ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第5章  私立学校の振興
第2節  私立学校への助成等
4  日本私学振興財団の貸付事業


日本私学振興財団では,私立学校(専修学校,各種学校を含む)が行う校地の取得,校舎の新増改築や教育研究用施設設備の整備,災害復旧や公害対策のための施設設備の整備事業等を行うために必要な資金について,長期・低利の貸付事業を実施している。貸付金利(基準)は年4.5%(固定金利。平成5年4月現在),貸付期間(基準)は20年であり,貸付けのための財源は,財政投融資資金,政府出資金などである。

平成4年度末の貸付残高は約6,710億円となっており,私立学校の安定的な資金として活用され,私立学校教育の振興に大きく貢献してきている。

平成5年度においては,最近の学校法人の資金需要等を勘案し,当初予算の870億円に補正予算で100億円を加えた総額970億円の貸付規模を予定するとともに,私立学校へ貸し付ける際の総事業費に対する融資率について,一般の校舎建築に係る貸付けの場合,75%から80%に引き上げるなど全体的に改善を図っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ