ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1編   進む『教育改革』 はじめに
  第1部
第1章  教育改革による成果


プール開き

昭和59年(1984年)に臨時教育審議会が発足してから,15年が経過しました。この間,文部省では,臨時教育審議会の4次にわたる答申に沿って教育改革を進めてきました。

その結果,我が国の教育は,子どもたち一人一人の個性や能力を生かす教育システム,生涯にわたり能力・適性や意欲・関心に応じて学ぶことができる生涯学習社会の実現に向けて大きく変わりつつあります。こうした教育改革の姿を,臨時教育審議会発足時と現在とを比べて分かりやすく示したのが次の表です。

(1)生涯学習体制の整備


(2)初等中等教育の改革




(3)高等教育の改革





(4)学術の振興


(5)文化の振興


(6)スポーツの振興


(7)国際化への対応

(8)情報化への対応

(9)教育行財政の充実


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ