ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章  初等中等教育の改善・充実
第4節  生徒指導・進蕗指導の充実
3  進路指導の改善・充実



(1) 中学校における進路指導の改善

中学生の進路の選択や学校の選択に関する指導は,学校の教育活動全体を通じて的確に把握した生徒の能力・適性,興味・関心や将来の進路希望等に基づき,また,進学しようとする高等学校や学科の特色や状況を生徒が十分理解した上でなされるべきものである。

しかし,中学校における進路指導の現状は,業者テストによる偏差値に過度に依存したものとなっているとの指摘がなされてきた。

このため,文部省としては,本来の進路指導に立ち返るよう,平成5年2月に,都道府県教育委員会等に対し通知した。また,進路指導の改善の趣旨を徹底するため,都道府県教育委員会関係者等の会議や中学校の教員を対象とした研修会を開催するとともに,具体的な事例を記載した指導資料を作成した。さらに,生徒が将来の進路を選択するに当たっては,生徒に様々な職場の見学・体験や社会の様々な分野で活躍する人々の体験談等を聞くなど,進路に関する啓発的な経験等の機会を提供することが重要である。このため,各産業界と関係の深い各省庁とも協力,連携の上,このような機会を積極的に提供していくこととしている。


(2) 高等学校における勤労体験学習の推進

近年,高等学校卒業後就職した者が早期に離転職する傾向の増加が指摘されている。

このため,文部省では,高等学校の普通科の生徒を主たる対象として,働くことや社会に奉仕することの喜びを体験させることを通じて,将来の生き方や職業選択を視野に入れた進路への自覚を高めることを目的とした勤労体験学習総合推進事業(愛称LETS)を平成5年度から実施する。この事業においては,一定地域の高等学校を中心として,PTA.地元企業等が連携,協力を図り,職場見学等を実施することとし、ている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ