ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1章   戦後30年の教育の推移
第2節  学校教育人口
2  就学前教育
(1)  幼稚園の在園児数


幼稚園の在園児数は昭和25年には22万人であったが,以後著しく増加して48年に200万人を超え,53年には250万人に達した。しかし,その後,出生数の減少もあつて55年には241万人になつている。この間,幼稚園の就園率(小学校第1学年児童数に対する幼稚園修了者数の比率)は,昭和25年の8.9%から48年には60%に達し,55年には64.4%へと上昇している。

幼稚園在園児の年齢別構成をみると,昭和55年では5歳児が53.5%,4歳児が39.3%,3歳児が7.2%となつている。その推移をみると,3歳児の比率は昭和30年1.9%,40年4.1%,50年5.7%となつているのに対し,4歳児は30年18%,40年34.6%,50年41.2%と上昇しており,4歳児の入園者が増加していることがわかる。

国・公・私立の設置者別在園児数の構成比をみると,昭和55年では私立が73.4%,公立が26.3%,国立が0.3%となつており,私立幼稚園が大きな比重を占めている。その推移をみると25年には私立50.8%,公立47.9%であつたが,私立の比率が年々上昇し,47年には私立77.3%,公立22.4%になつた。しかし,その後は公立の占める比率が上昇してきている。

ここで,3歳〜5歳児のそれぞれについて該当年齢人口に対する幼稚園在園者数及び保育所在籍者数の比率をみると,昭和54年では幼稚園と保育所を合計すると4歳児の79.0%,5歳児の90.0%がそれぞれ幼稚園又は保育所に在籍している。これらの4歳児,5歳児の7割弱は幼稚園に在園しているが3歳児は保育所に在籍している者の方が多い。

1-2-4  幼稚園在園児数及び年齢別構成

1-2-1  幼稚園と保育所在籍者の年齢別在籍率


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ