ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第10章  第10章情報化の進展と教育の対応
第3節  新しい情報手段の活用
2  新しい学習システムの開発


テレビやラジオ等の情報手段を利用した学習システムとしては,従来から学校放送などがあり,昭和60年度からは放送大学が活動を開始している。

さらに,最近では,多様な情報手段を利用した学習システムが実用段階に入っている。例えば,放送教育開発センターでは,放送を始めとした多様なメディアを利用して行う大学教育の内容・方法等に関する研究・開発が行われている。また,衛星通信とコンピュータを活用し,情報処理教育の一部について,全国の関係する専門学校に対して映像を送ることにより行っている学校法人がある。

新しい情報手段の活用に関しては,更に様々なものが考えられる。例えば,ビデオディスクやコンパクトディスクは,高画質・高音質な視聴覚メディアとして活用され始めており,教育への利用の可能性も大きい。また,大量の情報が小型のディスクに記録できるCD-ROMは,現在,国語辞典や百科事典等の電子出版物としても実用化されており,データペースとしての活用も期待されている。さらに,ハイビジョンは,これまでのテレビ方式と比較してはるかに細かく鮮明な映像情報の提供を可能にするものであり,映像教材としての利用にとどまらず,新しい教育・文化サービスを可能にすることが期待される。例えば,美術館・博物館で絵画や彫刻などをハイビジョンで撮影し,映像データベース化したり,説明を付して作品の理解を助けるなど多彩な利用が可能である。このようなハイビジョンの社会教育施設等への導入が各地で行われている。

このような新しい情報手段を教育に利用し,教育活動の充実を図るため,文部省は,平成4年度から,1)新しい教育メディアの応用に関する調査研究協力者会議(開発推進委員会)の開催,2)マルチメディア教材の開発委嘱,3)視聴覚教育メディアの利用に関する調査研究協力校の委嘱,4)マルチメディア教材開発養成講座,から成る「新教育メディア開発研究総合事業」を実施している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ