ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   文化の振興
第4章  文化は世界を結ぶ
第2節  芸術文化の交流・協力
3  海外からの芸術家等の招へい


文化庁では我が国における研修や我が国若手芸術家との交流の機会を提供するために,海外の外国人若手芸術家を招へいし,国内の芸術団体において研修を行う海外芸術家招へい研修事業を平成2年度より行っており,漸次,研修員の数を増員する等の充実に努めている。

また,諸外国から芸術家,文化財専門家,博物館・美術館職員及び文化行政担当者など芸術・文化の諸分野において優れた業績を有し,かつ当該分野において指導的地位にある者を我が国に招へいする事業を平成元年度から実施している。

この事業では,招へい者に我が国の関係者と意見交換,創作,研究等の諸活動を行う機会を提供するとともに,我が国の関係機関・団体等において指導,共同製作,共同研究等の諸活動に従事してもらい,我が国の文化の振興及び国際交流の推進に役立てることを目的としている。平成4年度は,アートマネージメント,舞台芸術,近代音楽,言語教育,著作権,文化財保存修復等の各般にわたる分野の優秀芸術家等の招へいを行った。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ