ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第4章  高等教育の改善・充実
第3節  高等教育機関の整備
7  高等専門学校の整備



(1) 現状

高等専門学校制度は,我が国の科学技術の進展に対応し,理論的な基礎の上に,真に実践的な技術を身に付けた技術者の養成を図ることを目的として,昭和37年度に創設された制度である。平成5年度現在で学校数62校(国立54校,公立5校,私立3校),入学定員1万990人(国立9,440人,公立920人,私立630人)となっている。

高等専門学校は,中学校卒業後の早い段階から,学生の特性や志望に応じて5年間一貫した実践教育を実施することを教育上の特徴とする高等教育機関であり,その教育成果は高い評価を受けている。

また,卒業者には大学への編入学の道が開かれており,平成5年3月の高等専門学校卒業者の約16%(約1,560人)が長岡技術科学大学や豊橋技術科学大学を始めとした国公私立大学に編入学している。


(2) 最近の施策と課題

高等専門学校については,平成3年2月の大学審議会答申「高等専門学校教育の改善について」を受け,分野の拡大,専攻科制度の創設,準学士の称号の創設,自己点検・評価システムの導入等の制度改正を行った。これを踏まえつつ,文部省では,社会の要請に対応した魅力ある高等専門学校としての発展を目指す観点から,教育研究体制の見直しや教育内容・方法の改善への積極的な取組を促している。

また,最近の技術の高度化等,産業界からの高等専門学校卒業者に対する強い人材需要にこたえるため,学科の設置,改組を積極的に進めてきている。平成5年度は,宮城工業高等専門学校に情報デザイン学科を新設したほか,既存の学科を新素材・バイオ技術を対象とする物質工学科,環境・建設を対象とする環境都市工学科や建設システム工学科へ改組・転換を行った。

さらに,仙台電波,富山,鈴鹿及び久留米工業高等専門学校に専攻科を設置した。この4専攻科は学位授与機構の認定を受けており,高等専門学校の卒業者がこれらの専攻科及び大学において所定の単位を修得し,同機構の行う審査に合格した場合,学士の学位を授与される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ