ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第9章  国際化の進展と教育・文化・スポーツ
第3節  教育・文化・ス―ボツにおける国際交流・協力
1  国際交流・協力のための枠組み


現在,我が国と諸外国との間では,国,地方公共団体,民間団体等により,様々な形態の教育・文化・スポーツの分野における国際交流・協力が行われている。政府レベルでは,34か国と文化協定,文化取極等を締結し,二国間の留学生交流,相手国言語教育の普及,研究者交流,スポーツ・文化交流等を促進するとともに,これらに係る諸課題について協議を行っている(2-9-2 )。

特に,日米間においては,日米文化教育交流会議(CULCON)(昭和36年設置)を通じて,両国の教育・文化交流の促進を図っているが,その一環として,現在,日米間の学部学生交流を促進するための方策について引き続き検討が行われている。

また,開発途上国の人材養成等に関する二国間協力やユネスコ,OECD等の国際機関を通じる国際協力も近年一層重要となってきている。

教育・文化・スポーツの国際交流・協力に関して文部省が実施している主な事業は次のとおりである(文化の国際交流・協力については 1部第4章 参照)。

2-9-2  文化協定等締結国一覧(平成5年4月現在)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ