ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第8章  体育・スポーツ及び健康教育の振興
第3節  生涯ス―ボツの推移
2  生涯スポーツ推進事業の多様な展開



(1) 市町村における生涯スポーツの推進

市町村は,住民に最も身近な地方公共団体として,住民に対し,直接,生涯スポーツ実践の場を提供するなどの役割を果たしており,スポーツ,レクリエーション大会,体力・運動能力テスト,スポーツ教室の開催等の多様な事業を行っている。文部省では,これら市町村における生涯スポーツの振興策を支援するため,地域の人々が生涯にわたりスポーツに親しめるよう,学校体育施設の開放に伴う管理指導員の謝金を補助する「学校体育施設開放事業」,年齢・性別等の特性に応じた各種スポーツ活動の推進を図る「生涯スポーツ推進事業」等を行う「生涯スポーツ振興事業」に対して補助を行っている。

平成5年度からは,新たに,家族を中心としたスポーツ活動を通じて家族内の交流を深めるとともに,地域における家族同士の交流を促進する「ファミリースポーツ推進事業」を実施することとしている。

また,平成4年度から,学校と地域社会が連携したスポーツ活動の在り方及び当該地域のスポーツ施設の連携と活用の在り方について先進的な研究活動を行う「スポーツ活動推進地域の指定事業」を実施しており,平成5年度には,指定地域を増やすなど,その一層の拡充を図ることとしている。


(2) 都道府県における生涯スポーツの推進

都道府県においては,各都道府県全体のスポーツの振興を図るという観点から,都道府県民スポーツ大会等のスポーツイベントを始め,スポーツ指導者の養成・確保など基幹的,広域的な事業を行っている。

文部省においては,都道府県が指導者の養成や活用を図るために実施する「スポーツプログラマー養成事業」や「スポーツリーダーバンク事業」に対して補助している。このほか,スポーツ指導者の資質向上を図るための研修事業や社会体育指導体制の充実を図る社会体育指導者派遣事業等にも補助を行っている。


(3) 全国スポーツ・レクリエーション祭の開催

全国スポーツ・レクリエーション祭は,広く国民が気軽にスポーツ・レクリエーション活動を楽しみ,各世代にわたるスポーツ愛好者が交流を深める全国的な祭典として,昭和63年度に第1回を山梨県で開催して以来,広く国民に親しまれてきている。

平成4年度(第5回)は,島根県で開催し,子どもがら高齢者まで延べ16万人参加した。第6回は,千葉県で平成5年11月に開催することとなっている(2-8-3 )。


(4) 生涯スポーツコンベンションの開催

スポーツ関係団体,地方公共団体,産業界,研究者など幅広い関係者が一堂に会し,生涯スポーツ振興上の諸問題について意見交換を行う生涯スポーツコンベンションを,平成元年度がら開催している。平成4年度は,「余暇時代の到来と豊かなスポーツライフの創造」のテーマの下に,「青少年のスポーツの振興」,「地域の特性に応じたスポーツ環境の整備」等について,研究協議・情報交換等を行った。

2-8-3  第6回全国スポーツ・レクリエーション祭(千葉県)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ