ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   心と体の健康とスポーツ
第2章   健康教育の充実のために
第3節   薬物乱用防止に関する指導充実
2   政府における薬物乱用対策の取組


平成9年1月、政府は、最近の薬物乱用事犯の増加を考慮し、薬物乱用対策について、関係行政機関相互の緊密な連携を確保するとともに、薬物に対する強力な取締り、国民の理解と協力を求めるための広報啓発その他総合的かつ積極的な施策を推進するため、内閣総理大臣を本部長、文部大臣等を副本部長とする薬物乱用対策推進本部を内閣に設置した。

同本部は、平成9年4月、薬物乱用対策推進要綱を決定するとともに、9年度に緊急に取り組む対策として、青少年の薬物乱用問題に対する緊急対策を決定し、

1) 全国の高等学校における薬物乱用防止教室の開催、
2) 全国の中学校・高等学校における薬物乱用防止教育の充実等の施策を実施

した。また、国連総会の場で麻薬問題を議論するための特別な会期が開催されることを受けて、国内における薬物乱用対策を推進するための長期的な総合計画を策定することとなった。

これを受けて、平成10年5月、同本部は、「薬物乱用防止五か年戦略」を策定した。同戦略は、基本目標として「第三次覚せい剤乱用期の到来に対し、その早期終息に向けて緊急に対策を講ずるとともに、世界的な薬物乱用問題の解決に我が国も積極的に貢献する。」を掲げるとともに、具体的な四つの目標として、

1) 中・高校生を中心に薬物乱用の危険性を啓発し、青少年の薬物乱用傾向を阻止
2) 巧妙化する密売方法に的確に対処し、暴力団、一部不良外国人の密売組織の取締りを徹底
3) 密輸を水際で食い止めるとともに、薬物の密造地域における対策への支援などの国際協力を推進
4) 薬物依存・中毒者の治療と社会復帰を支援し、再乱用を防止

を掲げて、それぞれについて現状と問題点及び対策を示している。

なお、同戦略は、平成10年6月に160か国以上の首脳・閣僚等が参集して開催された国連総会麻薬特別会期の場で、我が国の代表から説明された。

薬物乱用防止五か年戦略
(青少年対策関連部分抜粋)

目標

1

中・高校生を中心に薬物乱用の危険性を啓発し、青少年の薬物乱用傾向を阻止する。
2

対策

(1)

学校等における薬物乱用防止に関する指導の充実

(初等中等教育段階での薬物乱用防止指導)

○ 学習指導要領の改訂
○ 学校における指導の徹底 (全中学・高校における薬物乱用防止教室の毎年開催)
○ 研修会の充実
○ 児童生徒用教材及び教師用指導資料の充実
○ 薬物乱用防止教室の開催(毎年1回)
○ 教育委員会における学校への支援体制の強化・充実
○ 社会教育施設等における講座の開設や相談窓口の設置
○ PTAなど関係団体が積極的な役割を果たすよう協力を要請

(2)

街頭補導体制の強化とその協力体制の確保等

○ 街頭補導体制の強化や地域住民等の協力体制の確保
○ 関係機関や地域ボランティア等による相談体制の充実
○ 少年補導委員や少年警察ボランティア等の資質と事案対応能力の向上
○ 薬物乱用事犯への取組体制の強化
○ 継続補導の徹底やグループミーティングの実施
○ 供給源に対する取締りの徹底強化

(3)

少年の再乱用防止対策の充実強化

○ 少年院における処遇技法の研究及び指導者の育成
○ 少年院における効果的な教材の開発
○ 少年院における相談体制の充実
○ 薬害教育の充実や再乱用を防止するための個別指導の強化
○ 医療機関や薬物依存者のための自助グループなど民間組織を含めた関係機関等との連携
○ 警察、児童相談所、医療機関、保健所、教育委員会等関係機関の実務担当者が一体となって少年に対する個別指導を行うフォローアップ事業の拡大

(4)

関係機関等による相談体制の整備

○ 全国の中学生に対し各都道府県の主要電話相談窓口の電話番号を記載した電話相談カードの配布
○ 青少年向けの雑誌やポスター等の媒体による相談窓口の周知
○ 連絡会議の開催等を通じた相談機関間の一層の連携強化
○ 覚せい剤乱用防止推進員の全国協議会の組織化
○ ボランティアに対する予防啓発指導を行うための講習会の開催
○ 少年鑑別所における臨床心理学の専門家の相談活動

(4)

広報啓発活動の推進

○ 「ダメ。ゼッタイ。」普及運動などによる広報啓発活動のより一層積極的な展開
○ 視聴覚機材の整備充実
○ 「薬物乱用防止キャラバンカー」や「薬物乱用防止広報車」の全国展開



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ