ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第2章   生涯学習社会の実現に向けて
第2節   学習機会の充実
3   社会に開かれた高等教育機関-高等教育へのアクセスの拡大-


現在進められている大学改革においては、社会人の学習機会の一層の拡大・充実に努めることなど、生涯学習への対応が重要な位置を占めている。大学等の高等教育機関は高度で体系的かつ継続的な学習機会の提供者として、生涯学習社会の中で重要な役割を果たすことが期待され、広く社会に開かれることが求められる。


(1) 社会人特別選抜

多くの大学では、社会人を対象とする特別選抜制度が実施されている。平成8年度には、259大学において実施されており、これによる入学者は4,508人となっている。


(2) 夜間部・昼夜開講制

平成8年度には、夜間の学部・学科は、160の大学・短期大学に置かれており、在学者数は14万2,060人となっている。また、専ら夜間に教育を行う夜間大学院も、8年度現在、11大学に設置されている。

また、学生の都合に合わせて、昼間・夜間の両方の授業を受けることができる昼夜開講制を実施している大学は、平成8年度現在、38大学であり、大学院についても、128大学において実施されている。


(3) 科目等履修生

社会人等に対し、パートタイムの学習機会を拡充し、その学習を適切に評価する科目等履修生制度により、大学等における授業科目の一部を履修して単位を修得することが可能である。

平成7年度において、科目等履修生を受け入れている大学は、452大学、科目等履修生の数は1万541人となっている。


(4) 通信教育

平成8年度に通信教育課程を設置している大学・短期大学の数は26(放送大学を含む。)であり、在学者数は合計約24万人(うち放送大学が約6万人)である。また、学校教育としての通信教育課程以外に、文部省認定社会通信教育を実施している大学が4校ある。


(5) 大学公開講座

平成8年度に通信教育課程を設置している大学・短期大学の数は26(放送大学を含む。)であり、在学者数は合計約24万人(うち放送大学が約6万人)である。また、学校教育としての通信教育課程以外に、文部省認定社会通信教育を実施している大学が4校ある。


(6) 大学入学資格検定制度

大学入学資格検定制度は、高等学校教育を受けられなかった人などに対して、能力に応じて広く大学教育の機会を提供するための制度であり、この資格検定を受け一定の科目に合格した場合に、大学入学資格が与えられる。平成8年度は、受検者数約1万7,000人、合格者数約5,100人となっている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ