ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章  初等中等教育の改善・充実
第5節  高等学校教育の改革
4  職業教育の振興



(1) 職業教育の現状
1) 生徒数の変化について

高等学校の職業教育においては,産業界各分野で必要な知識技術を習得させ,有為な職業人の育成の面で重要な役割を果たしている。高等学校における職業学科の生徒数は,社会の高学歴化に伴う普通科志向や産業構造の変化等により漸減の傾向にあり,平成4年度では,約128万人である。また,高等学校の生徒数全体に占める割合は,昭和40年代半ばまでは約40%であったが,平成4年度には,約25%となっている。


2) 教育内容について

平成6年度から実施される新学習指導要領においては,産業社会の変化に適切に対応するため,情報関連科目の充実や問題解決能力の育成に資する「課題研究」の新設等各教科・科目の内容の改善を図った。現在,教育課程講習会の実施等により趣旨徹底に努めている。


(2) 職業教育の今後の在り方
1) 施設・設備の基準の改訂

文部省では,産業教育振興法に基づき,高等学校における実験実習用施設・設備の整備充実を図っているが,現行の整備基準について,新学習指導要領の改訂や総合学科の創設等に伴い,時代に即した改訂を行う必要が生じた。このため,理科教育及び産業教育審議会において,上記の課題に適切に対応できるよう審議し,比較的類似する科目ごとに必要な施設・設備を分類する「科目ユニット」制の導入を主眼とする中間まとめを平成5年7月に行った。


2) 全国産業教育フェアの開催

高等学校における産業教育の活性化及び一層の振興を図るため,平成3年度から「全国産業教育フェア」を開催している。これは,職業高等学校の生徒の研究発表,作品展示,実演等を行い,職業高等学校の実情を紹介するものである。平成5年度は,11月に富山県で開催することとしている。また,33の都府県でも同様の催しが実施されている。このような催しを通じ,多くの人々の産業教育に対する理解を一層深めることが期待される。


3) 中学校の進路指導の改善や総合学科創設と職業高等学校との関係

中学校の進路指導を生徒の個性を大切にした本来の進路指導に改善すること及び総合学科の創設により,職業高等学校には,将来の職業生活について明確な目的意識を有した生徒が多数入学することになる。この結果職業高等学校では,活発な教育活動が展開され,職業高等学校の活性化が図られると考えられる。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ