ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第9章  国際化の進展と教育・文化・スポーツ
第4節  留学生交流の推進
3  海外留学援助体制の整備



(1) 海外留学の現状

近年,国民の所得水準の向上,円高等の経済的要因や大学間交流の活発化等により,我が国の学生で外国の大学等に留学する者が増加してきている。日本人学生の海外留学に関する正確な調査データはないが,例えば,法務省出入国管理統計によれば,平成4年に「留学・研修・技術修得」の目的で海外に出国した日本人は13万401人であり,対前年比8.3%の増となっている。これを渡航先別に見ると,その約80%が欧米諸国となっている。

また,上記統計では留学先の教育機関が不明であるが,諸外国の高等教育機関に在籍している日本人留学生については,ユネスコ統計年鑑(1992年版)によれば,主要50か国ではあるが,3万9,258人となっている(2-9-10 )。

2-9-10  主な海外留学先国

2-9-11  海外派遣制度


(2) 海外留学に関する施策

文部省では,特定の政策目的を達成する観点から2-9-11 のような国費による日本人学生の海外派遣制度を設けている。

このほかの公的留学制度としては,外国政府等の奨学金によるものがあり,毎年400人程度の日本人学生等が留学している。文部省は,その募集・選考に協力している。

こうした公的留学制度によるもの以外には,個々の自由な選択と責任において行われるいわゆる私費留学があり,これが海外留学のほとんどを占めている。文部省では,(財)日本国際教育協会の留学情報センターを通じて,留学希望者がそれぞれの目的に適した留学先の選択を行い得るよう,適切な留学情報の提供に努めている。

また,高校生の留学については,昭和63年4月に高等学校における留学が制度化されたことにより,3か月以上にわたって外国の高等学校で学習した留学生の数が増加しつつあり,平成2年度には,4,483人となっている。なお,3か月未満の期間,語学学習やホームステイを行うことを目的とした海外学習旅行は,急激に増加しており,昭和63年度に1万7,713人であったものが,平成2年度には3万1,284人となっている。

海外留学又は短期の海外学習旅行(以下,「海外留学等」という。)は,それが円滑かつ安全に実施されれば,国際理解,異文化理解の増進という観点からも大変意義深いものであるが,留学等を希望する学生・生徒の増加に伴い,留学先や留学斡旋事業者との間で様々なトラブルが発生する場合がある等の問題が指摘されている。

特に,こうした海外留学等の大半が,海外留学等の斡旋を行う事業者の用意したプログラムを利用していることもあり,当該斡旋事業者に対する指導の強化等が強く求められていた。

このため,「海外留学等斡旋プログラムに関する調査研究協力者会議」において,海外留学等を行う者が利用する民間斡旋事業者のプログラムに関し,教育的観点から見たその望ましい内容について調査研究を行い,平成4年4月に「海外留学等斡旋プログラムの望ましい内容等について」(報告)を取りまとめた。

この報告では,海外留学等はそれが円滑かつ安全に実施されれば,国際理解,異文化理解の増進という観点からも意義深いとした上で,海外留学を希望する生徒等がトラブルにあうことなく所期の目的を達成できるよう,1)海外留学等斡旋プログラムに関するガイドラインの策定,2)海外留学希望者等のためのチェックリストの作成,3)海外留学等斡旋団体等の連携システムの整備等が必要であるとしている。この報告を踏まえ,平成4年6月には,高校生の海外留学等に関係する団体による「全国高校生留学・交流団体連絡協議会」が発足し,高校生交流事業の健全な発展のための諸事業を実施している。現在,同協議会では,海外留学等斡旋プログラムのガイドラインの策定と,このガイドラインに沿った海外留学プログラム要覧の作成が進められている。

また,平成5年3月には,高校留学関係団体の責任者が一堂に会した「高校生留学等関係団体関係者研究協議会」が開催され,平成5年度からは安全で有意義な高校生交流プログラムの実践的な研究を行う「高校生留学交流研究指定制度」を実施することとなっている。

さらに,文部省では,高等学校における留学希望生徒への指導が適切に行われ,円滑で安全な留学が行われるよう,指導の在り方等を解説した「高校留学の手引」を作成し,各都道府県に配布した。また,平成3年度から各都道府県教育委員会等の高校留学担当者による「高校生海外留学等推進担当者会議」を開催し,高校生の留学等についての全国レベルでの情報交換を行うとともに,「高校生海外留学等研究協力校」を指定し,高等学校における安全で円滑な海外留学の実施及び外国人留学生の円滑な受入れの推進に資するための実践的な研究を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ