子どもプラン」の―つとして,子どもたちが様脅な業に触れたり,働くことの大切さを学ぶことにより,夢や希望を抱いて, 自分の将来について考えるきっかけを提供していこうというねらいで2文部省と通商産業省,中小企業庁との共同プロジェクトとして,全国商店街振興組台連合会や(社)日本PTA全国協議会、(社)全国子ども会連合会の協力を得ながら,「子どもインターンシップ」を実施します。 この事業は平成11年度からの新規事業ですが,下記の二つの商店街において先行的に実施しました。 ,  治東区の谷中銀座商店街(谷中小学校PTA)       平153211年2月27日(土),3月13日(土)の2回       小学4〜6年生各回11人    ,  品川区の戸越銀座商店街(戸越白中学校PTA)       平成11年2月27日(土)       中学1,2年牛21人  それでは,実際に参加した子どもたちの様子はどうだったでしようか? お店の方に間いでみました。 (薬局で)   機械で粉薬を自動的に小袋に詰めていく作業を体験し,感激していよした。薬を買うだけでなく,いろいろな用事で店に来る人が多いことに驚いていました。商品への値札付けやレジ打ちなどを体験しました。 (ケーキ屋で)   ぎこちない手つきでケーキを箱に詰めていました。ケーキの形を崩さないようにずいぶん緊張していたようです。お店の人に温かく見守られ,声をかけていただきながら,「いらつしゃいませ」「ありがとうございました」が,時間とともに少しずつ大きくなりました。 (花屋さんで)    ―生懸命にバラのとげを取っていました。そのバラが売れたときにはとってもうれしそうでした。自分の努力が報われることを実感できた瞬間だったと思います。花屋さんというと華やかなイメージがあったようですが,いろいろな大変さがあることに気付いたようです。 (おもちゃ屋さんで)   商品を陳列するときにどんな工夫をしているのかなどを学びながら包装のお手伝いなどをがんばっていました。 (本屋さんで)   雑誌に付録をはさんだり,文庫や新書などの南をはずすなど,思っていた以上にいろいろな仕事があることに驚いていました。本の整とんなど―見地味な作業が多かったようですが,[ものを買っていただく」ということがどういうことなのか,体験を通じて実感できたようです。


Q7  子どもをどのように育てていいのか分からなくなってしまうことがあるのですが、親とは離れて住んでいるし,近所にも相談できる人はいません。私のような親に対するサポートは何かあるのでしようか?八 子どもを持つ親のために,家庭教育手帳,ノート,ビデオの作成,配布や,24時間親からの相談に対応できる相談体制の整備などを行っています。

「家庭教育手帳」と「家庭教育ノート」「家庭教育手帳」は,妊産婦や乳幼児を持つ親に,乳幼児の子どもの家庭教育等について漫画やイラストを使って説明した母子健康手帳と同じサイズ(A6版)の冊子です。厚生省と連携して,1)母子健康手帳の交付時,2)1歳6か月児健診,3)3歳児健診,4)小学校就学時健診の四つの機会を通じて,該当するすべての親に配布することにしています。

また, 「家庭教育ノート」は,小,中学生等の子どもの家庭教育について,同じく漫画やイラストを使って説明した同サイズの冊子です。全国の小,中学校,盲,聾,養護学校を通じて,小,中学生等を持つすべての家庭に配布しました。

これらの資料の巻末には,子育てやしつけに役立つ情報,相談の窓口や青少年団体などを紹介する情報のページを各都道府県ごとに設けています。

なお,これらの資料は,市販(各1冊200円(税別))もされています。政府刊行物サービス,センターや官報販売所などで購入するか,お近くの書店からお取り寄せください。

家庭教育ビデオ家庭教育をめぐる重要な課題である1)父親の参加,2)しつけ,3)子どもをゆっくりゆったり育てる,という三つのテーマについて,それぞれ15分程度で解説した「家庭教育ビデオ」を作成し,全国の都道府県,市町村教育委員会等へ配布しました。

このビデオは,乳幼児健診などの機会に上映し,視聴していただくほか,PTAや子育てサークルの学習会のため,お近くの市町村教育委員会の家庭教育担当部署などにおいて貸出しを受けてご覧いただけます。

24時間家庭教育電話相談(子育てホットライン)子育てに関する悩みや不安を抱えている親が,1日の家事や仕事を終えた後,あるいは夜間に精神的に不安定になるようなケースでも対応できるようにすることが求められています。このため,現在の家庭教育に関する電話相談の開設時間帯を夜間,深夜にも広げ,24時間いつでも親からの相談に対応できるよう,相談体制の整備を進めています。

さらに,特に深刻な悩みや不安を持つ親に対し,臨床心理士や医師の資格を持つ「家庭教育カウンセラー」を活用した相談体制の充実強化を図っています。

詳しくは,都道府県教育委員会家庭教育担当部署までお問い合わせください。

その他地域の公民館等を利用して家庭教育電話相談員や大学教員等による家庭教育巡回相談を行ったり,地域の公民館や幼稚園等で「子育て広場」を開設し,子育て中の親のネットワークづくりを進めるなど,家庭教育を支援する様々な取組を行っています。


Q8  これから、お年寄りの割合がどんどん増えてくる―方で、お年寄りとあまり接していない子どもたちが多くなっていると思います。このことからも,お年寄りと子どもたちが触れ合う機会をもっと増やしていく必要があるのではないでしようか?Aそのとおりです。

そのため,子どもたちがお年寄りと触れ合う機会を増やすよう努めているところです。

子どもたちがお年寄りと触れ合うことは,豊かな経験,知識や人間の生き方を学び,高齢者を尊敬する気持ちや理解を深め,他人に対する思いやりの心や協調性などの社会性をはぐくむための良い機会です。

例えば, 「全国子どもプラン(緊急3ケ年戦略)」の中では,子どもたちがお年寄りと昔の遊びやものづくり等を通じて―緒に遊んだり,老人ホーム訪問や伝統行事等へ参加できる機会を用意しています。 (Q5をご参照ください。 )また,学校の校舎などの整備についても,地域のお年寄りが訪れやすいようにいろいろと工夫していこうと考えています。

具体的には,学校に地域のお年寄りを招き,子どもたちとの交流を進めていくために,多様な交流が可能なスペースやくつろぎのスペースを整備したり,お年寄りが利用しやすいように施設の不便な障害を取り除くバリアフリー化を進めています。

また,子どもたちとお年寄りが日常的に触れ合える機会を設けるという観点から,デイサービスセンターや老人ホームと―体となって建てられている学校もあり,今後,このような学校の整備を積極的に推進していくこととしています。

その他にも,現在,全国の小中学校では,児童,生徒数の減少に伴い,授業などで使わなくなった教室が増えていることから,このような教室をお年寄りのためのデイサービスセンターに造り替え,お年寄りとの交流活動を積極的に行ったりもしています。

(Q27をご参照ください。 )



金ハ先生も教育改革〜テレビドラマ「 3年B組金ハ先生」でも取り上げられました〜みなさんもご存じのことと思いますが,テレビドラマにおいて2俳優の武田鉄矢さんが中学校の国語の先生[坂本金八]を演じるあの「 3年B組金ハ先庄」が再び始まっています。

いつも,その当時の社会現象を反映させるとともに,中学生の本彦を取り上げて話題になっていますが,う回も初回の放送(平成11年10月14日)から,たくさんの内容が隔り込まれていました。

初回の放送では, 「区立桜中学校」のプレートと並んで[さくらデイサービスセンター」のプレートを取り付けている場面から始まりました。桜中学校の1階にデイサービスセンターや-マ、穿ることになったのです。そして,授業の中でも,子どもたちが車椅子の体験学習をしたリする場面などもありましたが,みなさんはどう思われたでしようか?「何で学校の中にデイサービスセンターがあるの?」「お年寄りと子どもたちが―緒の建物にいて大丈夫なの?」[学校の廊下でおじいちゃんやおばあちゃんとすれ違うなんて想像つがないなあ」など,いろいろ考えられたのではないでしようか?これからの学校は,地域コミュニティの拠点として,高齢者福祉施設と―体的に整備したり,子どもの減少により増えてきている余裕教室を活用するなどして,お年寄りとの交流がたくさん行えるように尊るところが増えてくると思います。

このようなところでは,おじいちゃんおばあちゃんは子どもたちの姿を間近に眺めることができ,子どもたちは様今な活動を通じておしいちゃんおばあちゃんと交流を図ることができるようになるとともに,登下校や休み時間等には,自発的で自然な交流が生まれてくることでしよう。

初回の放送の終わりに,「金ハ先生」が次のように言っていました。

「来週からいよいよ地域のお年寄りが2本校の介護サービスセンターにお見えになります。そのお年寄りが見えた時に,ジジイだとがババアだとがきたない言葉を使わないでください。みなさん,この地域のお年寄りです。会から54年畑,日本は戦争に負けて東京は―面の焼け野原でした。グームせンターもバーガーショップも何にもなかったのです。そんな焼け野原に立ち上がって,お年寄りたちは石を積むようにして釘を再建なさり,日本を復興に導いた先輩なのです。霧たちのお父さんやお母さんを向でた世代なのです。その仕事だけ?!,お年寄りは十分に尊敬に値します。中には分からず屋の方とが口うるさい方もいらっしゃるかもしれません。だけども,付き8ってこらんよ2寄り添ってあげなさいよ。いつかはお年寄りたちは君たちにすばらしい贈り物をくださると思いますよ。 」


Q9  私の子どもは、学校でいじめを受けています。担任の先生に相談をするのが―番いいことだとは思うのですが、先生にはなかなか相談できません。どうすればいいか迷っているのですが、何かいい方法はあるのでしょうか?八  ―番大切なことは,まず,お父さん,お母さんが親身になって相談に乗り、先生,兄弟姉妹,友達など,だれかに相談する勇気を持たせることです。

いじめの問題については,恐らくすべての人が「いけないことだ」と考えていると思います。

しかし,いじめの問題は現に起きており,3年連続で減少しているものの,平成10年度間には,なお,約3万6,000件のいじめが発生しています。

いじめの背景には,様々な要因がありますが,ある調査によれば,いじめを行っている子どもは,友だちに注意されるよりも,先生や親など大人に注意された場合の方が,いじめをやめる割合が高くなっています。ですから,いじめの訴えがあったときには,まず誰か周りの大人がすぐに相談に乗ることが大切です。

また,先生たちには,いじめられていることを話したことによっていじめられる恐れがある子どもたちを徹底して守り通すという態度で,いじめ問題の解決゜に取り組む責任があります。ですから,先生に相談をする勇気を持ってほしいと思います。

さらに,最近では,多くの学校にスクールカウンセラーや心の教室相談員が配置されていますので先生には相談をしづらいということであれば,このようなカウンセラーや相談員に相談をしてみてほしいと思います。

いじめの問題は,教育上の大きな問題です。人をいじめることは,人間として決して許されることではありません。すべてのお父さん,お母さん,すべての学校でこのことを子どもたちにきちんと教える必要があります。

【いじめの発生件数の推移】

【いじめを止めた理由(二つまで回答)】

いわゆる「学級崩壊」について

〜学級経営の充実に関する調音研究』(中間まとめ)の概要〜

(平成11年9月)最近,いわゆる「学級崩壊」といわれる現象が話題になっています。こうした現象は決して多くの学校で起きているわけではありませんが2文部省においてもその実態を把握するため,平153211年2月に「学級経営研究会」(国立教向研究所内外の研究者や学校現場の関係者等で横1532)にその研究委嘱をしました。同研究会では,全国各地で小学校における学級経営に関して関係者がら聞き取り調青を行い,9月に中間まとめを発表しました。

文部省としては,ウ後とも調宣研究を進め,具体の対応策を考えていきます。

○ 「学級がうまく機能しない状況」について1) 「学級がうまく機能しない状況」とは,[-3どもたちが教室内で勝手な行動をして教師の指導に従わず,授業が成立しないなど,集団教向という学校の機能が成立しない学級の状態が―定期間継続し,学級担任による通常の手法では問題解決ができない状態に立ち至っている堀合」を指しています。


2) 「学級がうまく機能しない状況」の要因としては,学級担任の指導力不足の問題や学校の対応の問題,子どもの生活や人間関係の変化及び家庭,地域社会の教向力の低下等が考えられます。

3) また,これらは,ある―つの「原因」によって「結果」が生まれるかのような単純な対応関係ではなく,複合的な要因が積み重なって起こりよす。問題解決のための特効薬はなぐ複合している諸要因に―つ―つ丁寧に対処していがなければならないものと考えています。

○ 「学級がうまく機能しない状況」の分析と対応策学級がうまく機能しない状況にあるとした事例  102学級(事例を10のケースに類型化し、その多くは複数のケースに当てはまる)ケース1 就学前教冑との連携,協力が不足している事例( 11学級)′子どもの実態に即した学級づくりを進めること,就学削教冑との連携,協力を進め2必要な情報を交換すること。

ケース2 特別な教育的配慮や支援を必要とする子どもがいる事例(26学級)教育的配慮が必要かどうかの的確な判断をすること,息の長い取組のための体制づくりをすること,―人―人の子どもの「違い」を生かす学級づくりをすること。

ケース3 必要な養育を家庭で受けていない子どもがいる事例  (21学級)子ともの教高環境を的確に把握し,関係機関との間に連携,協力関係を築いたり,子どもとの間の信頼関係を築くこと。

ケース4 授業の内容と方法に不満を持つ子どもがいる事例   (65学級)授業方法の柔軟な選択を行うこと,そのため校内研修等の充実やテイームティーチング,体験的な活動など多様な工夫を行うこと,授業時間以外の貢葉かけの工夫も大切であること。

ケース5 いじめなどの問題行動への適切な対応が遅れた事例  (38学級)いじめに対しては子どもの心理の理解に努め早期の適切な対応をするなど根本的な問題を探り当て,組織的に対応すること。

ケース6 校長のリーダーシップや校内の連携,協力が確立していない事例(30学級)教員の動直後は校務分掌などで経営的配慮をし,問題状況に対しては校長はリーダーシップを発揮して,職員の間に相談しやすい雰囲気づくりを進めること。

ケース7 教師の学級経営が柔軟性を欠いている事例      (74学級)学級間の情報交換などによって,問題状況に関する共通理解を図ること学級担任の指堺力を高めるための適正な校内人事に配慮すること。

ケース8 学校と家庭などとの対話が不十分て信頼関係が築けず対応が遅れた事例                       (27学級)学校の説明責任を果たすこと,保護者との対話や情報交換を工夫するなど―体となって問題解決に取り組むこと,地域や教弯委員会等との連携を推進すること。

ケース9 校内での研究や実践の成果が学校全体で生かされなかった事例(16学級)校内の組織体制の充実を図ること,テイーム,テイーチングなど教授,学園組織の工夫を行い,それを校内で学び合うこと。

ケース10  家庭のしつけや学校の対応に問題があった事例    ( 14学級)保護者の子向で状況を把握し適切に対応すること,学校と地域の協力関係;づくりを進めること,早期の対応や柔軟な学校運営に努めること。

Q10  私の家の近所では,みんな子どもを有名中学校に入れるために、夜遅くまで進学塾に通わせています。私の子どもも進学塾に通わせるかどうか迷っているのですが、どうしたらいいのでしようか?A小学校段階から行き過ぎた塾通いとならないよう、配慮が求められます。

子どもが何か―つの目標に向かって勉強するということ自体は,大切なことだと思います。ただ,仮にそうだとしても,机にかじりついて勉強ばかりしていてはだめだと思います。長い人生なんですから,子どものころに様々な経験をした方が将来的にはプラスの面が大きいんじゃないでしようか。子どものころは,テクニックだけのペンシルのような細いビルを完成させるよりも,布石(基礎工事)のしっかりした土台を築いておくべきだと思います。

土台がしっかりしていれば,将来安定したビルが建てられるし,地震が来ても大丈夫ですから。

勉強ばかりして,親子がテストの成績に―喜―憂していたのでは,家庭が暗くなってしまいます。果たして,家族との触れ合いや家庭の団らんを犠牲にするような状況下で,進学塾に行かせることがよいことなのかどうか,よく考えていただきたいと思います。小学生はまだ心も体も発達途中にありますから,夜遅くまで塾に通って寝不足が続くと,心と体のバランスが崩れて,健全な成長,発達に悪影響を与えかねません。わずか10代の前半で,伸びきったゴムのようになってしまう必要はないんじゃないでしようか。

むしろ,子どものうちは,友だちや近所の人たちといろいろな経験を積んだり,自然体験をすることが必要だと思います。また,家事の手伝いなどをするのも大事なことです。今年6月の生涯学習審議会答申「生活体験,自然体験が日本の子どもの心をはぐくむ」にも書いてありますが,平成10年度に文部省が全国の小,中学生約1万1,000人を対象に行った調査の結果では,生活体験,自然体験が豊富な子どもやお手伝いをする子どもほど,道徳観,正義観が身に付いているという傾向が見受けられます。子どものころから勉強ばかりして,いわゆる頭でっかちの大人になるより,個性豊かで人間味にあふれるような大人になってほしいと思います。

これからは,どこの大学を出たか,ではなく,何を学んだか,が大事な時代になります。既に企業では,学歴よりも人としての魅力や新しいものの考え方,判断する力などを求める傾向にあります。このように学歴社会が変わってくれば,小学校段階からの受,験勉強に対する考え方も,自ずから変わってくるのではないでしようか。

もっとも,塾の分かりやすい指導で,学校の授業が分かるようになったという話や,勉強に興味が持てるようになったというような話はよく聞きます。また,自然体験や社会体、験等のプログラムを取り入れているような塾も増えてきているようです。ただ,その場合でも,子どもたちの通塾が長時間に及んだり,夜遅くなったりするような行き過ぎた塾通いは,心身の健全な発達によくないのではないかと思います。むしろ,子どものためには,あたたかい雰囲気の中で明るい家庭を築いていくことこそが大事なのではないでしようか。

江戸時代の学校?塾? 「寺子屋」

江戸時代には,[寺子屋]が教育機関として菖及しました。

経済の発展などに伴い,身分や性別,居住地にかかわらず,広く日常生活に文字を使ったり計算をしたりする機会が増えてきたことにより,民間の人脅が,子どもたちの将来に備えて,文字の読み書きやそろばんを使っての計算能力を養っておこうという要望にこたえて,その知識や経験を生かして開いた機関でした。 これは,今でいう国や地方自治体といった行政が法律に基づいて設置したものではなく,こうした社会の変化に対応して自然と発生し,急速に菖及しました。 特に,生活が比較的豊かであった大都市と比べて,家庭の負担だけでは寺小屋を支えていくことが困難であった農村などでは,住民が―体となって費用を出し台い,先生を迎え入れるところも見られるなど,今でいう「公立学校」的な性格を持ちはじめたところもありました。 子どもたちはだいたい7〜8歳前後に入門するのですが読み,書き,そろばんが中心で,指導方法は,子ども自身の自習に先生(師匠)が個別指導をしてまわるいわゆる「手習い」という方式が多かったようです。 休日は,年末年始,5節句,試ぐらいと少なく,寺子屋によっては,5・15・25日を定休日にしたり,七夕会,書き初めなどの様々な年中行事を用意するなどの工夫をしていたようです。


野菜作って,動物飼って,自炊しながら「通学合宿」【福岡県

福岡県庄内町には町立の「生活体験学校」という子どものための台宿施設があります。平成元年から本格的に「通学台宿」というプログラムを年間20回実施しています。参加対象は町内唯―の小学校である庄内小学校の3年生から5年生までの希望者です。

1回は10名の班に編制されます。日曜日から土曜日までの1週間,自炊をしながら通学するという合宿です。名付けて「通学台宿」と言います。

この施設には子どもの食事を作ってくれる大人は―人もいません。食事を自分で作るのはいうまでもなく,風呂も薪で子どもが沸かします。洗濯も,掃除も,布団の上げ下ろしも自分でします。

それだけではなく,生活体験学校では,馬,犬,猫,ニワトリ,ウサギ,アイガモ,小鳥を飼っています。馬や犬の糞を毎日片づけることやすべての動物の餌をやること,ニワトリの卵をとって食べることも朝晩の子どもの仕事です。また,毎日出る生ゴミや馬糞,畑の雑草も加えて「堆肥」を作ります。生活体験学校開設このかた,生ゴミを外部に出さないで堆肥を作り続けています。

時には,1カ所だけ汲み取り式にしてある便そうから「コエ汲み」をして,人糞を堆肥にかける作業もします。人糞を堆肥にかけることで堆肥の発酵を促進するのです。さらに,完熟した堆肥を畑に入れて野菜作りをします。子どもが1週間に食べる野菜の7,8割を生産しています。秋には,毎年約2,000粒のドングリを播いて冑苗をします。2年かけて冑てたドングリ苗を工場団地ののり法面に定植して「ドングリの森づくり」を進めています。


庄内小学校を卒業するまでには,約6割の児童が通学台宿を体験します。3年生は3泊4日,5,6年生は6泊7日の日程です。

この通学合宿では,下表の体験プログラムを通して子どもどうし,子どもと大人の間の人間関係を深め,広めます。長い日程ですから子どもどうしの協力なしには生活できません。 「協力する」ということは,自分がどう行動することであるかを日々の生活場面ごとに体験します。協力だけではなく,時として「対立」や「反目」が生じることもあります。生活体験学校では,学校の下校時刻のようなものはありませんから,じっくりと時間をかけた話し合いが行われます。学校生活と連動しているような人間関係の「もつれ」がある場合には,学校の先生方との連絡を取ることもあります。夕食作り等の場面では保護者が交代でアドバイスに務めます。その場台も大人が「代わりに作ってしまう」ことはタブーになっています。水加減を間違えて10人分の「おかゆ」を作ってしまった失敗もありました。人間関係でも生活体験でも, 「失敗の勧め」が通学台宿のモットーです。宿泊するボランティアだけでも約40名のボランティアが登録ざれています。そのほとんどが子どもたちの生活圏域内の大人です。優しい大人もいれば,子どもがこれまで出会ったこともないような厳しい大人もいます。様々な人間との「出会い」を体験します。参加した子どもたちに共通した感想は, 「芭しいこともあったけど,楽しかった。また,来たい。 」です。


平成10年4月には大人の生活体験学校[生活文化交流センター]が同じ敷地内に設厘されました。老人クラブが100 kqの梅漬けを作ったり,大豆を生産している農家が大豆を持ち寄って豆腐作りと販売を始めました。 「ものづくり」はものだけでなく「人間関係」も創り出します。大人のものづくりに子どもも加えてもらう場面が見られるようになった生活体験学校です。


Q11  最近、薬物を遊び感覚で使用する子どもが増えていると聞きます。子どもを持つ親としてもとても心配なのですが,この問題に対し文部省はどのような取組を行っているのでしようか?八 児童生徒の薬物乱用の実態は極めて憂慮すべき状況にあります。薬物使用は、依存を引き起こし、心身に取り返しのつかないダメージを与えます。文部省では,学校教育の場を中心に次のような取組を行っています。

教科等における指導学校での指導については, 「保健体育」や道徳,特別活動における指導の中で薬物乱用の危険性,有害性を指導していますが,新学習指導要領においては,近年の薬物乱用の低年齢化にも対応し,新たに小学校における「体育」の保健領域においても指導することとしています。

薬物乱用防止担当教員の指導力向上薬物乱用防止教育を担当する教員を対象とした中央研修会及び都道府県研修会を開催するなど,教員の指導力の向上を図っています。

指導資料等の作成教員用指導資料を作成し,全小,中,高校に配布するとともに,生徒用パンフレットやビデオなどの教材を作成,配布しています。

薬物乱用防止教室の開催の推進警察庁や厚生省と連携し,警察職員や麻薬取締官OBなどの専門家を学校に招き,児童生徒に対し,薬物乱用の危険性などについての啓発等を行っています。

普及啓発児童生徒の意識を高めるため,競技場などの大型カラーディスプレーシステムを活用した広報啓発活動やシンポジウムの開催,情報提供のためのホームページ( http:llwww.hokenkal.o「.jpldn]gl)の開設などを行っています。


【中,高校生覚せい剤事犯検挙者数及び未成年者の比率】

【薬物に対する考え方】

【薬物に関する学習経験の情報源】

【薬物の有害性,危険性を学習することを希望する場所】

Q12  完全学校週5日制に向けて学習指導要領が改訂され,教育内容が大きく変わったと聞きましたが,今回の改訂のねらいと具体的内容はどのようなものなのでしようか?A今回の新しい学習指導要領は,平成14年度から実施される完全学校週5日制の下、「ゆとり」の中で「特色ある教育」を展開し、子どもたちに豊かな人間性や基礎・基本を身に付け,個性を生かし、自ら学び自ら考える力などの[生きる力]を育成することを基本的なねらいとして,次の四つの方針を重視して教育内容の具体的な改善を図りました。

豊かな人間性や社会性,国際社会に生きる日本人としての自覚を育成する● 幼稚園や小学校低学年では,基本的な生活習慣や善悪の判断などの指導を徹底します。

● 道徳教育,特別活動等におけるボランティア活動や自然体験活動などの体験的な活動を充実します。

● 障害のある幼児児童生徒や高齢者との交流を推進します。

● 小学校社会科での人物・文化遺産中心の歴史学習の徹底と中学校社会科での歴史の大きな流れをつかむことを重視するなど,歴史学習を改善します。 (Q54をご参照ください。 )● 中学校及び高等学校で外国語科を必修にするとともに,聞く,話す教育を重視します。 (Q53をご参照ください。 )自ら学び,自ら考える力を育成する● 各教科及び総合的な学習の時間において,体験的な学習や問題解決的な学習を充実します。 (Q13をご参照ください。 )● 各教科等における知的好奇心や探究心,論理的な思考力や表現力の育成を重視します。

● 中学校技術・家庭科で情報に関する内容を必修化するとともに,高等学校で教科「情報」を必修にします。また,知的障害養護学校高等部で教科「情報」を選択教科として新設します。 (Q57,Q58をご参照ください。 )ゆとりのある教育活動を展開する中で、基礎・基本の確実な定着を図り、個性を生かす教育を充実する● 授業時数は,現行より週当たり2単位時間削減します。

● 小・中学校の教育内容を授業時数の縮減以上に厳選し,基礎的・基本的な内容に絞り,ゆとりの中でじっくり学習しその確実な定着を図るようにします。 (Q14をご参照ください。 )● 中学校及び高等学校における選択学習の幅を一層拡大します。

各学校が創意工夫を生かし,特色ある教育、特色ある学校づくりを進める● 「総合的な学習の時間」を創設し,各学校が創意工夫を生かした教育活動を展開できるようにします。 (Q13をご参照ください。 )● 例えば,英語の授業を毎日25分ずつ行ったり,コンピュータの授業を特定の期間に集中して行うなど,各学校が創意工夫を生かして時間割を編成することができるようにします。

実施のスケジュールは新しい学習指導要領は,幼稚園は平成12年度から,小学校・学校は平成14年度から全面実施されます。高等学校は平成15年度から学年進行で実施されます,盲学校,聾学校及び養護学校では,それぞれの学校段階に準じて実施されます。また,新しい学習指導要領の趣旨をできるだけ早く生かすため,平成12年度から新学習指導要領が適用されるまでの間に移行措置が実施され1ます。

(新しいカリキュラムの実施スケジュール)

Q13  今回の学習指導要領改訂の特色の一つとして,「総合的な学習の時間」が新設されたそうですが、抽象的でどのような時間なのか分かりません。具体的にどのような授業が行われるのでしようか?A 「総合的な学習の時間」は,各学校が創意工夫して学校ごとに教える内容を決めて行う授業です。

この時間は,● 地域や学校,子どもたちの実態に応じ,学校が創意工夫を生かして特色ある教育活動を行うことができる時間● 国際理解,情報,環境,福祉・健康など(決してこれらに限られるわけではありませんが)従来の教科をまたがるような課題に関する学習を行うことができる時間として新しく設けられるもので,子どもたちが各教科等の学習で得た個々の知識を結び付け,総合的に働かせることができるようにすることを目指しています。

ここでは,知識を教え込む授業ではなく,● 自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考える力を育成すること● 情報の集め方,調べ方,まとめ方などの学び方や調べ方を身に付けることをねらいとした授業が展開されます。

具体的な学習活動としては,自然体験やボランティア活動などの社会体験,観察・実験,見学や調査,発表や討論,ものづくりや生産活動など,体験的な学習や問題解決的な学習が積極的に取り入れられます。

また,ある課題に対して興味・関心別にグループを編成したり,異年齢の子どもたちが一緒に活動したり,さらには個人研究を行ったりするなど多様な形での学習が行われます。

さらに,保護者をはじめ地域の専門家や留学生など学校の先生以外の人たちの協力を得たり,地域の図書館や博物館,企業や工場,川や山などの施設や自然を積極的に生かした学習も行われます。



子どもたちが語る「生活科」〜「脳みそだけでなく,自分自身の体全部,心まで大きくしてくれたのが,生活科だったような気がします」〜「生活科」は,平成元年に改訂された学習指導要領において,小学校の低学年について,それまでの社会科及び理科を廃止して新設されました。

さその目標は,具体的な活動や体験を通して,自分と身近な社会や自然とのかかわりに関心を持ち,自分自身や自分の生活について考えさせるとともに,倍その課程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ,自立への基礎を養うものです。

次は,愛媛県の小学校のある先生が,「生活科」が全面実施される前に移行措置として導入された当時の子どもたち(現高校1年生)と語った時の様々なエピソードです。

【ぼくの大事なテントウムシ君】

A男は,ケヤキの幹で見つけたテントウムシの幼虫のことを語った。彼は,卵,幼虫,さぎといろいろ見つけたが,可愛く動き回る幼虫に心引かれて飼うことにした。ある時は,脱した「ぼくの虫」を泣きながら探し,ある時は,幼虫のからだが軟らかいのでつぶしてしまっ≧1て落ち込んだ。泣きながら図鑑をめくっていると,絵の具筆を使うといいと書いてあったので,やってみると,これがグッド。さなぎのうちは,動かないので心配したが,羽化して成虫に1なった時は,本当の親のように喜んだ。最初は透明で,時間がたつにつれて星の模様が浮かんでくる。美しくて,感動した。

11  翌年も,ケヤキに行つてみたが,全然見つからず,不思議に思っていたら,除草剤をまた影響だったと分かった。校庭中探したら,ズッコケランドの草むらにいた。自分の子どもに害がないところに卵を産むテントウムシのお母さんは賢いんだと思ったそうだ。

それまで,虫に触ることもできなかったA男が,ここまでこだわってかかわったのは,幾度失敗を乗り越えて飼い続ける中で, 「生命」を感動をもっとら入ることができたから:であろう。心を寄せてじっくりかかわる中で,知識や技能が自然に身に付き,生態や環境をとらえる目が育っている。

【おじいちゃん,わたしのキュウリを食べて】

B子は,キュウリを育てたことを語った。初めて知った野菜の花の美しさや,もぎたてのキユウリのとげの痛さ,丸かじりの美味しさ。この感動を徳島のおじいちゃんに伝えようと,小包で送ることを思い出した。 郵便局で小包を送る方法や,何日で届くか,新鮮なうちに届くかどうかを調べ,とれたでのキュウリを送った。病気であまりものが食べられなくなっていたにもかかわらず,おじいさんは,「B子が作って送ってくれたこのキュウリは,美味しい」と百っIて食べてくださったとか。

それから間もなくおじいさんが亡くなられたことや,おじいさんとの最後の素晴らしい思い出になったことなどを,B子の母親からの手紙で知ったことを私も思い出した。野菜の栽培活動と,郵便の働きを知る活動がつながって生まれた体験である。

「あの時,○○君に『お前のキュウリを食べたから,おじいさん,死んだんじゃないのか』なんて言われてね」と,笑っていたB子であったが,今でもおじいさんとの楽しい思い出を宝物にしていることがうかがえた。

また,野菜にこだわったB子は,お店で立派な大根が100円で売られているのを見て,思わず「安い!」と思ったそうだ。作るのと買うのでは大違い。一生懸命育てても,か細い大根しかできなかった経験から,野菜を目にすると生産者と消費者の両方の立場から考えるようになったそうだ。今現在も,ミニトマトを育てているとか。

学習がその場限りで終わっていない。単元の学習が終わっても,課題意識はオープンエンドに続いている。いろいろな経験がつながって,新たな活動が生まれている。B子は,ハートを核としていろいろなものをうまくネットワークし,自分の学びのスタイルをつくりあげていったのだろう。

【町探検物語】

つ子は,町探検のことを語った。普段何気なく前を通っている気象台や警察署なども,中に入ってみると知らないことばかりで,わくわくしたり説明が難しかったりしたこと。また,2回目の町体験で,子犬との出会いがあったこと。

石手寺からの帰り,どこかの子犬がずっとついてきた。初めは可愛いので楽しかったが,段々と心配になっできた,どこの犬だろう,このままついてきたら,きっと帰れなくなる。そパこで思い付いたのが,餌をやってこの地域に止まらせること。パン屋さんに頼んで, ンの耳をもらって犬にあげた。これで安心と振り返ってみると,やっぱりついてくる。ここで,学校へ知らせなくてはと判断し,帰校が遅れるかもしれないコールを入れる。さすがに,リーダーである。みんなでいろいろ考えて相談しているところへ,近くの小学校の,この犬のことを知っている子どもが通りかかったので,事情を話して持ち主のところへ届けてもらうことにした。

この子犬を通していろいろな人と触れ合い,楽しい町探検にもうひと味加わる温かい体験をしたそうだ。私も,つ子のすてきな「町探検物語」を思い出した。

この先生は,こうしたエピソードについて,次のように言っています。

『こうした10年も前のことを楽しそうに語ってくれた子どもたち。

7,8歳で体験したことなのに,すべてにその子なりの素晴らしいストーリーがあり,それそれの心の中に生き続けている。ちっとも色あせていない。改めて聞いても,感動させられる。それは,教師が作り上げたストーリーではなく,子ども自身が作り上げた,世界中でたったひとつのマイストーリーだっだからであろう。 』( 『総合教冑技術』(小学館発行)1999年11月号より―部抜粋)

Q14  小・中学校では,教育内容の厳選により,教える内容が3割も削減されるそうですが、この結果,子どもたちの学力が低下するなどの心配はないのでしようか?A共通に学ぶ知識の量は従来と比べて減りますが,自分で学ぼうとする意欲や学び方をしっかり身に付けさせることにより、そのような心配はないようにしています。

右の表の調査結果からも分かるように,現在の小学生の約3割,中学生では約5割が学校の授業を半分以上理解できていないという現状があります。

これは,これまでの知識を一方的に教え込む教育になりがちで,子どもたちが十分その内容を自分のものとして身に付けないまま,授業が先に進んでいくというようなことが大きな原因と考えられます。新しい学習指導要領では,教育内容を基礎,基本に厳選し,子どもたちがゆとりを持って学習し,その内容を確実に身に付けられるようにしました。小・中学校の教育内容については,例えば,算数・数学,理科などは,現行と比べて3割程度減らしています。

また,子どもたちが選択して学習できる幅をこれまで以上に拡大していますので,確実に身に付けた基礎・基本を基に,自分の興味・関心等に応じて,意欲的・主体的な学習がより活発に行われるようになります。

これにより,ゆとりを持って読み・書き・計算などの基礎的・基本的な内容をしっかり習得するようにしたり,学ぶ意欲や学び方,知的好奇心・探究心を身に付けることによって,むしろ[生きる力]としての学力の質を向上させることができます。

子どもたちの学習状況を見ると,全体としてはおおむね良好ですが,多くの知識を詰め込む授業になっていること,ゆとりを持って学習できずに教育内容を十分理解できない子どもが少なくないことなどが指摘されています。

また、子どもたちの「学校の授業の理解度」を見ると、学年が上がるにつれて,理解度が低下しているという傾向が見られます。

【学校の授業の理解度】

Q15  高等学校の段階では、生徒―人―人がそれぞれの能力を十分伸ばすことが必要だと思いますが,今回の学習指導要領の改訂で高等学校の教育内容はどのようになるのでしようか?A高等学校では,生徒の興味・関心、進路希望等に応じた教育を一層進め,それぞれの生徒が,それぞれの能力を十分に伸ばすことができるよう、例えば,必修科目を減らし選択科目を増やすなど大幅な弾力化を図っています。

教育課程の構成新しい学習指導要領の実施により,高等学校の教育課程は,これまでの各教科,科目及び特別活動に「総合的な学習の時間」を加えて編成することになります。

教科の構成は,新たに,普通教科として「情報」を設け必修とするとともに,情報化・高齢化社会における次代のスペシャリストを育成するため,専門教科として「情報」及び「福祉」を設けます。

また,学校が独自に学習指導要領に示されていない教科や科目を設けることができる「学校設定教科・科目」の仕組みを導入します。


選択幅の拡大新しい学習指導要領では,生徒の興味・関心,進路希望等に応じた教育を一層進めるため,すべての生徒が共通に学習する必修科目の単位数を減らし,選択科目により多くの単位数を配当することができるようにしています。

〈高等学校普通科の場合〉

このように,新しい学習指導要領の実施により高等学校では,すべての生徒が共通に学ぶ学習内容は減りますが,それぞれの生徒が自分の伸ばそうとする分野については,より高度に学ぶことができるようになっています。

例えば,数学や理科の分野に進もうという生徒であれば,必修科目のほかに,数学や理科に関する選択科目を学習することにより,これまでどおりの内容を学ぶことができます。

さらに,学校設定教科,科目の仕組みを活用することにより,一層深く学ぶこともできます。

〈高等学校普通科理系の生徒の学習のイメージ例〉

特色ある教育活動の展開各学校が創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開できるようにしていることも特徴の一つです。

例えば,先に述べた「総合的な学習の時間」の創設や学校設定教科・科目の導入のほかにも,授業時間を一律に50分と定めず,実験・実習を行う授業は100分で行ったり,毎日の習熟が必要な授業は毎日25分で行ったりと,各学校の工夫により,多様な時間割を組むことができるようにしています。

また,学校外の学習活動(他の高等学校における学習,大学・専修学校における学習,ボランティア活動,インターンシップなど)についても,高等学校の単位として認定できるようになっています。

「学習指導要領」っとどんなもの?

「学習指導要領」とは,教育課程について,国として一定の基準を設けて国全体としての共通性を保ち,教育水準の維持向上を図るために,文部大臣が法令に基づいて,各学校が教育課程を編成する基準として,定めたものです。いずれの学校においても,これに基づいて教育課程を編成・実施しなければならないこととされています。

「せんせ あそぼ」

小説「二十四の瞳」の作者 〜壺井 栄〜彼女は,この小説の中で,教師と生徒との触れ合いを描き広く人々の感動を呼びました。

彼女の生まれ育った香川県小豆郡内海町では,町の人々の強い願いの下,彼女の生誕100周年を記念して,その代表作「二十四の瞳1の中から, ―つのイメージを選び,彼女と町のすべての人々の願いを像として,永く後生に伝えることとじました。


壺井栄は,小豆島を横向きの小犬の形に例えました。小犬の後足の先端に,小説のモデルになった岬の分教場があります。それより,さらに600m先にある昭和62年の映画のロケ地「二十四の瞳映画村」の広場に像は設置されています。

Q16  子どもたちが実際にお店などで社会体験をすることは非常にためになることだと思います。学校教育の一環として,教室を離れて地域社会などでの体験学習を取り入れた授業は行われていないのでしようか?A学校や地域により差はありますが,質問のような取組は現在、少しずつ広がっており,これからもっと増えてくると思います。

小学校や中学校,高等学校で,道徳の時間や特別活動の時間などを利用して,地域の清掃活動や社会福祉施設での高齢者,障害のある人への援助活動,地元の商店での就業体験,田畑での農業体験といった様々な体験学習が行われています。

生活水準や都市化などに伴って社会体験や自然体験などの生活体験の機会が少なくなった現代の子どもたちにとって,このような体験をすることは,勤労の尊さを学んだり,社会のためになることを積極的に行う態度を培ったりする上で非常に重要なことです。体1験活動を通じて,子どもたちは社会とかかわり,様々な人と接することによって,他人を思いやる心や社会生活を送っていくうえでのルールを学びます。また,将来の自分の進路について主体的に考えるきっかけにもなります。

また,地域の人々にとっても,このような体験学習への協力を通じて,地域の子どもは地域で育てるという気運が高まり,地域全体の教育力の向上にもつながります。さらに,学校にとっても開かれた学校づくりを進めていく上で大変効果があります。

これからの子どもたちにとって,豊かな心を持ち,たくましく生きる力を育成していくことは重要な課題です。そのためには,他人を思いやる心や感謝する心,公共のために尽くす心を育てることなどに特に配慮していく必要があります。

新しい学習指導要領(小学校・中学校では平成14年度から,高等学校では平成15年度から,盲・聾・養護学校ではそれぞれの学校段階に準じて実施されます。 )においても,このような体験活動をより重視するという観点から,各教科の学習や新たに創設される「総合的な学習の時間」や道徳,特別活動などの中で,自然体験やボランティア活動などの社会体験を行うこととするなど,学校の教育活動全体を通じて体験活動をより一層充実させることとしています。

今後も,各学校において,それぞれの地域の協力を得て,様々な体験学習を取り入れた授業や行事等が行われることが期待されます。

インターンシップ

「インターンシップ」とは,産業の現場などで、学生や生徒が在学中に自分の学習内容や進路などに関連した就業体験をすることを言います。

ある高校では,生産流通科3年生の生徒を対象に,地域の産業界等との連携の下,6月から11月までの毎週金曜日の朝から午後3時ぐらいまで,スーパーやデパートなどで「インターンシップ」を行っています。

生徒たちは,それぞれの職場の担当者(従業員)の指導を受けながら,デパートの高級菓子コーナーでの販売やスーパーでの生鮮食品の陳列などの作業に熱心に取り組んでいます。

毎回,実習の終了時には,その日に気付いたことや反省点などを日誌につけ,職場の担当者がその日誌にコメントを記人し,学期末にはレポートを提出しています。

今の高校生は,コミュニケーションをとる大人が,親と学校の先生しかいないことが多いと言われますが,職場の従業員やお客さんとのコミュニケーションを通じて,新たな発見もあるようです。

生徒の感想も「楽しい」「勉強になった」とおおむね好評です。

地域に学ぶ中学生体験活動週間〜トライやる・ウィーク〜【兵庫県】

兵庫県では,平成10年度から,保護者や地域の人今の協力のもと,県下の公立中学校の2年生全員を対象に,学校教弯の一環として,それぞれの地域で,指導ボランティアとともに連続した1週間にわたる体験活動が行われています。

時間的にも空間的にも「ゆとり」ある1週間にわたる子どもたちのこの「自分深しの旅」のなかで,[生きる力]の弯成はもとより,学校・家庭・地域のそれぞれが,新たな「出会い」や「発見」を通じて,地域の子どもは地域で育てる体制づくりが進められでいます。

平成10年度は,およそ2万3,000人の指導ボランティアの協力を得で,340校,約5万6,000千人の生徒が,1万6,000もの場所で様々な体験活動を行いました。

【体験活動例】地域や学校の実態に応じてPi!I意工夫を図りながら,それぞれの生徒が自分の興味・関心を基に,自ら「トライコしたいことを考え,学校・家庭・地域が協力してその活動を支援しています。

●温泉旅館での活動土産物の販売やお客様の出迎え・見送り・案内,客室の整理整頓,朝食・昼食の下膳●老人ホームでの活動レクリエーション介助や外出介助,フロアー清掃,ベットメーキング,入浴時誘導,洗身,昼食時の配膳・配茶・下膳●保冑所での活動自由あそびや体操,散歩,給食,昼寝,おやつ時の保育補助●牧場公園での活動花壇の整理や動物舍の糞の回収とおが屑の交換,子牛のブラッシソグ,羊の移動,草刈り,公園内のゴミ拾い●スーパーマーケットでの活動レジ打ちや商品の整理,値札の取付け,清掃《「トライやる・ウィーク」で得たもの 》生徒の感想から 〜自分に気付く・支えてくれている人に気付く・私は,夢というのはなかったけれど,将来やってみたいことができました。

・  「がんばってよ」の一言が,こんなにうれしいものとは思わなかった。

・自分自身の心のゆとりを持てたと思います。

・自分の親やまわりの大人の人たちがとてもがんばって働いているということに感心しました。

・時々,町で出会うと大きな声で名前を呼び,手を振ってくれます。そういう時,とてもうれしくなります。



家庭の感想から〜子ともとのかかわりに気付く・地域とのかかわりに気付く・この期間中は非常に生き生きとし,会話もはずみ,時間的にもゆとりがあったので精神的にもリラックスしていたと思います。普段の生活でもゆとりを大切にしていきたいと思いました。

・今の子どもたちは勉強以外の何かを体験したいのですね。本当の勉強とは何かを教えられる1週間でした。

・仕事をすることも大切ですが,そのことについて家族でいろいろ話ができるということがもっと大切なことだと気付きました。

・親自身が地域社会とかかわることで,地域社会を見直すことができました。



地域の感想から 〜中学生に気付けく・職場や地域の新たな役割に気付く・この機会にいろいろと中学生のことを知ることができました。

・人に何かを教えるためには,自分がしっかり理解していなければなりません。私たち受け入れる側にとってもたいへん勉強させていただいた1週間でした。

・中学生に対して何らかの関心を持つ良いきっかけになったのではないかと思います。



学校(教師)の感想から〜生徒の新たな面に気付く・教育改革としての視点に気付く・生徒に対して,より多面的な見方ができるようになりました。

・指導ボランティアの多様な技術,献身的な態度等を見て,何か学び取ることができると思いました。

・これまで外部との接触が少なかったが,多くの地域の方と知り合え,連携が深まりました。

・地域,保護者の方々から今までにない学校に対する理解が得られ,また,中学生の地域での様子に関心を持っていただけました。

・地域の教育力の大きさを痛感しました。





Q17  病気や不登校などが原因で義務教育を受けられなかった場合,高校を受験することはできないのでしょうか?A中学校卒業程度認定試験(中卒認定試験)に合格すれば、高校を受験することができます。

我が国においては,小・中学校の段階は,義務教育です。憲法は,「すべて国民は,能力に応じて,ひとしく教育を受ける権利を有する」と定めています。国民の一人一人が,個人として,知・徳・体のバランスのとれた成長を遂げ,社会生活を営む基盤を身に付けること,また,国家,社会の一員として必要な資質・能力を身に付けることは,いつの時代にも必要なことです。このため,保護者には,その子どもを小・中学校等に就学させる義務があるのです。

しかし,病気などのやむを得ない事情がある場合には,就学義務の猶予又は免除を受けることができます。また,就学義務の猶予又は免除を受けていない場合でも,やむを得ない事情により登校していないということもあると思います。

このような事情で中学校を卒業できない人のために,中卒認定試、験の制度が設けられており,これに合格すれば,中学校を卒業していなくても,高校の受験資格が与えられます。

中卒認定試験は,毎年11月に行われています。試験科目は,国語,社会,数学,理科,外国語の5科目です。上に述べたようなやむを得ない事情がある場合,翌年の3月末までに満15歳以上になる人は,中卒認定試験を受験できますので,これに合格すれば,同級生に遅れることなく,高校に進学する道が開かれています。

なお,平成11年度からは,日本の国籍を有しない人などにも中卒認定試験の受験資格が拡大されています。

●中卒認定試験の受験資格中卒認定試験は,次の人が受・験できます。

1) 病気などのやむを得ない事情により就学義務を猶予又は免除された人で,翌年の3月末までに満15歳以上になる人2) やむを得ない事情により中学校等に登校することができない人で,翌年の3月末までに満15歳になる人3) 翌年の3月末までに満16歳以上になる人4) 日本の国籍を有しない人で,翌年の3月末までに満15歳以上になる人注)2)の場合には,市町村教育委員会が交付したやむを得ない事情がある旨の証明が必要となります。

明治時代の小学校

江戸幕府が倒れたばかりの明治初期,各地に「学校」と名の付きくものが作られましたが,それは藩が独自に作ったもので,地方によって,その数や内容に差のあるものでした。

このため,すべての国民が最低限の教育を受けられるようにしたいと考えた明治政府は,明治5年に[学制]を発布しました。

この「学制」は,基本的な学校制度を定めたものであり,明治12年から40年にかけて計7回にも及ぶ小学校制度の改正が行われよした。

この制度改正の過程で,義務教育期間は,当初は8年でしたが,当時貴重な労働力でもあった子どもたちを8年間も就学させることは社会の現状に台わなかったこともあり,その後,4年となり,就学率の上昇を待って6年となりました。また,当初は有償だった義務教育の授業料も,明治33年の改正で原則無償となりました。

さらに,当初の小学校では進級試験が厳格で,低学年に落第生がたまっていました。そのため,落第を苫にした不登校児童が問題となり,明治33年には,この進級試験は廃止されました。

こういった,たゆみない教育制度改正と町村合併による町村の資力の増加,産業の発展,旧寺子屋の活用,奉公に出ていた子どもたちのための夜学校や水上小学校の設雪などの結果,最初は低かった就学率も,明治末年には98%にまで高まりました。

一方,明治10年代後半からは遠足が,明治の後半には,運動会や学芸会も各学校で行われるようになりました。これらは町ぐるみ,村ぐるみの行事としてとらえられていたようであり,この頃の学校が今でいう地域の生涯学習センター的な役割も果たしていたことが分かります。


018  1年生の時は、子どもの数が81人だったのですが、2年生に進級した際に1人が転出してしまい,80人になってしまいました。そのため、学級数が3クラスから2クラスになるとのことです。たった1人の子どもが減っただけで,学級数も減ることになるのでしようか?A 都道府県や市町村の判断によりますが,必ずしも、クラス数が減るということではありません。

学校のクラス規模や教員の数は,教育の質や水準を維持し,高めていく上で,重要な要件の一つです。

義務教育である小学校や中学校については,全国とこの学校においても一定の水準の教育が確保されるよう,国は法律により,クラス規模とクラス数に応じた教員の数を定めるとともに,教員の給与費の半額を負担しています。

このような制度の下で,市町村は小学校や中学校を設置し,運営しており,市町村立の学校であっても,その教育は国と都道府県と市町村がお互いに連携,協力して支えている,言わば共同事業ともいうべきものです。

ですから,都道府県や市町村が国の定めた基準によらずにクラス規模を決めることはできません。

そのクラス規模は,法律で1クラス当たりの児童の数又は生徒の数の上限を40人と定めています。つまり,クラスの人数が41人になった時には,21人のクラスと20人の2クラスに分けることになります。

しかしながら,特別の事情がある場合には,  1クラスの上限をこのルールに従わない弾力的なクラス編制が行われることもあります。

例えば,1) 中学校2年時には81人であったため27人ずつの3クラスとしていました。3年時に1人が転出してしまうため,この基準によると40人ずつの2クラスとなってしまいますが,卒業を控えていることへの教育的配慮から3クラスを維持する場合2) 逆に1学年80人であったものが,転入により81人となりました。しかし,せっかくなじんだクラスメートと別れたくないなどの児童生徒や保護者の要望により2クラスのまま据え置く場合3) 通学区域において大規模団地が造成されること等により児童生徒の転入増が大幅に見込まれ,年度途中にクラス数が増えることが確実であるために,あらかじめクラス数が増やされる場合などの状況で,都道府県の認可を受けた上で1クラス40人に限らないクラス編制が行われることもあります。

なお,平成10年9月の中央教育審議会答申「今後の地方教育行政の在り方について」では,1) 教員一人当たりの児童生徒数を欧米並みの水準に近づけること2) 弾力的な学級の編制ができるよう必要な法的整備を図ること3) 学校の実態に応じた指導が可能となるよう,教職員の配置をより弾力的に運用できるようにすることなどの提言をいただいたところであり,その実現に向け検討を行っています。

〜学級編制標準の改善の経緯〜

● 法律制定以前       全国平均   60人● 法律制定後昭和34〜38年度(第1次改善計画)   50人昭和39〜43年度(第2次改善計画)   45人昭和44〜48年度(第3次改善計画)昭和49〜53年度(第4次改善計画)昭和55〜平成3年度(第5次改善計画)40人平成5 〜12年度(第6次改善計画)

Q19  中学校の社会の授業で社会福祉の勉強をして興味を持ったので,実際に社会福祉施設に行ってそこで働いている人の話を聞き,非常にためになり、ますます興味を持ちました。学校の授業の中でも,このように実際に働いている人に教えてもらうようなことがあってもいいのではないでしようか?Aすでに,子どもたちにとってためになる知識や技能を有する社会人が授業を行っている学校もあります。

社会人を学校教育に迎え入れるための制度としては,特別非常勤講師制度や特別免許状制度があります。

特別非常勤講師制度原則として教員は免許状が必要ですが,この例外として,免許状を持っていなくても,社会人にパートタイムで授業を行ってもらえる制度で,平成元年度から実施されています。

【担任できる教科等】1) 小学校:全教科の領域の一部,クラブ活動2) 中学校及び高等学校:全教科の領域の一部,クラブ活動3) 盲・聾・養護学校:教科の領域の一部,クラブ活動

【具体的な授業内容の例】

【特別非常勤講師の活用状況】

特別免許状制度この制度は,社会人に特別に教員免許状を授与する制度で,平成元年度から実施されています。

この免許状は,学校長等の推薦に基づいて都道府県教育委員会が行う教育職員検定に合格した者に授与されるもので,担当する教科についての専門的な知識・技能,社会的信望及び教員の職務を行うのに必要な熱意と識見が必要とされています。

なお,この免許状は,授与を受けた都道府県においてのみ効力を有し,その有効期間は5年以上10年以内において都道府県が定める期間であるとされています。

【担任できる教科等】1) 小学校:全教科2) 中学校:全教科3) 高等学校:・全教科・教科の領域の―部柔道,剣道,情報技術,建築,インテリアデザイン,情報処理,計算実務4) 盲・聾・養護学校・盲学校高等部:理療,音楽・聾学校高等部:理容,特殊技芸・盲・聾・養護学校:養護訓練Q20  失業者などの雇用を確保するために、英語やコンピュータの先生として活用するという話を聞きましたが,どのようになっているのでしようか?Aコンピュータを扱う能力の高い人や海外勤務経験者等の外国語能力の高い人などを地方公共団体の判断により,公立学校の臨時講師として活用できるようになりました。

厳しい経済情勢の中で,リストラに遭ったりして仕事を探している失業者(非自発的失業者)の数が増加しており,これらの人の雇用を確保することが大きな社会的課題となっています。

こうした状況を踏まえ,政府は平成11年6月に「緊急雇用対策」を取りまとめましたが,この対策の柱として,各地方公共団体が,地域の実情に応じて,雇用や就業機会を増やすための緊急事業を実施し,そのために必要な経費を国から交付(緊急地域雇用特別交付金)することとなりました。

「緊急雇用対策」では,この事業の教育分野における具体的な例として,● コンピュータ取扱能力等の高い者を,小・中・高等学校等に臨時講師として活用するインターネット・コンピュータ教育の充実事業● 海外勤務経験者等の外国語能力の高い者を,小・中・高等学校等に臨時講師として活用する外国語教育の充実事業● 小・中学校の直面する生徒指導上の課題を解決するため,児童・生徒の相談相手となる社会経験豊富な中高年を生活相談員として活用する事業などが掲げられており,各地方公共団体の判断により,これらの事業が始められています。

このような取組については, 「会社をリストラされたような人が子どもを教えることができるわけない。 」と考え,不安に思う人もいるかもしれません。しかしながら,これは,単に雇用を増やすためだけに行うのではありません。学校が変わる絶好のチャンスでもあるのです。これまでの学校は,とかく閉鎖的だと言われてきましたが,今回の対策で,社会で様々な経験をした人が,大勢学校に入って活躍することとなれば,これをきっかけとして,保護者はもちろん地域社会の人々が一体となって学校を盛り立てる「開かれた学校」づくりが一層進んでいくと思われます。

会社をリストラされた人が役に立たないという考え方は,いい大学に入り,いい会社に入り,その中で出世する人こそが立派な人だという偏見ではないでしょうか。会社の役員などにもすばらしい人がたくさんいますが,社会には,会社をリストラされた人であっても,いろいろ経験を積んだ立派な人がたくさんいます。

そのような人の経験を子どもたちに教えることは,子どもたちにとってもかけがえのない体験となるのです。

完全失業率の推移

求職理由別完全失業者数の推移

Q21  教育内容をいくら良くしても、結局は実際に子どもたちと直接接している先生がどのように教えるかにかかってくると思います。魅力ある先生を養成、採用するためにどのような取組が行われているのでしょうか?A 大学などでの授業の改善や多様な採用方法を取り入れるなどして、魅力ある先生の養成・確保に努めています。

大学等における教員養成の改善平成10年6月に教育職員免許法が改正され,大学などでの教員養成カリキュラムが変わりました。


多様な採用方法の取入れ都道府県や指定都市の教育委員会では,個性豊かで多様な人材を確保するため,人物評価重視の方向で,選考方法の多様化,選考尺度の多元化を図っています。また,採用スケジュールも早期化しています。




特に秀でた技能・実績を有する人や豊富な経験を有する人を教員に採用するため、いくつかの県市では特別選考を実施しています。

Q22  若い先生はもちろん、ベテランの先生も、もっと子どもを引き付ける授業ができるように基本を見直したり、新しいことを学んだりした方がよいと思うのですが、どのような研修が行われているのでしようか?Aもちろん、先生一人一人の日々の努力は大切ですが、そのため、右の図のように適切な機会に必要な研修が計画的・体系的に行われています。

今後,教員が,教員としての身分を保有したまま大学院などで長期間にわたり勉強することが容易となるよう,新たな研修休業制度の創設をはじめ,様々な条件整備に努めるなど,教員の長期間にわたる主体的な研修活動を更に支援していきたいと考えています。


教員研修の実施体系

Q23  学校の中の常識は世間一般の常識からはかけ離れているなどとょく言われます。先生方も目を外に向け、学校外で様々な経験を積むために、どのような取組が行われているのでしようか?A先生が学校外の施設などで、様々な経験を積むことができるよう,先生の社会体験研修を行っています。

教員も社会の一員であることに変わりはありません。学校社会の中で,狭い専門性に閉じこもることなく,幅広い視野を持つことが必要です。

このような観点から,長期間(1か月から1年程度)や短期間(1日から1週間程度)の教員の社会体験研修を推進しています。

例えば,特別養護老人ホームでの介護や図書館でのレファレンス,デパートやホテルなどでの接遇,会社での営業活動,工場での製品組立て,環境保護などのボランティア活動に従事したりと様々な社会体験研修が行われています。

【教員の長期社会体験研修の実施状況】

もっとも,このような社会体験研修という次元を超えて,例えば夏休みや土曜日,日曜日などに自発的に地域のボランティア活動に参加したり,様々な社会の人々と交流することなどを通じて,身近な活動の中から自らの視野を広めていくことが大切です。

教員の方々の自発的な取組を望みます。


社会体験研修に参加した先生の声から● 学校外の様々な社会の人々と触れることを通じて対人関係能力が向上した● 民間企業の厳しさなどを肌で感じ,学校経営参画への意欲,学校改革への意欲が向上した● 視野そのものが広くなり,多様なものの見方,考え方ができるようになったQ24  中高一貫教育制度ができたと聞きましたが、中高一貫教育校とはどのような学校なのでしようか?また,私の家のそばにはまだありませんが、今後どのくらいできるのでしょうか?A生徒一人一人の個性をより重視した教育の実現を目指して、これまでの中学校,高校に加えて,6年間の一貫した教育課程や学習環境の下で学ぶ機会を選択できるようにするため、平成11年4月から実施されています。

当面は高校の通学範囲(全国で500程度)に少なくとも1校設置されることを目標に各都道府県等が整備するよう推進を図っています。



Q25  僕は中学生です。自分で時間割を作っていろんな勉強ができる「総合学科」や「単位制」の高校があると聞いたのですが、どのような特色があるのでしようか?A 「総合学科」や「単位制」の高校は,一人一人が将来を見つめ,自分の進路や興味・関心等に応じた科目を選択し,マイペースで学習することができます。

総合学科とは?国語,数学などの普通科目を中心に学ぶ「普通科」,工業や商業などに関する専門科目を中心に学ぶ「専門学科」に続く第三の学科として平成6年度から始まりました。

ここでは,普通科目と専門科目にわたる幅広い選択科目の中から興味や関心に応じて自分で科目を選択して学ぶことができ,高校生活を通じてじっくりと自己の個性を発見したり,将来の生き方や進路を考える学習をすることができます。そのために,学習計画の立案を指導・援助する科目として「産業社会と人間」を設けたり,ガイダンスを充実したりしています。

また,学び方を学び,将来にわたって学び続ける意欲を持つことができるように,自ら課題を見つけ,自分で調べたり,研究することを通じて,自分で答えを見い出す学習を重視しています。

総合学科では,次に説明する「単位制」という仕組みが採用されています。

なお,総合学科は平成11年度現在,全国124校に設置されています。

単位制とは?「単位制」とは,1学年,2学年などの学年の区分がなく,入学から卒業までに決められた単位を修得すれば卒業が認められる制度で,昭和63年から定時制課程と通信制課程に導入され,平成5年度からは全日制課程においても導入されています。

ここでは,自分で時間割を作成し,自分の学習計画に基づいて,決められた必修科目以外は学びたい曜日・時間に自分の興味・関心に応じた科目を選択し学習することができます。

【総合学科及び単位制の高等学校数の推移】

「単位制」では,学年の区分がないので,留年がありません。また,過去に高校に在学して,単位を修得しているときは,その単位を卒業に必要な単位に含めることができることなどの特長があります。

なお,単位制は平成11年度現在,総合学科を含めて全国266校で導入されています。

これらの制度は,生徒一人一人の個性を伸ばすために学習の選択幅を拡大することを目指して作られたものです。文部省では,総合学科については,高校の通学範囲(全国で500程度)に少なくとも1校整備され,身近な学校になることを当面の目標として各都道府県等が設置するよう推進しています。

総合学科卒業生に聞いてみました《大学に進学したTさん》とても積極的になれたと感じています。自己責任で科目選択をしたことで,自分で「個性」を生かさなければ前に進めないことに気が付いたのが大きかったと思います。

《専門学校に進学したKさん》もともと興味があった工業系の科目に幅広く触れることができて,進路を考えたときには,やはり自分の興味を追求していきたいと思い,専門学校への進学を決めました。

《就職したHさん》各種検定や資格を取る機会が多く,就職に有利だったこともありますが,何よりも自分でカリキュラムを組んで学習したことが,仕事に対する自分への自信につながっています。

Q26  公立の小・中学校については、入る学校が指定されるのですが、どうしても指定された学校に行かなければならないのでしょうか?A 通学距離や交通の便などの事情によっては、指定された学校を変更することができるケースがあります。

【学校の指定とは? ―通学区域制度―】市町村教育委員会は,就学事務を円滑に行うため,入学期日を保護者に通知することとなっていますが,小・中学校が2校以上ある場合には,就学予定者の就学すべき学校を指定することとされています。

その際,学校指定が恣意的に行われたり,保護者にいたずらに不公平感を与えたりすることのないよう,通常,どこの市町村でもあらかじめ通学区域を設定し,それに基づいて学校指定が行われています。この「通学区域」については,法令上の定めはなく,道路や河川等の地理的状況,地域社会がつくられてきた長い歴史的経緯や住民感情等それぞれの地域の実態を踏まえて,各市町村教育委員会の判断に基づいて設定されています。

しかしながら,指定された学校を変更することについて,地理的理由や身体的理由,いじめの対応を理由とする場合等,市町村教育委員会が相当と認めるときは,保護者の申立てにより同一の市町村内の他の学校への就学(「就学校の変更」)や他の市町村等の設置する学校への就学(「区域外就学」)が可能です。

【通学区域制度の弾力的な運用】文部省では,平成9年1月,各市町村教育委員会における通学区域制度の弾力的な運用が行われるよう,(1)通学区域制度の運用に当たっては,地域の実情に即し,保護者の意向に十分配慮した多様な工夫を行うこと(2)指定校の変更や区域外就学については,地理的な理由や身体的理由,いじめの対応を理由とする場合の外,児童生徒等の具体的な事情に即して相当と認めるときは,保護者の申立てにより,これを認めることができること(3)通学区域制度の仕組み等について,広く保護者や学校に周知することや,就学に関する相談体制の充実を図ること等について通知しました。

こうした通学区域制度の弾力的運用の取組の一つに,東京都品川区における通学区域のブロック化(平成12年度より実施予定)などがあげられます。

〜指定校の変更や区域外就学等の具体例〜指定校の変更(山口県岩国市)岩国市北河内地区に住所を有する生徒は,本来,A中学校の校区であるが,

1) A中学校の校区の―部は2級河川錦川により分割され,飛び地のようになっており,近道をするための橋は潜水橋のため,少しの雨でも通行不能となる
2) B中学校の校区との境で,B中学校へは通学上,若干の山越えはあるが,通学距離はA中学校へ通うよりも短い

ことから,3年間,B中学校へ就学できるよう指定校の変更が許可された。

区域外就学(三重県名張市)名張市に隣接する上野市に居住している児童の保護者が,

1) 当該児童の居住する所は上野市と名張市の市境にあり,また,地形上飛び地:的な状況にある
2) 通学距離については,上野市の就学校までの距離は約12キロメートルである
3) 公共交通機関を利用することは不可能ではないが,4回程乗り継ぎが必要なことと,接続されていない所もある
4) その他,当該児童はぜんそくの疾患があり遠距離の通学が身体に負担となる等の理由により,区域外就学を希望したことについて,保護者・上野市教育委員会及び就学校・名張市教育委員会及び希望校等との連携,調整を行い,現地調査を実施するとともに,疾病に伴う医師の意見(診断書)等の資料が名張市の定例教育委員会に提出して承認され,区域外就学が許可された。

「調整区域」の設定(大分県大分市)地域的事情による学区外許可地区を定め,あらかじめ定められた複数の許可校から選択できる,いわゆる「調整区域」を設定した。

1) 加入自治会によるもの従来同一の通学区域内にあった自治会において,区画整理事業により半数以上の家が従来と異なる通学区域に変更された。そのため,当該地区(調整区域)内の自治会加入者については,従来の通学区域内の学校を選択できるようにした。
2) 通学の安全確保によるもの通学区域が線路により分断された地区において,通学の際,線路を横断して通学しようとする場合,交通量が多く危険である。そのため,当該地区(調整区域)に居住する者については,線路を横断せずに通学できる隣接校を選択できるようにした。
3) 遠距離通学の軽減によるもの学校までの通学距離が遠距離な上に,通学路が険しい山道にある。そのため,当該地区(調整区域)に居住する者については,隣接校へのスクールバス乗り場が近くにあることから,この学校を選択できるようにした。

Q27  私の家の近所には公民館と一緒になって建っている小学校があります。このような学校が他にもあるのでしょうか?A公民館と一体となって建てられている小学校はたくさんあります。

公民館だけでなく,図書館や生涯学習センター,体育館や温水プール,音楽ホール,老人デイサービスセンターや老人ホームなど,学校以外の施設と一体となって建てられている学校はたくさんつくられています。また,学校の余裕教室を保育所や放課後児童クラブなど学校以外の施設につくりかえている学校もあります。

学校は子どもたちが学び,生活する場であるとともに,地域コミュニティの拠点として,地域の人々が集まって学習や交流をする場としても重要な役割を担っています。

このため,これから学校をつくる際には,学校単体として考えるのではなく,他の施設との機能連携や一体的な整備を進めていく視点が重要となります。

これにより,学校が地域の中核的な存在になり,また,相手の施設を利用することで学校の教育活動に様々な広がりを持たせることが可能になります。

さらに,施設を利用する地域の人々と子どもたちの間にいろいろな交流活動の機会が生まれたりもします。

その他,最近では,学校の周囲を一律にフェンス等で囲むのではなく,グラウンドと近隣の公園を一体的につくったり,「塀」を設けないことで校内の様子を外から眺めることができる学校も現れてきています。また,地域の人々が子どもたちの学ぶ様子を見ながら,校内を通り抜けることのできる学校もあります。

今後は,このように施設の面からも地域に開かれ,地域の人々が気軽に立ち寄ることのできる学校がますます増えてくるでしょう。



Q28  学校が休みになる土日の校舎を使って,子どもたちや地域の人たち、学校の先生も自由に参加できるような学校をつくろうと思っているのですが,無理でしょうか?A質問のような学校は,工夫次第でつくることができます。

学校は,子どもたちが最も身近に利用できる施設です。また,子どもたちに様々な活動の機会やプログラムを提供することかできる施設であり,学校教育以外にも広く活用することが大切です。

例えば,静岡県では,休業土曜日を中心に子どもたちの学校外活動を支援するための事業である「ふじのくにゆうゆうクラブ」が実施されています。主な活動場所を学校とし・「開かれた学校づくり」を側面から支援するねらいもあるようです。

クラブでは,子どもたちが自分の興味・関心に応じ自由に選択,参加できるようパソコンやスポーツを始め,自然体験,工作,実験・観察,囲碁・将棋等,様々なジャンルの講座が準備され,指導する講師も小・中・高等学校の教員ばかりでなく,技能や経験を持つ一般県民から幅広い人材の確保に努めています。

このように家庭や地域の人々がどんどん学校を利用するようになることは,学校に対する理解を深め,学校が家庭や地域社会とともに子どもを育てていくという認識を深めていくうえで,とても大切なことです。

文部省としても,こうした学校開放の重要性を考慮し,その促進を図る観点から「教室開放事業」などの取組を行っており,土日だけでなく,平日の活用も促進されることが重要です。

教室開放事業

地域住民の身近な教育施設である,小・中学校の持つ教育機能・施設を地域へ開放し,子どもたちが仲間と楽しく学び合い活動ができる場を提供するとともに,地域住民に多様な学習機会を提供します。

【事業の例】郷土芸能伝承活動,陶芸教室,星座観察,民話教室,英会話教室,パソコン教室,親子料理教室等

PTAで学校をつくってみよう!
【料理名】  「PTA風楽しい教室」
【材料】

・先生、保護者の一致団結(どちらかが欠けると料理はできなくなります)・学校の校舎(借りもので十分です)・地域の人の積極性(できればいろいろな経験や知識のある人がいいです)・子どもたちの自主性(やる気を大事にしてください)

【つくり方】
1「実行委員会」を設置する。

(調理のポイント)先生、保護者のPTAが中心ですが、地域の人にもどんどん入ってもらいましょう。

2  休みの日に一日、学校の建物全部を借りる。

(調理のポイント)この料理がどれだけおいしいものなのかをきちんと説明すれば学校も喜んで貨してくれるでしょう。

3  学校で何かを教えてみたいという人を募集する。 (もちろん先生、保護者、子どもも可。 )

(調理のポイント)料理の味がどうなるかはここが決め手です。例えば、地域に子どものころから住んでいるタバコ屋のおじいちゃんの「○○町今昔物語」、旅行で世界中の海に潜っている喫茶店のマスターの「海の世界の七不思議」、趣味でフラダンスをやっているいつもはとっても怖いA先生の[みんなでフリフリ]など回でも結構です。実際に食へてみると結構おいしいことがあるものです。

4  何時間目にどの教室でどんな授業をやっているのかが分かる詩間割をつくる。

(調理のポイント)これをうまくつくらないとたくさんの人に食べてもらえません。料理の味をいかにうまく分かりやすく説明できるかがポイントです。

5  地域の人や子どもたちに参加を呼びかける。

(調理のポイント)家族そろって、友達同士で、近所の仲間と、もちろんひとりでも……いろんな人の参加があれば、それだけ味に深みが出ます。

6  先生、保護者が一体となって運営する。

(調理のポイント)ここで気を抜いてはいけません。それそれの役割分担をきちんと決めて運営しましょう。

かくし味として、「ボランティア保険」などの補償制度を加えてもいいのではないでしょうか。

※ 基本的なつくり方は以上ですので、「調味料」はみなさんで考えてみましよう。それそれの「味」は変わってくるのではないでしょうか。

この料理を食べた先生は学校で今まで以上においしい料理(楽しい授業)を作ってくれるでしょう。保護者もそして地域の人も、より学校が身近になるでしょう。みなさんも是非一度お試しあれ!!

Q29 地方分権の時代と言われますが,教育行政の分野では,今と比べて何がどのように変わるのでしょうか?A各都道府県・市町村が,今まで以上に自分から進んで、また責任を持って、それぞれの地域に根ざした特色ある学校づくりや地域の教育・生涯学習・スポーツ・文化などの振興を行うことができるようになります。

これまで我が国の教育は,国,都道府県,市町村や学校が相互に連携協力しながら一体となって,学校教育の充実や教育条件の整備などに努力し,大きな成果をあげてきました。しかし,こうした国,地方公共団体,学校が一体となった教育行政が続くと,それぞれの教育課題についてだれが責任を持って判断し教育改革を進めていくべきかがあいまいになったり,国や都道府県教育委員会が市町村や学校に対し,細かく指導・助言したり指示・命令したりしがちになります。また,教育委員会や学校がどこまで自分の判断で新たな取組ができるのかが不明確となるため,地域や子どもたちの実態に応じた特色ある学校づくりが,どうしても進めにくくなりがちです。

このため,時代の変化に対応し,教育改革と地方分権を一層進めていくには,まず,国,都道府県,市町村の役割分担を見直して,だれがその責任と判断で何を行うことができるかを明確にした上で,国,地方公共団体,学校との新たな連携協力体制を築くことが重要です。

このように,地方公共団体や学校が,自分の判断と責任で各地域や各学校の特色を生かした教育を積極的に行うことができるよう,平成11年7月,学校教育,生涯学習,スポーツ,文化に関する21本の法律を改正しました(「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」(平成12年4月1日施行)。

このうち主な改正点は次のとおりです。

教育長の任命承認制度の廃止各都道府県・市町村の学校教育や生涯学習,スポーツ,文化等の教育行政に関する基本方針や重要施策については,5人から成る教育委員の話合いによって決められています。この教育委員会には,教育委員会の決定を助けるとともに,教育委員会の指揮監督を受けながら,その決定を実行していくため,教育委員会事務局を監督する教育長がいます。これまでは都道府県の教育長にだれを任命するかについては文部大臣の承認が,また,市町村の教育長の任命については都道府県教育委員会の承認があらかじめ必要とされていました(任命承認制度)が,これからは各都道府県・市町村が自分の責任で適任者を選べるよう,この制度を廃止しました。しかし,教育長は重要な役割を担っていますので,今後は,教育長は,教育委員のうちから選ばれることとしました。このような新たな仕組みがとられたのは,教育委員は,選任されるとき,住民の代表からなる議会からあらかじめ同意を得なければならないので,教育長を選ぶ手続がより慎重なものとなり,教育長に適任者を確保しやすくなるためです。

都道府県、指定都市の教育委員の数の弾力化現在,教育委員の数は5人とされていますが,今回の法律改正で,条例の定めにより,6人に増やすことができるようになりました。

これにより,地域の住民の様々な意向を教育行政により反映しやすくなり,より幅広い分野から教育委員を選ぶことができます。

指導行政の改善国は都道府県や市町村に対し,また,都道府県教育委員会は市町村に対して,教育行政についての指導,助言,援助を行っていますが,この指導等により,各地方公共団体の判断が制約され過ぎることがないよう,法律の規定を改めたり,国や都道府県から出している通知等を見直すこととしました。

市町村立高等学校の通学区域これまでは,市町村立高等学校の通学区域は,都道府県教育委員会が定めていましたが,今後は,その学校を設置した市町村教育委員会が都道府県教育委員会と協議をした上で,自分で定めることができるようになりました(平成13年4月の入学生から実施)。

地域の特色ある教育を紹介します

〜食の王国“うまいもんどころ いばらき”の農業教育〜地域との交流・地域での人材育成「さわやか農業教育推進事業」【茨城県】「平坦で広大馨農地」「温和稼気候」「豊が塚自然」に恵まれ,名地でおいしい産物がたくさんとれる茨城県は,全国第1位の農業人口と全国第3位の農業粗生産額を誇る日本でも有数の農業県です。

現在,県をあげて,「うまいもんどころ」のキャッチフレーズのもとに,いばらきの農林水産物のイメージアップと販売力強化のため,積極的なPRを展開しています。

また,県内には,つくば地区を中心にパイ才テクノロジーなどの農業技術開発拠点が集積しているほか,農学部等を有する二つの国立大学が存在します。

▲ 茨城産地マップ

このように農業先進県と言える恵まれた環境の中で,全国でも1・2を跨る広大な敷地を持つ水戸農業高校をはじめ,農業に関する学科を設置する県立高校が7校存在し,平成6年度からそれぞれの学校の特色を生かして,地域交流の促進と青年農業者の育成を目指した「さわやか農業教育推進事業」が実施されています。

スクールファーム 〜地域に開かれた学校を目指し,様々な人たちとの交流を…地域の人々の役に立つことが生徒の自信につながります〜●コミュニティカレッジ        ●緑と花の空間づくり地域住民を対象に,生徒が講師とな   学校で栽培した草花等を生徒自らって,パンづくりや園芸講座などの公  の手で,駅,官公署,公民館等に提開講座が行われています。 供しています。

講座を担当して…  (生徒の感想)      プランターを配付して,…(生徒の感想)園芸開放講座を一般の方々と協力し台    地域の人々や官公署及び会社で働くいいろいろなことを教えたり,楽しくそ    人々と交流を深められたと思う。今までして仲良くやりました。 花を配っていて老人ホームでは高齢の方…最後に一番うれしかったことは,授   が喜んでくれた笑顔は印象深い。こうい業が終わったときの講座を受講した方々    う一瞬一瞬が「花配りをやってよかつからの「今日はありがどうございました。 」と大切に思うようになった。 …こた。 」の一言でした。 れからも多くの人に私たちの学校で育てている花を観賞してもらいたい。

▲水戸農業高校の広大な敷地での放牧

●自然体験学習地域の園児・児童を対象に生徒が指導者となって,芋掘り,なし・ぶどうの収穫等の自然体験活動が行われています。

活動に参加して…(園児・保護者から)・おにいちゃん,おねえちゃん,なしおいしかったです。

・楽しい一日を過ごすことができました。

水戸農業高校の敷地の広さに驚きました。

▲なしの収穫(猿島高校)

ふれあい農業体験  〜高校段階から厳しさと楽しさを肌で体験できる機会に〜県内の先進農家等で5日以内の宿泊を伴う体験実習が行われています。

▲インゲン豆の収穫(水戸農業高校)

実習を経験して…(生徒の感想)…農業は天候によつて左右されて大変だけど,そういう苦しい困難な経験も必要ではないかと思います。農業は,とても疲れるし汚れます。しかし,自分が初めて植えた作物が実ったときのうれしさや,失敗して作物が育たなかつた悔しさなどを経験することこそが大切ではないかと思うのです。

このような体験をいろいろな形で感じとることが,農業を志す生徒には大切なことなのです。この学習はその意味で,こういった経験のいい機会です。

就農促進  〜夢と希望を持った農業担い手の育成を目指して〜就農志向の生徒と卒業生(就業者)を対象に将来の農業に展望が持てるような研修会や講演会等が実施されています。

就農指向者研修会に参加して…(生徒の感想)今日は,茨城県立農業大学校と茨城花き流通センターに行ってきました。この研修に参加してみて改めて農業の重要さ,おもしろさを感じました。特に農業大学校で勉強している人たちは,すごく面白そうにやっていて,輝いて見えました。

農業大学校は,ぼくの父の卒業した学校ということで,特によく見てきました。父に話を聞いて農業大学校に行きたいと思っていたんですが,自分で見学しさらに思いが強くなりました。今回の研修は僕のこれからの歩いていく道を明るく照らしてくれました。

▲水耕ミツバ栽培見学

(真壁高校)茨城県では,他県にはない恵まれた環境を生かして,農業推進に対する様々な取組が行われています。今後は,農業関連機関等との連携・協力を更に深め,国際化や情報化等の社会の変化に対応した最先端技術や新しい経営センスを持った人材の育成を目指しています。

しかし,何よりもまず,このような地域での様々な体験を通して,生徒自身が将来への夢や希望、自信を持って,農業担い手としての意志を確立することが大切です。やがて,茨城の農業ひいては日本の農業をリードする人材が育ってくれることを期待します。

地域の特色ある教育を紹介します 2

〜テーマは環境・教科書は琵琶湖・そして船上で新しい出会いや友情を〜湖上に浮かぶ学校「びわ湖フローティンヴスクール」【滋賀県】滋賀県では,子どもたちの宿泊体験学習の場を母なる湖「琵琶湖」に求め,県内の小学5年生全員を対象に,学校教育の一環として,湖上に浮かぶ学習船「うみのこ」による航海体験学習事業が実施されています。

ここでは,1泊2日の湖上航海を通じて,湖水の調査をはじめとする環境学習や集団宿泊を通じて,いろいろな地域の友だちとの交流や友情を深めることをねらいとした様々な取組が行われています。

一度に240人が宿泊できる学習船「うみのこ」は,昭和58年の就航以来,1,500回以上の航海を数え,航行距離は地球8周分に相当する約32万キロになりました。その中で友情の輪を広げ卒業していった子どもたちは,約28万人に上ります。

ひわ湖学習(環境学習)〜湖の生の姿から,水の大切さや自然の大切さを理解するきっかけに〜○湖のいろいろな箇所での水質の透明度調育や深層水の観察○地域を流れる川の水と湖との比較○湖の中で生活する様々なプランクトンの観察や水草の採取海洋活動〜船ならではの活動を体験できる機会に〜○カッター活動 ○手旗やロープワーク○甲板みがき交歓交流活動〜乗船した子どもたち同士の交流と友情を更に深いものに〜

▲ 期待に胸をふくらます子どもたちを乗せ出発する学習船「うみのこ」

学習船「うみのこ」には,近隣の地域の学校の子どもたちが,一緒に航海するよう計画されています。

1泊2日の船上での様々な学習や集団宿泊生活の中で,同じ学校の子どもたち同士はもちろん,同時乗船校の子どもたちとの交流を通じて,新たな発見や新たな友情が芽生えることを期待して学校紹介や名刺交換,ゲーム,綱引き大会等様々な交歓交流活動の機会が用意されています。

また,規則を守り,互いに協力していくことの大切さを肌で自覚する機会にもなっています。

京都府や大阪府の子どもたちも参加〜琵琶湖・淀川流域の子どもたちとの交流を〜さらに,平成11年度からは,琵琶湖や自然を思いやる気持ちを共有してくれることを期待して,琵琶湖・淀川流域の京都府や大阪府の小学生にも参加を呼びかけ,交流が深められました。

今後も,より多くの子どもたちが,学習船「うみのこ」で様々な体験学習を行う中で,琵琶湖の強力な理解者,応援者に育ってくれることが期待されています。



〜参加した子どもたちの声から〜● とてもうれしかったのはビワクンショウモという植物プランクトンを見つけたこと。

それはびわ湖にしかいないプランクトンだからです。

● 透明度調べでは、中の井川の水が一番汚くて、水無瀬川の水が一番きれいだった。

でも、昔は水無瀬川ももっときれいだったかもしれない。

びわ湖の北湖と南湖は同じ湖なのに、何で南湖の方がにこっているのだろうと思った。

● 最初はみんなばらばらだったけど、声を出してうまく進むようになりました。

漕いでいるとき、みんなの声が聞こえて、「すごい!みんなの心が―つになった」と感じました。 (カッター活動に取り組んで)● 他の学校の友達と会った時、すごくはずがしかった。でも、すぐにしゃべれるようになった。はじめて会った人なのになぜか気楽に話せるようになったり、遊んだりできるようになった。また会いたいなあ。

● フローティングスクールに行くと、いっぱい友達がつくれるよ。それにびわ湖のことがいっぱいわかるよ。それにびわ湖の広さが少しだけどわかる。びわ湖はすっごい広かった。びわ湖学習でびわ湖の70mの深さの水をさわったらすっごい冷たがった。

滋賀県では、「環境こだわり県」を目指し、早くから琵琶湖の総合的な保全をはじめとする様々な環境保全に対する取組が行われています。

琵琶湖は滋賀県だけでなく、日本の、そして世界の大切な宝物です。

その保全には県内だけでなく周辺地域の人たちの協力か欠がせません。

この「うみのこ」で育った県内をはじめ周辺地域の多くの子どもたちが、琵琶湖のファンとして、そして将来の自然の守り手として、今後、琵琶湖だけでなく地球規模での環境保主に主体的に取り組んでくれることを期待します。

Q30  学校は閉鎖的だとよく言われますが、そうした批判をなくすためにも、保護者や地域住民の意見を聞いたり,その意見を学校運営に反映していくことが必要ではないでしょうか?Aそのとおりです。

そのための仕組みづくりとして、次のような取組を行っています。

学校教育活動の自己評価の実施今後,学校が,子どもたち一人一人の個性に合った教育を行い,各地域の特色を生かした教育を行っていくためには,家庭や地域との連携・協力をより一層強くしていくことが求められています。

このため,校長がどのような教育方針を立て,その方針の下でどのような教育活動を行っているのかについて,保護者や地域の方々に十分ご理解いただき,開かれた学校づくりを目指すことが重要です。その際,学校がきもんと教育を行っていることを明らかにしていくためにも,どのような教育を行い,どのような効果をあげているのかについて自ら評価し,その結果を保護者や地域の方々に公表し十分説明していくことが大切です。こうした家庭や地域に対する働きかけや説明を行っていくことにより,学校,家庭,地域の間の信頼関係が築かれ,子どもたちが健やかに育つ環境が作られていきます。

こうしたことから,文部省では,それぞれの学校で,教育目標や教育計画などを年度の初めに立てて保護者や地域の方々に説明したり,その達成状況などを自己評価して説明するよう,各教育委員会に対して積極的な取組をお願いしています。また,より良い自己評価を行うための方法についても研究を行っているところです。

「学校評議員」制度の導入学校,家庭,地域の連携協力を強化するため,これまでも,それぞれの学校では,PTA,同窓会,青少年団体などの関係団体から学校の教育活動について意見を聞く機会をいろいろ設けてきました。今後,学校を地域により開かれたものとしていくため,こうした学校と学校外の地域団体などとの連携というだけではなく,保護者や地域の方々から意見や助言をいただき,それを学校の運営に反映していくことができるような新たな「学校評議員」制度の導入を検討しています。

具体的には,学校の種類や目的などに応じて,学校外の有識者,関係機関・青少年団体などの代表者,保護者など広い範囲から選ばれた「学校評議員」が,校長の求めに応じて,学校教育や学校と地域との連携の進め方など,校長が行う学校の運営について意見を述べたり,助言したりすることなどが考えられます。

この学校評議員は,各学校が様々な特色ある教育活動に積極的に取り組むことができるよう,地域が学校をしっかりと支えていく制度として発展していくことが期待されています。

Q31  創意工夫を凝らした主体的な学校づくりを進めるためには、校長がリーダーシップを発揮する必要があると思いますが、どのような取組を進めているのでしょうか?A学校を運営する仕組みについて様々な改善を行い、校長が今まで以上にリーダーシップを発揮できる環境づくりを進めています。

平成10年9月の中央教育審議会答申「今後の地方教育行政の在り方について」では,今後の教育のゆくえは,各学校がいかにそれぞれの地域や子どもの実情に応じて,校長のリーダーシップの下に各学校の判断によって創意工夫を凝らした教育活動を行うことができるかにかかっているとしています。

このため,学校を運営する仕組みについて,次のような改善方策を提言しています。

教育委員会と学校の関係の見直しと学校の決定権の拡大教育委員会は,学校の管理運営に関する事務をすべて直接行っているわけではなく, 「学校管理規則」という規則を定めて,学校の判断により処理する事務と教育委員会の判断により処理する事務とを区別し,具体的,日常的な学校運営は校長にゆだねるという仕組みがとられています。これにより,学校が自分の判断と責任で創意工夫を凝らした教育活動を行うことができるようにするとともに,最終的には教育委員会が学校の管理運営の責任を負うという仕組みとなっています。

しかし,この「学校管理規則」の現状を見てみると,教育委員会と学校との関係がすべて書かれているわけではなく,多くの事項が別の法律や通知等で定められていて学校管理規則に盛り込まれていなかったり,細かい事項についてまで教育委員会の許可,承認などが必要とされていたりしています。また,内容が全国的に画一的で,各学校や地域の実態に必ずしも合っていないのも実情です。

このため,学校で行うことは,なるべく学校の判断で決められるよう,学校に対する教育委員会の許可,承認,届出事項を減らして,必要なもののみにしていく方向で学校管理規則を見直していくことや,地域や学校の特性等に応じた学校管理規則を定めることができるようにしていくことなどが必要です。

校長・教頭の選考・人事の在り方の見直し学校が個性豊かな特色ある教育を行っていくためには,学校のリーダーであり学校運営の責任を有する校長やそれをサポートする教頭に,適任者を得ていくことが大切です。

このため,校長や教頭になることができる資格を緩やかにして,幅広い分野から校長・教頭にふさわしい人材を確保できるようにすることや,単にある年齢に達したから校長や教頭になることができるというのではなく,本当に優秀な人が校長や教頭になっていくようにしていくことが求められています。また,校長の1校当たりの在職期間を今より長くすることにより,校長が自分の教育理念を実現しやすくするような環境を作っていくことも必要です。

今後,これらの提言を踏まえ,各教育委員会における積極的な取組が求められており,文部省としても,そうした改革を支援していくこととしています。

Q32  日本の学生は、「大学に入学しても、アルバイトばかりしたり,遊んでばかりいて,まじめに勉強しない」と言われていますが、このようなことに対して各大学ではどのように取り組んでいるのでしようか?A 各大学では、教育内容や方法等の充実改善を図り,学生の興味・関心を引き出せる授業運営に努めていますが、さらに十分な履修指導や厳格な成績評価を行うことなどにより、学生が大学で十分な付加価値を身に付けて卒業するよう様々な取組を進めていくこととしています。

大学に関する情報提供の推進各大学では教育研究の内容に関する情報など,進路選択に資するための情報提供を行っています。学生においても,大学進学の目的を自覚し,適切な大学を選択するとともに,入学後においては主体的に勉学に励むことが望まれます。

授業方法等の充実改善各大学では,カリキュラム編成の改善や特色ある授業科目の開設などにより,教育内容の充実が進められています。また,シラバスの作成・公表,少人数教育の拡充,多様なメディアの活用,高等学校での学習内容に配慮した授業の実施など,授業の質を高める様々な工夫に取り組んでいます。

今後さらに,教室外の学習を学生の自主性のみに任せるのではなく,学生が事前に行う準備学習や事後の復習,レポートの提出などについても十分な指示を与えるなど責任ある授業設計を進めていきます。

ファカルティ・ディベロップメント教員自身が自己の授業能力の向上のために努力し,学生の学習意欲を喚起するような授業にするために,教育内容・方法についての組織的な研究・研修(ファカルテイ・ディベロップメント)を行っています。

厳格な成績評価あらかじめ学生に対して成績評価基準を明示した上で,厳格な成績評価を実施していきます。成績評価基準は,学期末の試験のみでなく学生の授業への出席状況,宿題への対応状況,レポート等の提出状況等,日常の学生の授業への取組と成果を考慮するなど,それぞれの授業の目的等に沿って設定します。

取得可能単位数の上限の設定講義等において必ずしも準備学習が要求されない,授業への出席状況が確認されない,学期末の試験結果のみで単位認定が行われるなどの理由から,学生が過剰な履修科目登録をし,安易に単位を修得しているケースもあります。このため,1年間あるいは1学期間に履修科目登録できる単位数の上限を各大学で定めていきます。

学習環境の整備学生が主体的な学習に十分取り組むことができるようにするため,図書館の座席数や必読図書の所要冊数の確保,開館時間や開館日,貸出期間など施設・設備の利用面を含め,学習環境の整備を進めていきます。

自己点検・評価及び第3者評価大学がその教育活動等の状況を公表した上で自己点検,評価を行ったり,学生による授業評価を行ったり,産業界などの外部者による検証などを行い,その結果を大学の教育の質の向上に役立てています。

学力低下は本当に起きているの?

〜 ある大学生が文部省に聞いてみました 〜大学生「最近,大学生の学力低下が新聞,テレビでよく取り上げられていますが,多―体どのようなことが起こっているのですか?」文部省「今言われている学力低下には二つの面があると思います。一つは今の大学生全体の平均的な学力水準が台に比べて落ちている,という指摘,もう一つは会の大学生は一般的に学ぶことに対する意欲,関心,動機,心構えが昔に比べて劣っているということです。このようなことがトップレベルと言われている大学の学生も含めて,指摘されています。 」大学生「その二つの学力低下には何が違いがあるのですか?」文部省「まず一つ目の方は2昭和30年頃の1割程度の大学進学率が,今は5割近くまで上昇しましたから,そのころに比べたら全体として平均的な水準が下がるのはやむを得ないのではないでしようか。要するに,一部の人が大学に行っていた時代ではなく,大学に行きたいと思う人がよりたくさん大学に行けるようになったということですよ。しかし,二つ目の方には問題があると思いますね。 ]大学生[それては,こうした状況に対してどのような対応が必要と考えているのですが?」文部省[まず,大学で何を学びたいのかというモチベーションを持てるような教育をしていきましょうということです。今の大学生の中で,どれだけの学生が興味を持って講義を聞いているのでしようか。おそらく,胸を張って言えるような状況ではないと思います。何かを『学びたい』という気持ちを持って大学に入るようにしなければいけません。また,受け入れる大学側も学生の興味・関心・意欲と務いったものを最大限引き出していけるよう教冑内容・授業方法を絶えず見直し,責任を持った教冑を行っていがなければなりません。 」大学生「他には,何かありませんか?」文部省[もう一つあります。それは,試験の時にだけ詰め込むような教育をやめていきましょうということです。詰め込むからすぐに忘れてしまうのではないでしようか。単に試験があるから勉強するというのではなぜ学ぶのかという意味も分からないし,学んだことがしつかりと身に付くこともありません。自分から『学びたい』と思うようなゆとりある教育を進めていかなければいけません。 」大学生[今回の学習指導要領の改訂により,小・中学校の教育内容を3割削減し,高校も最低必修単位数を減らしたと聞きましたが,これが学力低下を招くことにはなりませんが?」文部省[確かに全員が共通に学ぶ知識の量は減ることになります。しかし,基礎・基本をしつかり習得するようにしたり,知的好奇心・探求心を身に付けることによって[生きる力]としての学力の質を向上させることかできます。また,特に中学校・高等学校では・選択学習の幅をこれまで以上に拡大していますので,生徒の興味・関心に応じ,発展的な内容や高度な内容を学べます。 」大学生「なるほど,よく分かりました。わたし自身はゆとりある教育を受けてきたとは言えませんが,文部省の言うような学校になれば自分から学びたいと思えるようになるのではないてしようか。これからも,子どもたちの『学びたい』という気持ちを育でてあげるような教育を進めでいってください。 」

Q33  最近、ベンチャービジネスという言葉が新聞によくでていますが、こうした新しいビジネスを起こすような人材を育成するために、大学では何か取組を行っているのでしようか?A ベンチャービジネスなどの新しいビジネスを起こすには,創造的な起業家精神を有し,高度な技術を身に付け、それを事業化できる能力を有する人材の育成が重要です。このため,各大学においては、次のような取組が進められています。

教養教育の重視と専門科目の開設大学においては,創造性,主体性に富んだ人材の養成に資するため,課題探求能力の育成を図る観点から学部における教養教育を重視し,授業方法やカリキュラム等の工夫・改善に取り組むとともに,多くの大学や大学院において,「ベンチャービジネス論」など,多様な内容のベンチャービジネスに関連する授業科目が開設されているほか,専門のコースが設けられている大学もあります。

連携大学院の整備連携大学院とは,学外における高度な研究水準を持つ国立試験研究所や,民間等の研究所の施設・設備や人的資源を活用して大学院教育を行う大学院のことを言います。平成11年度現在43大学(国立33大学,公立3大学,私立7大学)の大学院で整備されています。

ベンチャー ・ビジネス・ラボラトリーの整備ベンチャー ・ビジネス・ラボラトリーは,新産業創出のためベンチャービジネスの萌芽ともなるべき独創的な研究開発を推進するとともに,高度に専門的な職業に必要な能力を持つ創造的な人材を育成することを目的とするものです。具体的には,半導体,マルチメディア・コンピュータなど将来の我が国産業を支える基盤技術についての研究開発プロジェクトを実施しており,平成10年度現在国立の理工系27大学の大学院に設置されています。

学術フロンティア及びハイテク・リサーチ・センターの整備私立大学の中には,優れた研究実績をあげ,将来の研究発展が期待される卓越した研究組織として文部省の「学術フロンティア推進拠点」に指定され,「共同研究推進センター」を整備して,内外の研究機関との共同研究を推進している大学もあります。

また,文部省の「ハイテク・リサーチ・センター」に選定され,最先端の研究開発プロジェクトの推進に必要な研究施設,装置,設備等に対する補助を受けている大学もあります。

Q34  3年で大学を卒業できることになったと聞いたのですが、どのような場合に3年で卒業できるのでしようか?また,多くの学生が3年での卒業の対象となるのでしようか?早期卒業に興味のある大学生が,文部省の担当者に質問してみましたので,そのやりとりを聞いてみましょう。

大学生「大学を3年以上の在学で卒業できるようになったらしいのですが,どうすれば3年で卒業できるのでしようか?」文部省「どこの大学でも3年で卒業できるわけではないのです。まず大学がきちんと授業をすることは当然ですが,その他にもいろいろと条件があるんですよ。 」大学生「具体的に説明していただけませんか。 」文部省「要するに教員が学生を適切に指導,評価しなければだめだということですね。ひとつは,講義の時間だけではなく予習とか復習とかも含めて単位を与える,つまり文献の調査とか,レポートの提出とか,教室外の学習についても適切に指示を与えたりすることなどが必要なわけです。それから,各授業において,教員が学習目標を明確にした上で成績評価の基準を公表し,その基準に基づいて学習目標が十分達成されているかどうかを評価しましょうということ。あと,…」大学生「え,まだあるんですか。 」文部省「はい,そう簡単に早期卒業はできないんですよ。学生が多くの履修科目登録をして,十分な学習を行わないまま安易に卒業に必要な単位を修得してしまうことがありますよね。そこで,1年間若しくは1学期間に履修科目登録できる単位数の上限を設けることが必要です。 」大学生「あれ,それでは,4年未満で卒業に必要な単位を取ることなんてできないから,早期卒業できないのではないですか?」文部省「それは,各学期や学年において,上限の単位数を優れた成績で修得した学生は,次の学期とか学年で上限を超えて履修登録を希望することができて,大学が適切と判断すれば上限を超えて履修登録することができるようにするんです。 」大学生「なるほど。通常よりも多くの単位を取ることだけでも結構大変ですね。私たち学生も頑張らなければいけませんね。 」文部省「そうですね。当然学生の皆さんにも頑張ってもらわないと。早期卒業したい学生は,土日や夏季・冬季休暇中も勉強して,必要な学習時間を確保し,通常よりも多くの単位を履修し,しかも優秀な成績が取れるようでないとだめですよ。もちろん学生本人が早期卒業を希望することが前提です。 」大学生「いやいや,これは私には到底無理です。こんなにいろいろと条件が付いたら,相当優秀な学生でないと,早期卒業できませんね。 」文部省「はい,早期卒業というのは優秀な学生が対象の,あくまで例外的な措置ですので,数多くの学生が早期卒業の対象となるとは,あんまり考えられませんね。それに,そもそも今大学に在学しているあなたのような学生は,この早期卒業の対象外で,平成12年4月1日以降に大学に在学することになった学生が対象となるんですよ。 」大学生「あ,そうだったんですね。みんなに教えてあげないと。いや,今日はとてもためになりました。どうもありがとうございました。 」

Q35  私は今,大学で学んでいるのですが、他の大学の授業も受けてみたいと思っています。他の大学で受けた授業についても単位として認めてもらえるのでしょうか?また、専門学校での授業はどうでしょうが?A 大学の単位については、自分の通う大学以外の大学や専門学校でも単位の取れる「単位互換」という制度があります。

単位互換というのは,大学が教育上有益と認める場合,大学と大学との間で,あらかじめ履修できる授業科目の範囲,対象とする生徒数,単位の認定方法などを話し合った上で,学生が国内外の他の大学において修得した単位を,一定の範囲内で自分の通っている大学の卒業に必要な単位の一部として認められることができるという制度です。

この制度ができる前までは,自分の通う大学の授業のみを受けるのが当たり前でした。しかし,幅広くいろいろな授業科目を受けたり,海外の大学に留学して取得した単位を日本で通っている大学での単位として認めてもらいたいという学生のニーズにこたえるため,この制度ができました。

さらに,大学にとっても,単位互換の協定を結ぶことなどを通じて国の内外にわたる大学問で連携・協力が行われたり,学生や教員の相互交流が促進されることによって教育研究活動が活性化するなど,大学教育の―層の充実を図ることができます。

さて,今までは自分の所属する大学以外とはいえ,あくまで大学で取得した単位が認められるという話でした。しかし,大学の単位を取得する方法は,大学で授業を受けること以外にもあります。

まず,ご質問のように専門学校(専修学校専門課程)での学習を大学が,単位として与えることができます。ただし,この場合,1)修業年限2年以上であって,2)大学が大学教育と同じくらいの水準を有すると認めた専門学校,という条件があります。

平成8年度で国公私立大学576大学中,大学入学前の専門学校での学習を認める大学は126大学,同じく入学後のものを認める大学は100大学あります。

また,短期大学や高等専門学校での学習も単位として与えることができます。

さらに,平成11年3月31日より,大学以外の教育施設等における学習について大学が単位認定できる範囲が拡大されました。

その結果,TOEFLやTOEIC等社会的評価が高いと認められる資格試験の勉強をして,その試験でいい成績を取ったと大学が認めれば,単位が与えられるようになりました。

それでは,大学は一体どれぐらいの単位を自分の大学で授業を履修したものとみなして与えてくれるのでしようか?これは,同じく3月31日から,大学が単位認定できる上限が,それまでの入学前,入学後それぞれについて30単位とされていたのを入学前,入学後にかかわらず60単位と改められました。

大学を卒業するために必要な単位数は124単位以上とされていますから,卒業のために最低限必要とされている単位数の約半数を自分の通っている大学以外で取得することができるわけです。

このように,大学で単位を取るとは言っても,実に様々な方法があり,このような方法を取り入れている大学の数も増えています。是非このような方法を積極的に活用して,大学で充実した学習をして下さい。

Q36  私は大学院まで行って将来は研究者になりたいと思っているのですが,我が家の財政事情ではとても大学院まで行けるような状況ではありません。奨学金の制度はどのようになっているのでしょうか?A 日本育英会では、教育費負担の軽減を図り,学生が自立して学べるようにするため、高校生以上の学生及び生徒を対象に奨学金を貸与しています。

平成11年度には、有利子奨学金について、貸与人員を大幅に増員し、貸与月額の選択制の導入など、抜本的な拡充を図りました。

奨学金の申込みは,各学校を通じて行うこととなっており,入学してから採用される在学採用と,入学前に予約採用できる制度があります。大学院の予約棟用については,大学院に入学する前の年の秋に入学予定の大学院に申し込むことになります。

博士課程については,無利子貸与において,月額117,000円を貸与しており,研究者を目指す学生の希望には,ほぼ全員応じられる状況となっていますが,本人の収入額によっては,対象とならない場合もあります。

なお,大学院の奨学金については,将来,大学等の研究者になり, 一定期間従事した場合には,奨学金の返還が免除される制度があります。

この他に高校,大学,短大,専修学校においても一定の条件の下で奨学金の貸与を受けることができます。

これらにおいては,家計や世帯構成の状況又は住んでいる場所によって貸与基準が異なります。

【 貸与月額―覧 】

・無利子貸与(第―種奨学金)Q37  国立大学が独立行政法人になると聞いたのですが、独立行政法人になると国立大学はどのような大学になるのでしようか?A 世界的水準の教育研究を目指し,その実現を図るという観点から、現在,国立大学の独立行政法人化の問題について検討が進められているところです。

国立大学の独立行政法人化については,平成11年4月の閣議決定により, 「大学の自主性を尊重しつつ大学改革の―環として検討し,15年までに結論を得る」とされたところです。このため,文部省では,文部大臣のいわゆる私的懇談会として, 「今後の国立大学等の在り方に関する懇談会」を開催し,有識者から幅広い観点からご意見をいただきながら,検討を進めるとともに,11年9月の「国立大学長・大学共同利用機関長等会議」において,国立大学の独立行政法人化の検討を行う際の基本的な方向について,以下の内容を示したところです。

国立大学における教育研究は,自主性,自律性と自己責任を基本として行われるべきものであり,国立大学の独立行政法人化を検討するに当たっては,これらの特性に十分配慮した特例措置等を講じることが必要です。

このような特例措置等を講じることにより,現行制度と独立行政法人制度とを比較した場合,国立大学を独立行政法人化することに,次のような意義が認められます。

ア)欧米諸国の大学と同様に,独立した法人格を持つことにより,自らの権限と責任において大学運営に当たることが可能となること。
イ)組織編成,教職員配置,給与決定,予算執行等の面で,国による諸規制が緩和され,各大学の自主性,自律性が拡大すること。
ウ)教育研究や教職員配置等大学運営全般にわたり,より自由な制度設計が可能となり,大学の個性化の進展,さらに競争的環境の創出が期待されること。

そこで,独立行政法人化に当たっては,附置研究所・附属病院等を含め各大学に法人格を付与することとし,具体的な特例措置等としては,大きく分けて,以下のような点について検討が必要と考えています。

ア)主務大臣による中期目標の指示,中期計画の認可において,大学の自主性・自律性を確保すること。
イ)法人の業績に対する評価において,教育研究に関しては,国によるのではなく,大学関係者等により構成される第三者機関により評価が行われること。
ウ)学長を含む教員の人事において,大学の自主性,自律性を確保すること。

他方,大学の自主性・自律性の拡大に伴い,各大学の運営責任も当然重くなり,また,独立行政法人制度は独立採算を前提としないとはいえ,従来以上に効果的・効率的な運営が求められます。このため,運営体制について,学長のリーダーシップの下,経営の視点をも踏まえて適時適切な意思決定ができるものに見直す必要があり,関連して,学長の選考方法や副学長・運営諮問会議の構成等について検討します。

今後,特例措置等の具体的な方向について,国立大学協会を始め関係者の意見を聴きながら検討を進め,平成12年度のできるだけ早い時期までには結論を得る予定です。それを受けて,制度の詳細については, 十分に時間をかけて慎重に検討していく必要があると考えています。

Q38  高校2年を終えた段階で大学に入学できるようにたったそうですが,本当なのでしょうか。

A本当です。ただし、次のような条件があります。

まず、学生の条件としては,数学又は物理が特に優れていて、高校を卒業した者と同等以上の学力があるということです。

次に,受け入れる大学の条件としては、数学又は物理学に関する専攻を置く大学院研究科の博士課程があり、このような学生を育成するのにふさわしい教育研究上の実績及び指導体制を持っているということです。

いわゆる「飛び入学」の趣旨は―人―人の能力に応じた教育を展開する観点から,特定の分野において特に優秀なごく少数の者に対し,大学において高度で専門的な指導を受けることによって,その才能の―層の伸長を期待するものです。

千葉大学では「先進科学プログラム」と題し平成10年から工学部で学生を受け入れ,平成10年は3名が入学しました。また平成11年からは理学部においても募集を行い,3名の学生が入学しました。

このプログラムを修了した者は将来研究者として先端的な貢献を行うことが期待されているため,カリキュラムについても独自のものが用意されています。一般の入学者と同じ教室で授業を受けることが基本ですが,基礎的な物理,数学の授業の単位数を多くするほか,「先進科学セミナー」と呼ばれる個別指導の時間が設けられています。そこでは,物理,数学に関する専門性を深く追求するためのセミナーとともに,文系セミナーと称して人文・社会科学系のテーマを設定したセミナーが開講されるなど全人格的な成長にも十分に配慮されたプログラムとなっています。

先進科学セミナーとはどんなもの?

ここでは先進科学プログラムで最も特徴のある先進科学セ稟ナーのうち1年次の内容をご紹介しましょう。

●オムニバス形式のセミナー

学内・学外の先生による広い領域にわたる自然科学の読み切りの話題紹介と、いろいろな研究施設の見学会を催します。

例えば、平成11年度には、宇宙ステーションにおける科学研究、最近の半導体の進歩、計算機シミュレーション等の講義が学外の先生方によって行われます。

●物理数学セミナー

基礎的な数学を復習してから、物理に役立つ数学をじっくり学びます。

●物理セミナー

物理の基本を十分に復習してから、物理の重要な課題をじっくり学びます。

にれら3つのセミナーには元気な理学部生および工学部生も参加しています。 )

●文系セミナー

皆さんが関心を持つテーマについて話し合いながら数人の先生が分担しています。

例えば、平成11年度は、4人の先生がそれぞれ「小説を読む」、「民法をゆっくり読む」、「論文の書き方」、「とにかく議論をしてみよう」などのテーマでセ稟ナーを行っています。

Q39  高校ではいろいろな事情があり中退してしまったのですが、小さいころから興味のあった歴史について大学で勉強したいと考えています。高校を卒業していなくても大学を受ける方法はあるのでしょうか?A 大学入学資格検定(大検(だいけん))に合格すれば、入学資格が取得でき・大学を受けることができます。

大検は,高等学校を卒業していないなどの理由により,大学入学資格のない方に対し,高等学校の卒業者と同等以上の学力があるかどうかを認定することを目的とする国の検定です。所定の科目の全部に合格した方が合格者となりますが,その方が満18歳に達していないときには,満18歳に達した日の翌日(誕生日)から合格者となります。

合格者は,希望する国・公・私立のどの大学・短期大学・専門学校でも受験できます。また,各種の国家試験などの受験に際しても,高等学校の卒業者と同じ扱いを受けることができる場合もあります。

なお,受検科目は,国語,数学1など,必修科目8科目(倫理,政治,経済を受検の場合は9科目)と,選択科目3科目の計11科目(又は12科目)です。

合格するためには, ―度にすべての科目を受検,合格する必要はありません。 ―度合格した科目はその後も有効ですので,数年に分けて受検し,合格要件の11科目(12科目)に達すればよいのです。

平成11年度においては,約1万8,000人が受検し,約9,000人が合格しました。そのうち約8割が高等学校中退者であり,中退者にとって大検は,大学教育にチャレンジしたい時に再トライできる機会を与える制度として,大きな役割を果たしています。

詳細については,各都道府県教育委員会の大検担当課又は文部省生涯学習振興課(TEL03-3581-4211(内線2643))までお問い合わせください。

●大検が受検しやすくなりました

これまで,実用英語技能検定や簿記実務検定試験などの合格者は,その受検科目を免除されていましたが,平成11年4月からは,実用数学技能検定やワープロ実務検定試験も新たにその対象となりました。

引き続き,その対象の拡大を進めています。

また,高等学校や高等専門学校の科目履修により免除する科目の範囲も拡大しました。

●受検資格が拡大されました

平成12年8月の検定(平成13年4月入学)から中学校等卒業の資格を有しない場合でも満16歳以上になれば,大学入学資格検定を受検することができるようになりました。

これにより,インターナショナルスクール,外国人学校等の卒業者や何らかの理由により中学校を卒業していない方など,これまで受検が認められていなかった方についても,広く高等と教育への進学の道が開かれることになりました。

Q40  専修学校の中には、卒業後,大学への入学資格が得られたり、大学へ編入学できたりする学校もあると聞いたのですが、本当なのでしょうか?A 本当です。

専修学校の中には、卒業すると大学への入学資格が認められたり,大学へ編入学することのできる学校があります。

専修学校は,多様な分野の職業人(スペシャリスト)を育成する,実践的な職業教育機関です。目まぐるしく変化する社会のニーズに的確に対応する専修学校は,その道のプロを目指す人や更に自分を磨こうという強い意志を持つ人に,質の高い,多様な学習機会を提供していることから,現在,76万人を数える皆さんの学びの場となっています。とりわけ,最近は社会人,大学,短大生も専修学校で学んでいるなど,様々な人が学習しているのも大きな特長の一つとなっています。

専修学校には,入学資格の違いから,高等学校卒業程度の方を対象とした専門課程(「専門学校」),中学校卒業程度の方を対象とした高等課程(「高等専修学校」)及び特に入学資格を定めないで教育を行う一般課程の三つの課程があります。

大学入学資格付与指定校制度3年制の高等専修学校のうち,文部大臣が―定の要件を満たしていると認めて指定した学科であれば,その卒業生に大学入学資格が与えられ,上級学校への進学に際して大検を受けずにそのまま受験することかできます。

平成10年度現在,274校368学科の高等専修学校が大学入学資格の付与を受けており,高等専修学校全体の約4割を占めています。また約1万3,000人の方が大学入学資格を生かして進学しています。

このように,生徒の様々な志望・能力・適性に応じて,実践的な職業・技術教育を行う高等専修学校では,高等学校と並行して,後期中等教育の多様化を推進しています。

大学への編入学学校教育制度における,いわゆる袋小路を解消するという観点から,平成11年4月より,修業年限2年以上で総授業時数1,700時間以上を満たす専門学校の卒業生が,大学に編入学できるようになりました。

専門学校の卒業生の中には,大学等において更に学習することを希望する方も多く,大学がこうした方に対して編入学の道を開くことは,学習者の要求の多様化にこたえ,専門学校における学習の成果を適切に評価し,学生の選択の幅を広げることにつながることから,大変有意義なことです。


Q41  大学を卒業していなくても大学院に入ることができるようになったと聞いたのですが、どのような人がこれから大学院に行けるようになるのでしようか?A 高等専門学校,短大の卒業者,専修学校・各種学校の卒業者,外国人学校の卒業者など,学歴に関係なく,各大学院が大学院において研究していく能力があると認めた人(ただし22歳以上)が行けるようになります。

各大学院が個別の資格審査をした上で認めれば,大学院入学資格が得られるのは,例えば,次のような人たちです。


私は,高等専門学校を卒業後,コンピュータ会社に就職して,いろいろなソフトの開発に携わってきました。

ますます複雑になるコンピュータの技術に対応するためには,体系的に大学院で研究する必要があると考えていましたが,今回の措置で大学院に進学できるようになったので,大学院に志願しました。


私は,短大を卒業後,発展途上国でボランティア活動を行っていました。今は世界の恵まれない子どもたちに薬や食料を提供する仕事に精力的に取り組んでいます。

なぜ,このように世界で貧困や戦争が絶えないのかが常々疑問でした。

そこで,今回の措置で大学院に進む道が開かれたと聞いて,国際政治を学びたいと考え,大学院に志願しました。


どうも,こんにちは!私はアメリカ人で,日本で作曲家をしています。父の仕事の関係で,日本に来てからはアメリカンスクールを卒業しました。

これからもジャンルの枠組みにはとらわれずに,ずっと自分の音楽をやっていきたいと考えています。

そのためにも,日本の大学院に行って,音楽の理論とかを研究してみたいと思っています。

だから,今度,大学院に志願してみました。


高校卒業後,専門学校に通って簿記の資格を取り,小さな金融会社に就職して10年が経ちました。そろそろ独立を考えています。

そのためには,もつと経済のことや経営のことをきちんと勉強する必要がありますよね。今の経済は本当に複雑ですから,その中で生き残っていくためには,生半可な知識ではだめだと考えたんです。

そこで,経済学や経営学を大学院で学ぼうと考えて,大学院に志願しました。

Q42  近年,大学入試においても受験生の能力・適性を丁寧に見るための取組が行われていると聞きますが、各大学の取組はどのようになっているのでしようか?A 近年、各大学の大学入試においては,受験生の能力・適性を多面的に判定する方向で工夫改善が行われています。

各大学では,大学入試センター試験の利活用,面接,小論文,実技検査,リスニングの実施,推薦入学,帰国子女・社会人等を対象とする特別選抜の導入など,選抜方法の多様化,評価尺度の多元化の取組が進められています。

また,近年,一部の大学においては,アドミッションオフィス入試と呼ばれる新たな試みを行っています。

これは,大学が望む学生像を出願資格として明確に示した上で,志望理由書やエッセイなど多様な出願書類を提出させ,詳細な書類審査と丁寧な面接等を組み合わせることによって,大学での勉強の意欲と能力,目的意識などを総合的に判定し,進学希望者と大学とのより良いマッチングを目指すといった特色を有するものです。

国立大学においても,平成12年度入試から東北大学,筑波大学及び九州大学の3大学がアドミッションオフィス入試を導入することになっています。

国公立大学個別学力検査等の改善状況

Q43  大学入試センター試験は,どのような目的で実施されているのでしょうか?A平成2年度から実施されている大学入試センター試験は、大学入学志願者の高等学校段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的として大学が共同して実施するものであり、各大学における多様な入学者選抜のための基礎資料を提供しています。

また,この試験は,国・公立大学のみならず,私立大学も利用することができます。

大学入試センター試験の具体的な利用方法は,各大学の判断と創意工夫により利用教科・科目やその配点を自由に設定できる「ア・ラ・カルト方式」を採用しています。

すなわち,利用大学においては,このような大学入試センター試験を活用しつつ,各大学の個別試験との組合せなどにより,各大学における,受験生の大学教育を受けるにふさわしい能力・適性等の多面的な判定,入学者選抜の多様化が可能となっています。

【大学入試センター試験利用大学数(平成12年度)】国立大学  95大学(全大学)公立大学  66大学(全大学)私立大学 242大学(私立大学の53%)(ただし,定員の―部について利用)計 403大学

【大学入試センター試験の利用大学数の推移】

Q44  この間子どもを連れて行った博物館には、いろいろな展示物があることはあるのですが,それを見てそこに書いてある説明を読むだけでは、子どもにとってはおもしろくないようでした。何か子どもが興味を持つような工夫をしている博物館はないのでしようか?A 近年、いわゆる「ハンズ・オン」を導入した博物館が増えてきています。

このような博物館では,単に資料や展示物を見るだけではなく,展示物に触ったり,自分で操作して試してみたり、身に付けてみたり,臭いを嗅いだり,味わってみたりと五感を使って,様々な体験活動ができるような工夫を取り入れています。

このような活動を通して,子どもたちの知的好奇心を喚起し,自ら体験的に学ぶことができるような機会を提供していくことが,これからの博物館に求められる大きな役割であると考えています。

博物館が持っている専門的な機能や特性を生かしたいろいろな体験活動を展開している例としては次のようなものがあります。

博物館における体験活動実施例

○ 神奈川県立生命の星・地球博物館では,巨大隕石,最古の岩石,アンモナイト化石など多くの実物標本に実際に触って重さや感触を体験できたり,臭いを出す昆虫などの臭いを嗅いで,その臭いを発する理由を考えるなど,単に見るだけでは得られない様々な体験を通して,理解を深めたり,感動することのできる展示を工夫しています。

○ ベルナール・ビュフェ美術館では,絵画の世界に入り込めるような空間をつくり,そこで,絵画に登場する人物の衣装を身に着け,その絵画の時代背景や雰囲気等を感じることができるなど,絵画に楽しく親しみ,創造する喜びを知る活動を展開しています。

○ 大阪府立近つ飛鳥博物館では,昔の遊び道具を再現し,親子で遊んでみたり,当時の衣装を作成し身に着けてみるなどの活動を実施し,単に身に着けるだけにとどまらず,遊びの意味を考えたり,当時なぜその衣装が必要であったかやその機能的な発達の歴史などについて考えられるような活動を展開しています。

【親しむ博物館づくり事業】このような,博物館活動を支援していくため,文部省では,平成11年度から,青少年が楽しく遊びながら博物館を利用できるようにするための展示の開発や教育普及活動などのアイディアを広く全国から募集して優れた事業を実施する「親しむ博物館づくり事業」を開始しました。

子どもたちが自然科学の原理,技術,歴史伝統文化などを体験を通して学習することができるハンズ・オン手法を取り入れた展示活動や伝統工芸品を作ってみる活動,博物館と学校等が連携した活動を進めるなど,子どもたちに「博物館に行ってみたいな」と思わせるような博物館が少しでも多くなることを目指しています。

「ハンズ,オン」ってなに?「ハンズ,オン」とは,「実践的に学ぶ」ということで,欧米では日常用語として使用されています。その際,教える側が知識を一方的に教えるのではなく,学ぶ側が自分のべースで能動的に学習することに重点が置かれます。

博物館活動における「ハンズ・オン」とは,ただ単に展示物や標本資料などを見るだけではなく,五感(触覚,味覚,嗅覚,聴覚,視覚)を使って,触ったり,遊んだり,試したり,操作したりすることによって,人々が驚き,楽しみ,なぜそうなるのかを考え,不思議に思う気持ちを持つこと,人の心の動きを誘発するような活動です。


Q45  公民館は全国に1万7,000以上もあると聞きましたが、この施設は、地域においてどのような役割を果たしているのでしようか?A公民館は、地域の課題や特色に応じた様々な取組を行うなど、地域の人々の学習活動の拠点としての役割を果たすとともに、地域の人々の交流の場としても利用されています。

ここでは,全国各地の公民館における特色ある活動を紹介します。

青少年の科学技術に対する理解の増進やものづくり体験の推進【島根県出雲市】島根県出雲市の公民館では,小学生を対象にして,川の水を飲めるようにする実験教室や炭焼き体験教室,近くの山へ出かけ動物や植物の生態調査を行う事業を企画するなど,子どもたちが日常生活と深くかかわっている自然環境や科学の楽しさ,不思議さを感じることができる学習機会を広く提供しています。

また,夏休みには,市内の発明クラブの会員や大学教員が指導者となって,カビの観察,実験やくだものを材料にした電池の作成,空気の重さの測定等,実験を通して科学の不思議を探る教室が開催されるほか,博物館の学芸員が指導者となり,遺跡の発掘や土器づくりなどの体験教室も実施しています。

【島根県東伯町】島根県東伯町の公民館では,1年を三つの期間に分けて,モデルロケットづくりや手作り楽器の作成,ソーラーカー模型づくり,河川の水質調査,和紙人形づくりなど多様な科学,ものづくり教室を総合的に展開しています。また,各期間の終わりには,活動の成果を発表する場として, 「まなびタウンメイト祭り」を開催しています。


多様な学習機会の提供【神奈川県川崎市】神奈川県川崎市の公民館では,外国人を対象とした日本語教室を実施しており,主に外国人配偶者を対象とした「昼間教室」,昼間働いている外国人やより高度な日本語を学びたいという外国人を対象とした1夜間教室」等を実施しています。

日本語指導と併せて,時事問題についての討論や生活相談への対応をしたり,教室の卒業生を講師に招いた授業を実施したりしそいます。

日本語学校

【滋賀県大津市】滋賀県大津市の公民館では, ―般成人を対象として,環境問題についての関心の向上と知識の普及を図る学習機会を提供しています。ここでは,環境問題の解決方法と実践的態度の育成に努めるため,ダイオキシンなど地域環境問題や琵琶湖の水質調査,周辺地域の動植物の観察等の取組を実施しています。

住民,企業,行政等が連携したまちづくりの展開【新潟県新潟市】新潟県新潟市の公民館では,行政,地域の大学や企業,地域住民からなる研究会が発足しています。この研究会の提言に基づき公民館では,生活に結び付いた事業,社会の変化に即した事業,地域課題等につながる事業等を展開しており,住民が主体となったまちづくりを進めています。

ごみ問題シンポジウム

Q46  将来の優秀な研究者を育成するためには,子どもたちが大学等で行われている最先端の研究に身近に触れることのできるような機会を用意することも大切と考えます。

何かそのような取組をしているところはあるのでしようか?A平成11年度に創設した,大学等の研究者グループと特殊法人の日本学術振興会が共催により実施する「ふれあいサイエンスプログラム」があります。

このプログラムは,我が国の将来を担う中学生や高校生に対して,大学等の研究者が,様々な実験や実習を通じて,最先端の研究に直接触れる機会を提供することにより,最新の学術研究への理解や興味を深めてもらうとともに,次世代の研究者の養成に貢献することを目的としています。

具体的な実施方法については,おおむね次のとおりですが,プログラムの内容は,それぞれのプログラムごとに異なりますので,日本学術振興会研究事業課ふれあいサイエンスプログラム担当へお問い合わせください。

なお,インターネット(http:llwww.jsps.go.jp)及びFAX情報サービス(03 - 3221 - 2470)により詳細を入手することもできます。

【平成11年度】

1,実施件数 50プログラム(全国各地から選抜)1  ,実施期間 3日間程度(夏季及び冬季休業中若しくは土,日曜日)1,参加資格 全国の中学生,高校生(ただし,プログラムの全期間参加可能な生徒)1,募集人数 1プログラム当たり20名〜40名程度1,募集方法 日本学術振興会が都道府県,指定都市教育委員会等の協力を得て,各1学校に対し,参加者を募集1,参加費  無料(交通費,宿泊費,食費等は自己負担)1  ,照会先  日本学術振興会研究事業部研究事業課ふれあいサイエンスプログラム担当(電話番号 03-3263-1721(代))* また,同種の事業として,科学技術庁,科学技術振興事業団等が主催する「サイエンスキャンプ」もありますので,詳細については日本科学技術振興財団振興部サイエンスキャンプ′ 99事務局(電話番号 03 - 3212 - 2454)へお問い合わせください。

▲ 実験に取り組む生徒たち

Q47  大学と企業が連携,協力していくことは、お互いにとってプラスになることだと思います。産学連携の推進のために、どのような取組が行われているのでしようか?八 大学においては、産学連携の推進のための様々な研究協力制度が設けられています。

従来,大学の役割は,優れた人材を養成するとともに研究者自身の自由な発想による研究を展開することを基本としてきました。

こうした中で,各方面から寄せられる期待や要望に対し,大学が積極的に対応していくことは,大学が外部からの新たな刺激を受け,研究における新たな発見,教育の活性化にもつながなると考えています。

このように,大学と企業とが連携,協力することはお互いにとってプラスになることです。

このため,次のような取組が行われています。

企業等との共同研究(緑色発光ダイオードの開発)(信号機)

共同研究企業等の研究者と大学の研究者とが共通の課題について共同して研究を行うものです。この制度に対する関心は高く,今後さらに増加することが期待されています。

【企業等との共同研究の実施状況】

大学における受託研究等企業等から委託を受けて大学の研究者が職務として行う研究です。受託研究の受入れは,年々増加しており,大学における研究能力への期待がうかがえます。

さらに,奨学寄附金は,学術研究や教育の充実のために企業や個人篤志家から大学に受け入れる寄附金です。

こうした産学連携を―層促進するために,各種の税制上の特例措置もあります。

技術移転機関(TLO)の設立支援TLOは,大学の研究成果が社会で活用しやすくなるよう,研究者の発明を特許化し,特許を実施する企業を探し,その実施料収入の―部を研究者や大学に還流する組織です。 「大学等技術移転促進法」(平成10年8月施行)に基づいて国の承認を受けると,助成金の交付や債務保証,特許料の軽減などの支援があり,平成11年9月までに8つのTLOが承認を受けて活動しています。

Q48  ワールドカップサッカー大会に日本は初出場を果たし、我々に大きな感動を与えてくれました。2002年には、日本と韓国の共同開催となっており、日本の―層の活躍が期待されますが、2002年大会の準備はどのように進められているのでしようか?八 日本での大会の準備や運営は、財団法人である2002年ワールドカップサッカー大会日本組織委員会(JAWOC)が行っています。

JAWOCでは,選手が最高のプレーができ,また,観客のみなさんが快適にゲームを観戦できるようにするために,競技日程の提案,放送施設,チケット販売システム,警備システムの整備などの様々な準備を,韓国側の組織委員会と協力しながら進めています。

また,国内の10開催地では,競技会場となるスタジアムの整備などが行われています。

これに対して,国も大会招致の閣議了解(平成7年2月),大会の支援のための特別措置法の制定(平成10年5月)などの様々な支援をしています。

今回は,史上初の2か国共同開催,アジアでの開催ということもあり,JAWOC,開催都市,国がそれぞれ協力して,大会を成功させるために必要な準備を進めていきます。

FIFAワールドカップ FRANCE, 98 ◎J.LEAGUEPHOTOSFIFAワールドカップ FRANCE′98 ◎J.LEAGUEPHOTOS

2002年ワールドカップサッカー大会の概要

1  1.会期:  2002年(平成14年)6月1日〜6月30日  112.参加国:  ,予選 170か国以上,決勝 32か国予選を通過した29か国前回優勝国(フランス)開催国(日本,韓国)i3.大会形式: 総試合数 64(うち半分の32試合が日本で 1開催),開幕戦,3位決定戦は韓国,決勝戦  1は日本,予選は4か国ごと8組に別れ,各組  1ごとのリーグ戦,決勝は予選通過の各組上位2か国,   1計16か国でのトーナメント戦1  4.試合開催地:  10の県,市札幌市,宮城県,茨城県,埼玉県,横  1浜市,新潟県,静岡県,大阪市,神戸  1市,大分県

Q49  中学生になったら好きなスポーツに打ち込みたいと思っているのですが,私が入る中学校にはやりたい運動部がありません。もっと身近にスポーツができるようにならないのでしようか?1細昏A生徒数の減少に対応した運動部活動の活性化や総合型地域スポーツクラブの育成,定着を図り、子どもたちの多様なスポーツニーズに対応できる環境づくりを進めています。

運動部活動の活性化生徒数の減少や新規採用教員の減少,教員の高齢化による運動部活動指導教員の減少等により,地域によっては,運動部活動が1校では維持できない場合や多様な種目を維持することができなくなっている現状があります。

こうした状況に対応するため,文部省では,隣接する複数校による合同部活動の実施の検討や,指導者不足に対応するために地域の優れた人材を外部指導者として迎え入れる場合の補助など外部指導者の活用の促進を図っています( 第2編第7章第 2節2(3)参照 )。

総合型地域スポーツクラブの育成,定着また,我が国では,スポーツ活動が学校に過度にゆだねられていたため,学校を卒業するとスポーツに親しむ機会が減少することにもつながっているという指摘もあります。

こうした状況を改善するため,文部省でも地域におけるスポーツ環境の充実を図っています。特に,だれもが身近に多種目のスポーツに親しむことのできる「総合型地域スポーツクラブ」の育成,定着を進めています(第2編第7章第3節2参照)。

そんな状況を解決するのが、総合型地域スポーツクラブです。

〜成岩スポーツクラブ〜

1  このような総合型地域スポーツクラブとの連携により運動 11 部活動の活性化を図っている例として,愛知県半田市の「成 11 岩スポーツクラブ」があります。

i 成岩地区では,学校を地域に開き,地域全体で子供の育成 11 環境を整備するという観点に立ち,運動部活動と地域のスポー11 ツ活動と連携,融合を進め,平成8年に成立したのが住民が{1 自主的に運営する総合型地域スポーツクラブ「成岩スポーツ 11 クラブ」です。

【スポーツクラブの運営】1  1) 地域住民によるクラブの運営1  2) イベントプロモートやスポーツサークルなど五つの  1部門の設置による豊かなクラブライフの創造1  3) 学校を地域の財産として活用●夜聞及び土,日の学校施設はすべてクラブが管理,   1運用●校長はじめ教員の約60%がボランティアとしてクラ  1ブの運営に参加↑連携↓【運動部活動の活性化】1 1) 部活動の全員加入制を希望加入制へ1  2) 部活動は平日3日のみ。

1  3) 土日は希望者のみ成岩スポーツクラブで好きなスポー   1ツ活動を選択1  4) クラブ活動に参加している地域住民が,外部指導者  jとして運動活動の指導に参加

成岩スポーツクラブ

Q50  美術品などの日本の文化財は世界に誇れるものだと思います。もっと外国に紹介し、文化財について興味を持ってもらうべきだと思うのですが、何かそのための取組を行っているのでしようか?A国民の貴重な財産である文化財を積極的に海外に紹介していくため,古美術品などの海外展を実施したり,文化財に関する情報をインターネットで公開するなどの取組を進めています。

海外展(海外古美術展)日本の歴史,文化に対する理解を深め,文化の国際交流を推進することを目的に,昭和26年のサンフランシスコ平和条約締結記念展(日本古美術展)以来,平成10年の「江戸:日本の美、術1615 - 1868」展まで47回の海外展を実施しています。

この海外展は,国宝,重要文化財を含む大規模な展覧会であり,各国からの開催要望も年々増えています。海外展は国家間の相互理解と信頼を築く上で極めて重要な文化交流ですので,これからも引き続き充実に努めていきます。

なお,最近の開催状況は右の表のとおりです。

文化財情報,美術情報システム平成7年から,文化庁や国立の博物館,美術館,文化財研究所が所蔵する収蔵品や文化財,美術品に関する情報をデータベース化し,インターネットで公開する「文化財情報,美術情報システム」を開設しました(http:l/ www.buI1ka.go.jpl)。

平成9年度には,各公私立博物館,美術館が,インターネットで公開している文化財や美術品の情報を「作品名」, 「時代」,「収蔵者」などで検索でき,国民が自宅等の端末から文化財の画像や参考情報を入手できる「共通索引システム」を開設しています。現在は,英語でも利用することができます(http:l/www.tnm.go.jplbncal)0

【最近の海外古美術展の開催状況】

Q51 最近よく「世界遺産」という言葉を耳にしますが,これはどのようなものなのでしょうか?A 世界遺産とは,ユネスコで採択された条約により人類全体のための世界の遺産として登録された遺跡や自然地域などのことです。

世界には,様々な歴史的建造物や考古遺跡などの文化遺産や大自然の美しい風景地や貴重な動植物の生息地などがあります。

しかし,これらの中には,開発あるいは自然災害などによって,損傷を受けそうなものも少なくありません。そこで,この文化遺産や自然遺産のうち,世界的に特に重要なものを,人類全体の宝物として,国際的な協力によって保護を行っていこうという目的で誕生したのが「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」いわゆる「世界遺産条約1です。昭和47( 1972 )年のユネスコ総会で条約が採択され,平成11年7月現在,157か国が締結しています。日本は平成4 ( 1992 )年に条約を締結しました。

世界遺産は,この世界遺産条約に基づき,条約加盟国の中から選出された21か国で構成される「世界遺産委員会」が,厳格な登録基準と手続に従って決定します。平成10年12月現在,582件の世界遺産が登録されており,ヴエルサイユ宮殿(フランス),自由の女神像(アメリカ合衆国),トロイ遺跡(トルコ),万里の長城(中国)(以上「文化遺産」)や,バイカル湖(ロシア連邦),ガラパゴス諸島(エクアドル),グレート・バリア・リーフ(オーストラリア),キリマンジャ口国立公園(タンザニア連合共和国)(以上「自然遺産」)などの世界遺産は皆さんもよくご存じでしよう。日本国内には,現在,文化遺産7件と自然遺産2件の合計9件の世界遺産があります

(別表参照)

毎年開催される世界遺産委員会では,登録されている世界遺産の保全状況を調査し,もし損傷や破壊の危険がある場合は,その国の保護活動に対する国際的な援助を行っています。

【日本の世界遺産(平成11年7月現在)】

姫路城

屋久島ごかやま白川郷・五箇山の合掌造り集落みQ52  以前,テレビでミュージカルを観てとても感動しました。私たちもミュージカルに参加してみたいのですが,身近に劇団がありません。何かいい機会はないでしょうか?A 文化庁では,「地域こども文化プラン」という子どもたちの学校の内外における文化活動や鑑賞の機会を確保するための取組を実施しています。

このプランの中で,子どもたちへのミュージカルなど舞台芸術への参加機会の提供として「舞台芸術参加事業」を実施しています。参加の形式は出演から裏方まで様々ですが,子どもたち一人一人がその個性を輝かせることができるような事業を目指しています。

みなさんの地元でも,そうした機会がないかどうか調べてみて,もしあったら積極的に参加してみてはどうでしょうか。

なお, 「地域こども文化プラン」ではその他にも右のような取組を実施しています。

将来の文化立国を担う子どもたちの文化活動への参加や優れた芸術に身近に接する機会を充実させ,子どもたちが仲間との連帯感や物事を成し遂げた時に得られる達成感を味わうことを通じ,人と人とのつながりの大切さを知り,人を思いやる心を育てていけるよう,様々な取組を進めていきたいと考えています。

▲ミュージカルに出演する子どもたち

地域こども文化プラン

【主な施策】

舞台芸術参加事業は,地域の人たちが協力して創り上げる舞台芸術に,舞台上の主役として,また裏方として,あるいは演出家として,様々な形で子どもたちが参加することにより,子どもたちが持つ個性を輝かせます。


美術体験事業は,子どものための企画展,文化財の公開,美術品の鑑賞指導,美術・工芸の実作体験といった様々な美術に触れる機会を通じて,美術するこころを育みます。



Q53  中学校から高校にかけて6年間,学校で週に何時間も英語を勉強してきたはずなのですが,いまだに英語を習得しているとは言い難い状況です。私の努力が足りなかったのかもしれませんが,英語の授業をもっとコミュニケーションを重視したものにするべきではないでしょうか?A 外国語を聞いたリ話したリすることなどに一層慣れ親しみ、外国人と積極的に意思疎通ができるように,コミュニケーション能力の育成を一層重視して,次のような外国語教育の改善を図っています。

コミュニケーション能力の育成を目指して今回の学習指導要領の改訂では,中・高等学校の外国語教育について,外国語を必修科目として位置付けました。特に,中学校においては,英語が国際的に広くコミュニケーション手段として使われている実態を考慮し,英語を原則履修科目としました。

これまでも外国語で積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てることとしていましたが,今後は一層,実際に話したり聞いたりすることに重点を置き,外国語を使ってあいさつや自己紹介,買い物,旅行など,日常的な会話や簡単な情報交換ができるよう基礎的・実践的コミュニケーション能力の育成を図ることとしています。

なお,小学校でも,新設される「総合的な学習の時間」の中で,国際理解教育の一環として,子どもたちが外国語に触れたり,外国の生活や文化などに慣れ親しんだりするなど,小学校段階にふさわしい体験学習を取り入れることにより英会話の学習などもできるようになります。

語学指導を行う外国青年の招致事業生徒たちがネイティブ・スピーカーから直接語学指導を受けることによって,より生きた言語を学ぶことのできる機会を拡大するため,地方公共団体を事業主体として,文部省,外務省及び自治省との協力の下,昭和62年度から語学指導等を行う外国青年を招致しています(JET(JapanExchangeandTeaching)プログラム)。

これにより招致した外国語指導助手(ALT:AssistantLanguageTeacher)は,主に中・高等学校において,日本人外国語教員と協力してテイーム・テイーチング(協同授業)を行うほか,学校のクラブ・部活動や教員との交流など幅広く活動していますが,小学校でも活用することができます。

【外国語指導助手(ALT)の招致人数の推移】


Q54  国際化時代において,語学力が必要なのはよく分かリますが,日本や世界の歴史を知ること,日本人としての自覚と誇りを持つことなど,語学力と同様に大切なものがいくつかあると思います。このことについてどのように考えているのでしょうか?A 国際化時代において,日本人が地球という舞台で活躍していくためには、外国語のコミュニケーション能力を身に付けることはもちろん必要ですが,それ以上に,新しい時代を積極的にひら切リ拓き、世界の中で信頼される日本人を育てていくことが大事です。

このためには,我が国の優れた文化や伝統をしっかり継承するとともに,世界の様々な異文化の多様な生活・習慣・価値観などについて, 「違い」を「違い」として認め合っていく態度や相互に共通している点を見付けていく態度,それぞれの歴史的伝統・多元的な価値観を尊重し合う態度を育成していくことなどが重要です。

このため,今回の学習指導要領の改訂では,国際社会に生きる日本人としての自覚を育成するために,小学校では人物・文化遺産中心の歴史学習の徹底,中学校では歴史の大きな流れをつかむことを重視する歴史学習の改善を図るとともに,我が国の国土や歴史に対する理解と愛情を育てたり,国際協調の精神など国際社会に主体的に生きる日本人としての資質を育成することを重視して教育内容の充実を図っています。

長期滞在者数(総数) (資料出所 外務省「海外在留邦人数調査統計)

長期滞在者数(地域別) (資料出所 外務者「海外在留邦人数調査統計」)

パリにある国際機関で働くKさんの1日


AM7:00  起床秋のヨーロッパの朝は7時でもまだ暗い。起きるのが大変だ。

AM8:00出勤。

職場までは地下鉄で2駅,所要時間約15分。

でも今朝は晴れているのでエツフエル塔を見ながら20分歩いていく。

AM8:30仕事開始。

職場はフレックスタイム制なので出勤している人はまだ一部。

まずはインターネットで日本の新聞のチェック。興味深い日本の教冑に関するニュースがあれば簡単に訳して同僚にメールで参考情報を送る。日本の情報は積極的に発信しないと情報が不足しがちだ。日本語のみのホームページが多いので,同僚たちも日本の情報収集には苦労しているようだ。

次にメールのチェックをする。担当しているプロジェクトの会議の出席者との連絡や準備はほとんどメールベース。上司にも逐一状況を報告するかわりに同じメールをコピーで送信しておく。

AM10:00同じプロジェクトを担当してる上司と秋の会議についての打ち合わせ。


彼はイギリス人なので打合せは英語。

でもこの国際機関では公用語は英語とフランス語なので,フランス人の同僚が一緒の場合には,時々,フランス語に変わってしまうので大変だ。

AM11:00担当プロジェクトのための情報収集や資料作成などを進める。

途中で同僚から日本に関する質問を受ける。日本人だと当たり前と思っていることを改めて説明するのはなかなか難しい。

そのためには,やはり,日本の文化や歴史をよく知っていなければならない。

PMO:00今日は同僚のフランス人のBと約束していた昼食。

Bは話し出すと長くなるので,今日は時間のかからない日本食に行くことを提案する。それにしても職場近くの日本食レストランはお寿司好きのフランス人でいっぱいだ。

同僚のBの愚痴を聞きながら,人間の感情なんて基本的にはみんな同じなんだなあと実感。やはりコミュニケーションがうまくできればお互いへの理解は深まるはずだ。


PM1:30午後の仕事開始。担当するプロジェクトに協力してもらっているオランダ人とイギリス人の専門家との打合せ。

今後のプロジェクトの進め方等について情報交換をする。黙っているとどんどん話が進められてしまうので,自分の意見はしっかりと主張しておかなければならない。

PM4:00職場のスタッフミーティング。今日は禁煙のルールなど職場環境について。国際機関では職員の文化的背景が違うからこそみんなが気持ちよく働くために意識的にルール作りをしなげればならない。


PM8:00会日は職場の友人たちと家で夕食会。

様々な国出身の同僚たちと得意料理を持ち寄って集まる。今日はフランス料理はもちろん,イタリア料理,オ―ストラリア料理,ベトナム料理,ドイツ料理,スリランカ料理などがテーブルに並ぶ。みんなで夕食を食べながら,それぞれの家族の話をする。親子関係,夫婦関係など国によって様々な事情があるのでおもしろい。


PM11:00帰宅。日本にいる夫や友人達へメールを送る。

時間や距離を飛び越えてしまうメールは本当に便利だ。

AMO:00  就寝

Q55  昭和58年に策定された「留学生受入れ10万人計画」は、21世紀初頭に達成できるのでしょうか?また、そのために、どのような取組が行われているのでしょうか?A 21世紀初頭における10万人の留学生の受入れを目指す「留学生受入れ10万人計画」を今後とも雑持しつつ,留学生一人一人を大事にする質的充実を一層重視することにより量的拡大を図リ、留学生交流の推進に努めていきます。

「留学生受入れ10万人計画」の下,大学関係者をはじめ,関係団体や地域社会の方々の積極的な留学生支援活動もあり,昭和58年当初1万人程度にすぎなかった我が国で学ぶ留学生の数は,年々増加し,平成7年には約5万4,000人にまで達しました。

しかし,我が国の生活コストが諸外国に比べて高いことや留学情報が海外において不足していることなどの事情に加え,最近の経済不況やアジア諸国において高等教育機関が整備されてきたことなどから,留学生の数は過去数年にわたって停滞しています。この結果,平成10年5月現在で約5万1,000人と,近年中に10万人の受入れを達成することは困難な状況になっています。

しかしながら,10万人という目標は,我が国に対する国際社会の期待や我が国の高等教育の規模の大きさ等にかんがみると決して過大なものではありません。また, 「未来からの大使」とも言われる留学生を通じた国際交流の意義がますます高まっていることや,この目標に向けた関係者の皆様の取組や国民の理解の広がりなどを踏まえ,文部省では今後ともこの目標を維持しつつ,最善の努力を図ることとしています。

具体的には,留学に必要な費用を我が国が負担する国費留学生の受入れ,自己負担で来日する私費留学生に対する奨学金の支給,良質で低廉な宿舎の提供など様々な取組を推進していくこととしています。また,現在,東京都江東区の臨海副都心青海(あおみ)地区に,科学技術庁や通商産業省と連携協力して,留学生や研究者などの国際交流,産学官連携,情報発信の拠点として,国際研究交流大学村を建設しています。

文部省では,21世紀の我が国の留学生政策を「知的国際貢献」として位置付け,諸外国の人材養成に寄与するとともに,我が国の安全保障と平和の維持,国際的な知的影響力の強化などのために様々な取組を展開する必要があることを明確に打ち出しています。

台湾大地震〜はばたけ,台中日本人学校〜 平成11年9月21日(火)年午前1時47分頃(現地時間),台湾中部を震源とするマグニチュード7.6の大地震が発生しました。この地震による被害の中には,台中市の東の山のすそ野に建っていた台中日本人学校(江原要七校長)が大きく損壊して,地盤も割   きょくれて■曲し,使えなくなったこともあります。日本人学校はその地域に進出している日本企業の駐在員など在留邦人の団体が中心になって,子ども等の教育のために設立されているもので,文部省では,国・公・私立の小中学校の教員を派遣するなどして,日本人学校を支援しています。 携帯電話で安否確認を試みながら,停電の暗闇の中,道路の通行規制に還いながら,夜明けころ,学校にたどり着いた江原校長は,学校の姿を目の当たりにして茫然となりました。涙をボロボ口流す派遣教員もいました。しかし,悲しみに浸ってはいられません。まずは,教職員,児童生徒の安否確認です。電話がなかなかつながらず,教員たちは手分けして家や避難所をまわって,安否を確認しました。今回の地震では,幸いにも,台中日本人学校の児童生徒とその家族,教職員とその家族も全員無事でした。 そうするうちに,避難所に児童生徒・家族を訪れる江原校長は,子どもたちから, 「学校はこわれちゃったの? どうするの?],「23日の水泳大会はどうするの?」などと問いかけられ,学校再建の意志を固くしました。しかし,まずは,間借りしてでも授業を再開することです。幸い,台中市内のエンゼル幼稚園が,教室を貨してくれることになり,引っ越しに要する期間も見込んで,10月11日授業再開と決めました。地震発生から2日目のことです。校舎の再建にも光が射し込みました。10月7日夕方に李登輝総統が台中日本人学校を視察し,江原校長が土地探しに悩んでいることを知り,翌朝に候補地を提示させました。 11日朝9時20分,エンゼル幼稚園の礼拝堂で,授業再開集会が開かれました。そこには2久しぶりの学校にニコニコと笑顔満面                 はつらつで登校してきた児童生徒,それを迎える溌刺とした教員たちの姿がありました。挨拶に立った江原校長は,「みなさん,おばようございます。 」の後,万感胸にこみ上げられたのか,しばし言葉につまりましたが,最後には, 「みんな,いままでよりもいい学校をつくるからな。 」と力強く締めくくりました。目頭にハンカチを当てる保護者の姿もありました。 在留邦人が主体となって設立し,運営される日本人学校の新校舎の再建には,資金集めなど,途は平坦ではありません。政府では,建設資金の補助,災害後の子どもたちの心のケアなどの支援をしていきます。

台中日本人学校の被害状況

台中日本人学校の被害状況 (運動場)再会を喜びあう子どもたち(平成11年11月11日)授業再開に当たって子どもたちを励ます江原校長(平成11年10月)

Q56 最近,地域で外国人を多く見かけるようになっていますが,外国人の人たちはどのようにして日本語を学習しているのでしょうか?Aそれぞれ次のような日本語学習の機会が設けれられています。

我が国に在留する外国人は年々増加し,平成10年末現在で151万2,116人(総人口の1.2%)となっています。

このうち永住者を除く外国人の内訳は,1)大学の留学生や日本語教育施設の就学生が 90,339人,2)研修生が27,108人,3)日本人の配偶者や日系二世,三世などが476,119人,4)その他が291,790人となっています。

留学生や就学生の人たちそれぞれの大学や日本語教育施設で専門的な日本語教育を受けています。

研修生の人たちこれらの人たちは,主として開発途上国から来日し,研修先の公共機関や企業などで専門技術,技能,知識に関する研修に従事しています。

このために必要な日本語については,研修先の公共機関や企業,あるいはそれらの契約する日本語教育施設などで学習しています。

日本人の配偶者や日系二世、三世などの人たち最も多くを占めるこれらの人たちは,ブラジル,ペルーなどからの日系南米人や,中国からの帰国者,国際結婚による配偶者が大半を占めており,必ずしも大都市ばかりでなく地方に分散して居住し,地域社会の中で生活をしています。

このような地域に住む外国人の人たちの日本語学習を支援するため,最近では市町村などの地方公共団体や国際交流関係団体又はボランティア団体の人たちにより日本語講座が開かれるなど日本語学習支援活動が行われるようになってきています。

地域に住む外国人の人たちは,日常生活や仕事上で,日本人とのコミュニケーションを図り,地域の生活に円滑に適応するために,日本語能力を必要としています。潜在的には日本語を学習したいという意欲があっても,日本語を学ぶ機会がないまま生活をしている外国人の人たちに,日本語の学習機会を充実していくことが大切です。

【在留資格別外国人登録者(非永住者)の推移】

Q57 これからの時代はパンコンを使う必要がますます高まってくると思われますが,高等学校で新設される教科「情報」では,どのような授業が行われるのでしょうか?A 教科「情報」のねらいは、単にコンピュータを使う技能を覚えるだけではなく、誤った情報や不要な情報に惑わされることなく、必要な情報を取捨選択し、自らの情報を発信できる「情報活用能力]の育成を図ることです。

教科「情報」には三つの科目があります平成15年度に高等学校に入学する生徒から,新しく「情報」という教科を学習することになります。

教科「情報」は, 「情報A」「情報B」「情報C」の三つの科目から構成され,卒業までにいずれか1科目以上を学習しなければなりません。どの科目を何学年で学習するかは各学校によって異なります。

また,標準単位数は2単位ですので,週当たりにすれば2時間分学習することになります。

三つの科目は,扱う内容や程度が科目によって違います。生徒のコンピュータに関する学習経験や興味・関心はかなり多様です。

このため,A,B,Cはこの順に学習していく科目ではなく,生徒の実態に応じて選択して学習する科目としています。

● 情報A「情報活用の実践力」に重点を置き,高校生の生活レベルに視点を置いて日常生活でコンピュータやインターネットを使いこなせるよう,インターネットやよく使われているソフトウェアを活用した学習活動を行います。

● 情報B「情報の科学的な理解」に重点を置き,コンピュータの機能や仕組み,内部で実際にどのようにデータが処理されているかを科学的に理解し,コンピュータを問題解決に役立てる学習活動を行います。

● 情報C「情報社会に参画する態度」に重点を置き,コンピュータ内部の仕組みよりもネットワーク社会そのものについてより深く理解できるよう,インターネット等を使ったコミュニケーションや調査活動などの学習活動を行います。

いずれの科目も情報社会に必要なルールやマナーを育てることを重視しています。

他の教科と大きく違う点は,コンピュータやインターネットなどを活用した実習が中心となっている点です。科目によって総授業時数の2分の1又は3分の1以上の時間が実習に充てられます。

もっと専門的に勉強したい人のために専門教科も準備しますすべての高校生が学習する教科「情報」(普通教科「情報」)のほかに,将来,情報関連の仕事に従事したいという人のために,専門教科として「情報」も設けました。専門教科「情報」は「情報産業と社会」「アルゴリズム」「コンピュータデザイン」など,11科目から構成されます。工業科や商業科などのように,専門教科「情報」を中心に学ぶ情報科が高等学校に設置されることになります。

コンピュータも計画的に整備します各学校にコンピュータ教室を設け,授業の中で,小学校では2人に1台,中学ろう校,高等学校,盲・聾・養護学校では1人に1台のコンピュータを利用できるよう,計画的な整備を進めています。

【教育用コンピュータの整備計画】

(万台)  コンピュータの設置状況の推移Q 58  インターネットからはいろいろな情報を引き出すことができて非常に便利ですが,その一方で情報が無制限に流されるとか,プライバシーの問題などもあります。学校におけるインターネットの利用はどのようになっているのでしょうか?A 学校の授業の中でインターネットを積極的に活用するとともに,それを正しく利用することができる能力を育成します。そのために、平成13年までにすべての学校でインターネットに接続できるようにします。

情報化の「光と影」と呼ばれるように,インターネット上には教育に役立つ情報が豊富にある一方で,子どもたちに悪影響を及ぼすようなものも少なくありません。また,情報を発信するときには,プライバシーや著作権についてのマナーやルールを守ることが必要です。

このため,新しい学習指導要領では,中学校や高等学校の情報に関する教科を必修とし,情報化が社会や生活に及ぼす影響や「情報モラル」の必要性などをしっかりと学習することとしました。

また, 「総合的な学習の時間」や各教科のインターネットを活用した学習活動でも,あふれる情報の中から,自分に本当に必要な情報を選択し,主体的に自分の考えを築き上げる力を育成することとしています。

学校によっては, 「生徒向けのインターネット利用てびき」などを定めて, 「ネットワークのエチケットを守りましょう」「他人が作った絵や写真を勝手に使ってはいけません」などのルールを作っているところが増えてきています。

今後,学校でインターネットを活用する機会はますます増えていきます。

このため,文部省では,平成13年度までにすべての学校でインターネットが使えるよう計画的な整備を進めていますが,現在の,学校のインターネットの接続状況は次の表のとおりです。

また,情報を高速・大容量で送受信できる通信衛星や光ファイバーなどを活用した教育用ネットワークの効果的な利用方法の研究開発も各学校にお願いして,実際に進めています。

○ インターネット接続学校数

〜様々な機関がインターネット利用を支援しています〜

様々な団体が,学校のインターネット利用を支援するプロジェクトに取り組んでいます。

これらは,学校がインターネットを導入する際のノウハウの提供や情報交換,共同研究や教科ごとのデータベースなどを提供しています。

主なものとしては,現在,次のようなものがあります。

●国立教育会館( http://www.naec.go.jP/)

特色ある授業実践やいじめ問題対策などの教育情報の提供,情報教育指導者養成講座の実施,ソフトウェアライブラリー,EDドメイン名取得の支援などを実施しています。

●Eスクェア(e2)プロジェクト(http://www.edu.ipa.go.jp/E-squave/)

ホームページを通して,「酸性雨/窒素酸化物(NoX)調査」,「全国発芽マップつくり」などの共同学習等や学校間交流,各種情報提供を行っています(平成6〜10年度「100校プロジェクト」「新100校プロジェクト」)。

●こねっと・プラン(http://www.wnn.or.jp/wnn-s/)

ホームページ「こねっとワールド」を通して, 「マースビルプロジェクト〜火星についての日米共同学習」や「国際環境調査プロジェクト」などの共同学習やテレビ会議システムによるセミナー,教員研修会などを実施しています。

●(社)日本教育工学振興会( http://www.japet、or.jp/)

文部省の委託を受け「先生のためのインターネット活用ガイドブック」や教室でコンピュータを活用するヒントとなる「実践事例アイディア集」などを作成しています。

Q59 文部省が平成11年7月から放送等を開始している「エル・ネット」とは一体どのようなものなのでしょうか?A 「エル・ネット」(教育情報衛星通信ネットワーク)とは、通信衛星を利用して,教育・文化・スポーツに関するあらゆる情報を直接全国に発信する総合的なネットワークです。

このネットワークシステムは,通信衛星を活用し,現在,全国の学校,社会教育施設等に1,100か所以上の受信局が整備され,また,文部省本省,国立教育会館,国立オリンピック記念青少年総合センター,国立科学博物館,道府県・政令指定都市の教育センターなど27か所が送信局として整備されています。

「エル,ネット」の

具体的な利用方法としては,1)子ども放送局,2)大学公開講座(エル・ネット・オープンカレッジ),3)都道府県の教員,教育関係者などを対象とした教員等研修(エル・ステップ)などの「放送」,様々なコンテンツを受信局からのアクセスにより送信する「イントラネット送信」,文書や資料の「-斉データ送信」などがあります。

このうち「子ども放送局」は, 「全国子どもプラン(緊急3ケ年戦略)」の一環として運営され,学校が休業となる土曜日の11時から16時に,子ども向けの番組を放送するものです。 「双方向」というエル・ネットの特色を生かして,子どもたちがそれぞれの受信会場で様々な活動やものづくりに一緒に参加したり,自由に質問ができる「参加型」の番組が企画されており,全国各地の送信局から放送されている「地域発信型」番組の企画も期待されています。

また,毎週月曜日の13時から「文部省ニュース」が放送されているほか,文部省関係の会議・研修の多くが全国向けに中継されており,各受信局では文部省からの最新情報を直接受信することができます。


Q60  この間,男女共同参画社会基本法が成立したと聞きましたが,「男女共同参画社会」とは一体どのような社会なのでしょうか?また、教育とはどのようなかかわりがあるのでしようか?A 「男女共同参画社会」とは,男女が互いに尊重しあい,性別にかかわりなく一人一人が個性と能力を十分に発揮することのできる社会のことです。男女が性別による差別的取扱いを受けることなく、自分の意思によって,仕事などを通じて能力を発揮したり,政策や方針決定の場にかかわる機会が確保される社会であるとともに、子育てや介護を始めとした家庭生活についても、男女が共に役割を果たすことができる社会です。

そのような社会の実現のためには、男女平等の意識を高める教育,「男だから」「女だから」という意識にとらわれることなく、一人一人の個性を大切にする教育が、重要な役割を担っています。

平成11年6月,男女共同参画社会基本法が公布・施行されました。この法律では,国,地方公共団体,そして国民が,あらゆる分野で男女共同参画社会の実現に取り組んでいくことが求められています。文部省でも教育の分野で様々な施策を推進しています。

学校では,男女の平等やお互いに理解しあい協力することを,教科はもとより,学校生活全体を通じて学ぶための教育を進めています。

また,生涯学習を通じて,女性がもっと社会に参加していくための力を付けることが出来るように,ウイメンズ・ライフロング・カレッジの開催や国立婦人教育会館における研修事業等,様々な形の学習の機会を提供しています。

〜社会における意思決定や政策決定の場への女性の参画国際比較〜我が国は,基本的な人間の能力がどこまで伸びたかを示すHDIでは,174か国中4位ですが,政治及び経済への女性の参画の程度を示すGEMでは102か国中38位と低位です。このような状況を是正し,社会のあらゆる分野の女性が男性とともに参画していくために,文部省では多様な選択を可能にする教育・学習機会の充実に努めています。

●HD1  人間開発指数(HumanDevelopmentlndex)基本的な人間の能力が平均でどこまで伸びたかを測るもので,基礎となる「長寿を全うできる健康的な生活」, 「知識」及び「人並みの生活水準」の三つの側面の達成度の複合指数である。

具体的には,平均寿命,教育水準(成人識字率と就学率),国民所得を用いて算出。

HD1  人間開発指数

●GEM ジェンダー ・エンパワーメント測定(GenderEmpowermentMeasure)女性が積極的に経済界や政治生活に参加し,意思決定に参加できるかどうかを測るもの。

HDIは,人間の能力の拡大に焦点を当てているのに対して,GOEMは,そのような能力を活用できるかどうかに焦点を当てている。

具体的には,女性の所得,専門職・技術職に占める女性の割合,行政職・管理職に占める女性の割合,国会議員に占める女性の割合を用いて算出。

なお, 「ジェンダー」とは社会的・文化的に形成された性別。生物学的な性別であるセックスと区別して用いられる。

また、「エンパワーメント」とは「力をつけること」の意。具体的には,自ら意識と能力を高め,政治的,経済的,社会的及び文化的に力をもった存在となることを意味している。

Q61 幼稚園でも,その地域の共働きの家庭や幼児を持つ家庭への支援など,その機能を多様化できないでしょうか?A 幼稚園でも,子育ての支援のために次のような取組が行われています。

幼稚園における子育て支援活動幼稚園は,幼児教育の専門機関として,その機能を活かして,園児の保護者だけでなく,広く地域の方々の子育てを支援する活動を行っています。

例えば,幼稚園の教員やカウンセラーなどの専門家による子育て相談を実施したり,地域の子どもと保護者のための親子登園日を設けたり,園庭や園舎を広く地域に開放したりといった事業を行っています。

このような活動を通じて,幼稚園は,地域の幼児教育のセンターとしての役割を果たしています。

幼稚園における子育て支援活動の実例● 教員や専門家による子育て相談● 子育て公開講座の開設● 子育てサークル活動の支援● 未就園児の親子登園日の設定● 高齢者,ボランティア団体,子育てサークル等との地域交流など預かり保育幼稚園の教育時間は4時間が標準となっていますので,園児は普通,午後の早い時間には帰宅することになります。しかし,地域のニ―ズに応じて,通常の教育時間終了後に「預かり保育」を実

【預かり保育の実施園数】

施している幼稚園があります。 「預かり保育」では,園児は,教育的配慮の下に家庭的な雰囲気の中で友達や教師と過ごすことができます。

幼稚園と保育所の連携強化保育に欠ける子どもを預かる施設として,保育所があります。

幼稚園は,保育所とも連携することによって,より総合的な子育て支援のための活動を行っています。

例えば,文部省と厚生省で共同計画を作成し,幼稚園と保育所で子育て支援のための事業を連携して実施したり,幼稚園教諭と保育士の合同研修や人的交流を実施してお互いのレベルアップを図ったりといった取組が行われています。

また,幼稚園と保育所を同じ建物に併せて作ったり,同じ敷地内に作ったりしている例も見られます。

文部省と厚生省では,共同して,これらの取組を推進しています。

▲子育てサークル活動

Q62  近年、少子化が進行しているという話題をよく耳にします。子どもを産み育てたいと考えていながら,負担の重さが大きく意識されて、結婚や育児をためらう場合があるように思われますが,文部省としては、どのような対策を行っているのでしようか?A 文部省では、少子化に対応し、家庭教育等の充実を図るため,様々な取組を行っています。

少子化の現状近年,我が国では,少子化が急速に進行しています。1人の女性が一生の間に産む子どもの数を「合計特殊出生率」といいますが,これが昭和25年頃から急速に低下を始め,平成10年には,過去最低の1.38を記録しました。現在の人口を将来も維持するのに必要な合計特殊出生率が2.08ですから,これを大幅に下回っていることになります。

(右図参照)

文部省における少子化への取組このような状況から,政府においては,平成6年からの「エンゼルプラン」の推進を始め,平成11年5月には「少子化対策推進関係閣僚会議」を設置するなど,少子化に対する様々な取組を行っています。

文部省でも,少子化対策の充実を図るため,地域で子どもを育てる環境を整備し,親と子どもたちの活動を振興する体制を整備するための「全国子どもプラン(緊急3ケ年戦略)」の推進をはじめ,次のような様々な取組を行っています。

● 中・高校生の保育などの体験を地域ぐるみで支援し,中・高校生と乳幼児との交流や触れ合いを進めるための体験促進事業を実施しています。

● 幼稚園で教育時間が終わった後の預かり保育について調査研究を行っています(Q61をご参照ください)。

● 子育て相談や未就園児の親子登園など,地域の幼児教育センターとしての機能強化等について調査研究を行っている幼稚園に対し,支援を行っています。 (Q61をご参照ください。 )● 乳幼児を持つ親に「家庭教育手帳」を,小・中学生等を持つ親に「家庭教育ノート」を,順次作成・配布しています。

(Q7をご参照ください。 )● 子育てで悩むお父さんやお母さんなどの相談にいつでも応じられるよう,家庭教育24時間電話相談を全国配置しています。 (Q7をご参照ください。 )● これから親になる世代の男女に子育ての楽しさや意義を理解してもらうためのリーフレットを作成・配布しています。

● 教育費負担の軽減を図り,学生が自立して学べるようにするため,日本育英会の育英奨学事業の充実を図っています。

(Q36をご参照ください。 )また,平成11年度の補正予算では,少子化対策に関する保育・教育等の事業に対して,少子化対策臨時特例交付金が措置されました。教育関連では,幼稚園に対する緊急的な設備整備や,幼稚園において預かり保育を実施するための環境整備,教育・文化・スポーツ施設をはじめとする公共施設等への子どもスペース(幼児・児童室等)の設置,託児サービスの実施等の事業が交付対象となっており,今後の各地域における少子化対策の充実が期待されます。

出生数及び合計特殊出生率の年次推移

Q63 2001年1月に中央省庁が再編されるそうですが,文部省はどのようになるのでしょうか?A 文部省と科学技術庁が統合して「文部科学省」になります。

少子高齢化,国際化,高度情報化など急激な変化を遂げる中で,これまでは有効に機能してきた戦後型行政システムが制度疲労をおこし,また,縦割行政や組織の肥大化などの弊害が叫ばれるようになりました。

新しい時代に見合った簡素で透明,効率的な政府を実現するため,これまでの行政システムを根本から問い直し,内外の変化に機動的に対応できる行政システムづくりを進めていくため,中央省庁の再編をはじめとする様々な行政改革が進められています。

文部省と科学技術庁との統合文部省が所管する学術行政は,大学を中心として,研究者の自由な発想に基づき,あらゆる学問分野にわたるボトムアップ型学術研究を推進してきました。

一方,科学技術庁が所管する科学技術行政は,科学技術の振興を図るため,主として,社会的,経済的にニーズに対応した研究開発を推進してきました。

最近では,基礎研究の重要性が高まるなど,両者の関係がより密接になってきているため,両省の統合により,学術行政と科学技術行政のそれぞれの利点を生かしつつ,総合的な学術・科学技術行政を推進することが可能となります。文部科学省では,具体の組織においても,学術行政と科学技術行政を融合させた局編成を行うこととし,学術・科学技術の一層の総合化を図ることとしています。


文部科学省の組織21世紀に向けて,我が国が創造力と活力のある国家として発展し,国際的にも積極的な役割を果たすためには,文部科学省において,

1) 豊かな人間性の育成等を目指した教育改革の推進
2) 学術及び科学技術行政の総合的,積極的かつ計画的な取組の強化と学術・科学技術研究の調和及び総合性の確保
3) 文化行政の機能の充実等に取り組むことが重要です。

これを踏まえ,文部科学省の新たな任務は,「教育の振興及び生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成,学術,スポーツ及び文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに,宗教に関する行政事務を適切に行うこと。 」となりました。

文部科学省の組織編成

みなさんも文部省に来てみませんか! 〜文部省見学〜

文部省では,広く小・中学生や高校生のみなさんに文部省の仕事を理解していただき,学校などでふだん疑問に思っていることを学習していただくなどし,みなさんにとって身近な文部省となるよう,省内の見学を受け付けています。

最近は,修学旅行などでの班別学習コースの1つとして,多くの小・中学生や高校生のみなさんが訪れるようになりました。

● 見学時間

10:00〜12:00及び13:00〜17:00(平日のみ)の1時間程度

●内容

1) 文部省の役割についての説明を聞いていただくとともに,みなさんからの質問にお答えします。 (30分程度)2) また,大臣室や総務課広報室,記者会見室,中庭「学問の木」など,省内を見学していただくことができます。 (30分程度)

● 見学人数

原則,20名程度で受け付けていますが,学級単位や学年単位など多人数での見学を希望される場合には,あらかじめご相談ください。

● 問い合わせ先

文部省大臣官房総務課広報室〒100-0013  東京都千代田区霞が関3-2-2TEL 03(3581)4211(内 2171 )    FAX 03(3595)2017

【見学者数等の推移】

見学者用パンフレット

〜見学後に寄せられたお手紙やレポートから〜


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ