ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第8章  体育・スポーツ及び健康教育の振興
第3節  生涯ス―ボツの推移
3  スポーツ団体の育成


我が国のスポーツの振興においてスポーツ団体が果たしてきた役割は大きく,従来から(財)日本体育協会,各中央競技団体その他のスポーツ団体がスポーツの振興を目的として,競技規則の制定,全国大会の開催,指導者養成,クラブ育成,指導・普及事業,調査研究等を推進している。

近年においては,スポーツの多様化に応じて,スポーツ団体の種類・性格も多様化しており,いわゆるニュースポーツに関係する団体のほかに,女性スポーツ関係団体,青少年スポーツ振興団体,スポーツ指導者団体,助成団体等その性格,活動形態も多様化してきており,我が国のスポーヅ振興において,それぞれ大きな役割を果たしている。

第5回全国スポーツ・レクリエーション祭開会式(島根県)

今後は,スポーツ振興基金等による全国的な競技大会等への助成などを活用しつつ,生涯スポーツの振興の観点から国民の多様なニーズに対応した各種のスポーツ団体の育成を図るとともに,協議会等の開催を通じ,団体の連携・協力を促進するなど,スポーツ団体の自主性を尊重しつつ,その活動が活発化されるよう支援を行うこととしている。

また,企業によるスポーツへの幅広い支援が期待されているところであり,スポーツ団体の活動の実情も踏まえつつ,その推進方策について検討し,スポーツへの企業の支援活動が長期的な展望の下で,効果的に行われるよう,文部省としてもその体制の整備に努めていくこととしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ