ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章  初等中等教育の改善・充実
第7節  特殊教育の振興
2  特殊教育の振興方策



(1) 通級による指導の充実

通級による指導とは,言語障害,情緒障害,弱視,難聴等の心身に比較的軽度の障害のある児童生徒が,各教科の授業の大部分は小・中学校の通常の学級で受け,心身の障害に応じた特別の指導を特別の指導の場(通級指導教室)で受けるという新しい特殊教育の一形態である。

文部省では,「通級学級に関する調査研究協力者会議]の審議のまとめ(平成4年3月)を受けて,平成5年1月に学校教育法施行規則の一部改正等を行い,平成5年度から通級による指導を実施している。また,通級による指導を行うため必要な教員定数措置については,第6次公立義務教育諸学校教職員配置改善計画(平成5〜10年度の6年計画)に所要の定数を盛り込み,平成5年度から担当教員の配置を行うとともに,新任の通級指導担当教員に対する研修を実施している。


(2) 学習障害問題への対応

学習障害とは,全体的な認知能力に比べ,読み,書き,計算などの特定の能力の発達が著しく遅れていることを特徴とするものであるが,現段階では,その判定基準や診断方法が明確でない状況にある。このため,文部省では,平成4年度から,調査研究協力者会議を発足させるとともに研究協力校を指定し,学習障害等に対する指導方法について実践的な調査研究を行っている。


(3) 適正就学指導の充実と心身障害児に対する理解認識の促進

心身の障害の種類と程度に応じた適切な教育を行うためには,障害の状態を的確に把握し,適切な就学指導を行うことが極めて重要である。

このため,これらの就学指導に携わる者を対象とする研究協議会を開催したり,平成4年度からは,医療・福祉関係機関と連携した早期からの就学指導の在り方に関する調査研究を実施するなど就学指導の充実に努めている。

また,心身障害児に対する小・中学校の児童生徒や教員及び社会―般の人々の理解認識を深めるため,指導資料やビデオの作成・配布,特殊教育諸学校の児童生徒と小・中学校の児童生徒や地域社会の人々との交流活動を行う研究校の指定等を行っている。


(4) 就学奨励・設備整備費等補助

特殊教育就学奨励事業は,教育の機会均等の趣旨に基づき,特殊教育諸学校及び小・中学校の特殊学級に心身障害児が就学する場合,その保護者に多額の経済的負担が伴うため,その軽減を図り,就学を奨励することを目的としており,この事業を実施する都道府県等に対し,その経費の一部を補助している。平成5年度においても支給対象の拡大及び諸単価の引上げを行っている。

また,特殊教育のための設備整備事業を実施する都道府県等及び心身障害児やその保護者に対して,就学に当たっての相談活動・指導を実施する都道府県について,その経費の一部を補助している。


(5) 国立特殊教育総合研究所における研究及び事業

国立特殊教育総合研究所では,国立久里浜養護学校との相互協力の下に,特殊教育に関する実践的研究を総合的に行うとともに,教員の長期(1年間)及び短期(3か月)の専門的・技術的研修並びに特殊教育諸学校の新任の校長等を対象とする研修,教育相談等を行っている。また,平成5年度は,特殊教育シンポジウムを開催し,コミュニケーション障害児の今後の方向について,海外から専門家を招き,学識経験者及び教員等が一堂に会して協議等を行うこととしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ