ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第2章  生涯学習の振興
第1節  施策の概要


我が国が21世紀に向かい,豊かで活力ある社会を築いていくためには,人々が,生涯のいつでも,自由に学習機会を選択して学ぶことができ,その成果が社会において適切に評価されるような「生涯学習社会」を築いていくことが求められている。

生涯学習社会の建設が必要になつてきた社会的背景としては,次のような点が指摘されている。

1) 学校教育への過度の依存の是正我が国の近代化の過程で,学校教育が量的に拡大し普及した一方,学校教育への過度の依存に伴う弊害が大きくなっており,若年期のみならず人生の各時期における学習の成果に対し,適正な評価が行われる社会を目指すことが望まれていること。
2) 社会の成熟化に伴う学習ニーズへの対応所得水準の向上,自由時間の増大,高学歴化,高齢化などが進行するいわゆる成熟社会においては,生涯の各時期において,学習やスポーツ・文化活動等に対する人々の意欲が高まるとともに,学習活動自体に人生の充実感を求める傾向が強まるなど,多様で高度な学習需要が増大していること。
3) 科学技術の高度化等への対応科学技術の高度化,情報化,国際化,経済のソフト化などの社会・経済の変化に伴い,人々が絶えず新たな知識・技術を習得することが必要になっていること。

生涯学習は,学校教育や社会教育として行われる学習活動のほか,人々のスポーツ活動,文化活動,趣味,レクリエーション活動,ボランティア活動などの中でも行われるものであり,これらの活動のための場も,学校,公民館,図書館,博物館,スポーツ施設,文化施設,カルチャーセンター,企業,職業訓練施設など多岐にわたっている。これらの多様な学習活動を総合的に振興し,生涯学習社会の建設を目指していくためには,1)生涯にわたって学習に取り組むというライフスタイルを確立すること,2)潜在的学習需要を顕在化し,具体的な学習行動に結び付けること,3)関係機関の連携を促進すること,4)学習成果を生かす機会・場を確保することなどが必要である。

このような課題に対応するため,文部省では,学校教育,社会教育,スポーツ,文化活動など,学習機会を提供する個々の制度の振興を図る一方,これらを包括するものとしての生涯学習を全体として振興するため,次のような施策を講じている。

第一は,生涯学習の推進体制の整備である。文部省に生涯学習局及び生涯学習審議会を設置する一方,地方公共団体に対して,生涯学習担当部局,生涯学習審議会,生涯学習推進会議等の設置や,生涯学習推進センターなどの生涯学習の拠点施設の整備を奨励・援助している。

第二は,学習活動の振興である。このため,まず,生涯学習フェスティバルの開催等による各種の広報・啓発事業の実施や初等中等教育における自己教育力の育成等を通じ,生涯にわたって学習に取り組むライフスタイルの確立に努めている。また多様な学習機会の提供を拡大するため,学校へのアクセスの拡大,新しいタイプの学校の設置,学校機能の地域への開放などを進めるとともに,社会教育・スポーツ活動・文化活動・ボランティア活動等についても,その振興と機会の拡大に努めている。

第三は,学習成果の適切な評価の促進である。学歴社会の弊害を是正し,生涯学習社会の建設を目指すためには,学歴だけでなく,人々の多様な能力や学習の成果が社会において適切に評価されることが必要である。このため,技能審査制度の拡充などを図るとともに,学校外の学習の成果が大学等における単位認定などを通じて,学校における学習成果と同等のものと評価されるような施策を進めている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ