ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章  初等中等教育の改善・充実
第5節  高等学校教育の改革
3  定時制・通信制教育の振興


高等学校の定時制・通信制教育は,働きながら学ぼうとする青少年に高等学校教育を受ける機会を保障するために設けられた制度である。近年,定時制課程の生徒数は減少傾向,通信制課程の生徒数は横ばいで推移しているが,両課程とも勤労形態や入学動機の多様化,全日制課程がらの転・編入学者の増加などが見られ,制度の発足当初の状況と異なった状況にある。

高等学校の定時制・通信制教育の改善については,昭和62年12月,「高等学校定時制通信制教育検討会議」がら,今後の定時制・通信制教育の在り方について,1)勤労青少年に対する後期中等教育機関としての役割,2)教育の機会の拡大の観点がら多様な履修形態を提供する後期中等教育機関としての役割,3)生涯学習の観点がら後期中等教育段階の教育内容を提供する教育機関としての役割という三つの役割を持つ教育の場としてその在り方を見直す必要があると提言されるとともに,制度・運用の両面にわたって改善のための様々な提言が行われた。

2-3-5  定時制,通信制課程の学校数,生徒数の推移

同報告の趣旨を踏まえて,文部省では,高等学校の定時制・通信制課程の修業年限を弾力化し,4年のみから,生徒の実態に応じて3年でも卒業し得る道を開いた。

臨時教育審議会答申等を受け,昭和63年度に定時制又は通信制課程の特別な形態のものとして制度化された単位制高等学校は,平成5年度までに公立は27都道府県37校,私立は4都府県6校が設置されている。単位制高等学校は,学年による教育課程の区分を設けないで,所要の単位を修得することにより卒業できる高等学校であり,さらに,1)履修形態の多様化・弾力化を図るために多様な科目を開設する,2)学期ごとの入学及び卒業ができ,転,編入学が容易である,3)複数の時間帯における授業を実施・科目履修生の受入れが可能である,などの特色を有する新しいタイプの高等学校の一つとして成果を上げている。

なお,時代の進展に対応した高等学校定時制・通信制教育の在り方等についても検討会議を発足させ,調査研究を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ