ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   文化の振興
第2章  芸術文化の向上と普及のために
  第7節 時代の変化に対応する著作権
2  著作権を守るために


著作権制度の整備や著作権思想の普及の状況は,一国の文化のバロメーターとも言われている。我が国においては,先に述べたとおり,逐次著作権法が改正されているが,著作権の実効的な保護のためには,国民の著作権に関する理解が不可欠である。この点については,年々国民の理解が深まっていると考えられるが,今後,著作権思想の更なる普及・徹底が求められている。

文化庁では,図書館職員,都道府県の担当者等―定の職員を対象としたもののほか,国民一般を対象とした著作権に関する講習会を毎年全国で開催している。また,著作権思想の普及・啓発や著作権制度に関する調査研究を目的とする(社)著作権情報センターと連携して,著作権に関する解説ビデオ,パンフレットの作成・頒布を行っている。さらに,著作権制度の国際的調和の推進という観点から,アジア諸国における著作権制度の整備・充実のために,これらの国々を対象として,セミナーの開催,研修生の受入れ等を行うこととしている (本節3(2)参照)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ