ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第10章  第10章情報化の進展と教育の対応
第1節  施策の概要


現在,書籍,新聞,ラジオ,テレビ等の情報手段に加えて,コンピュータ,高度情報通信網,衛星通信・衛星放送等の新しい情報手段が急速に発達し,全世界にわたり情報ネットワークの構築が進められて,世界的な規模で情報の受発信が迅速に行えるようになっている。企業活動においても,コンピュータ等の新しい情報機器の活用による業務の迅速化・効率化等が進んでいる。また,日常生活においても,多くの電気製品にコンピュータが組み込まれ,その利便性が高められるとともに,ビデオテックス等により種々の生活情報を効率的に入手できるようになり,加えてVTR,ビデオディスク,テレビゲーム等により,教養文化活動や娯楽活動が一層豊かなものとなっている。さらに,情報化の進展は時間的・空間的制約を超えた人と人とのつながりを可能にし,情報ネットワークを通じた新しい形のコミュニティーの形成を可能にしつつある。

文部省では,情報化の進展に対応するため,1)膨大な情報の中から必要とする情報を入手し,効率的に利用するなどの情報活用能力(情報リテラシー)の育成,2)新しい情報手段の教育活動への活用,3)情報化社会をリードしていく質の高い技術者等の養成,4)文教施設の情報化及び情報ネットワークの整備の推進の諸点を重視して各種の施策を展開している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ