ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第8章  体育・スポーツ及び健康教育の振興
第5節  学校における体育・スーボツの充実
2  指導者の資質能力の向上等


学校教育の直接の担い手である教員の指導者としての資質能力の向上を図るため,文部省では,学校体育実技指導者講習会,武道指導者講習会,スキー指導者講習会など各種の講習会を開催している。さらに,都道府県が行う武道指導者養成事業,学校体育実技指導協力者派遣事業等に対する補助を行ってきている。

さらに,昭和63年の教育職員免許法の一部改正により,特別免許状制度及び特別非常勤講師制度が創設され,学校体育における社会人の活用が可能となった。

また,運動部活動の指導についても,専門的な技術指導力を備えた指導者の不足している運動部への指導者の派遣や経験の浅い指導者の指導能力の向上を図るため,都道府県の行う運動部活動指導者派遣事業及び運動部活動指導者研修事業への助成を行っている。

このほか,平成3年度から,小学生の心身の健全な発育・発達段階にふさわしいスポーツ活動の在り方について検討するため,体育・スポーツを始め教育や医学等の専門家で構成する協力者会議を設け,調査研究を行っている。

児童生徒の参加する学校体育大会は,現在,全国的大会として,全国中学校選抜体育大会(17種目)及び全国高等学校総合体育大会(30種目)が開催されており,文部省は,その開催費及び派遣費について都道府県に対する助成を行っている。

さらに,中学生の国民体育大会への参加については,生徒の個性・能力の伸長,競技力の向上の見地から,昭和63年より試行措置として,水泳,陸上,体操,フィギュアスケートの4競技に限り,3年生に限って参加を認めている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ