ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第2章  生涯学習の振興
第2節  生涯学習の推進体制の整備
1  行政組織の整備等



(1) 行政組織の整備

文部省は,昭和63年7月,学校教育,社会教育及び文化の振興等を体系的にとらえ,生涯学習に資する施策を展開・調整する,生涯学習局を設置し,生涯学習の振興のための体制を整備した。

地方公共団体についても,文部省では,従来から,生涯学習担当部局の設置を促進するとともに,行政担当者,地域の教育関係者,企業の代表者などで構成する生涯学習推進会議等の連絡調整組織の設置を奨励・援助してきており,現在すべての都道府県にこのような組織が設置されている。

また,市町村の中には,「生涯学習のまち」のような宣言を行って生涯学習の振興に努めている例も多数見られるが,文部省では,生涯学習モデル市町村事業を推進し,こうした動きを支援している。


(2) 生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律

平成2年6月に成立した「生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律」(生涯学習振興法)は,生涯学習の振興に関する初めての法律であり,生涯学習体系への移行という時代の要請にこたえるため,文部省を中心として,当面実現可能な,また速やかに実施すべき諸施策を規定し,将来における生涯学習の振興のための諸施策の先導的役割を果たそうとするものである。具体的には,1)生涯学習の振興に資するための都道府県の事業,2)地域生涯学習振興基本構想,3)国及び都道府県における生涯学習審議会の設置に関すること等が規定されている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ