ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   創造的活力に富んだ知識基盤社会を支える高等教育〜高等教育改革の新展開〜
第2章 生涯にわたってスポーツに親しむ社会を目指して
第1節 スポーツ振興のための基本的な方策スポーツ振興のための基本的な方策
1 スポーツ振興基本計画の進捗しんちょく状況と今後の施策の方向性



(1) スポーツ振興基本計画

 スポーツは,人生をより豊かにし,充実したものとするとともに,人間の身体的・精神的な欲求にこたえる人類共通の文化の一つです。心身の両面に影響を与える文化としてのスポーツは,明るく豊かで活力に満ちた社会の形成や個々人の心身の健全な発達に必要不可欠なものであり,人々が生涯にわたってスポーツに親しむことは,極めて大きな意義を有しています。

 文部科学省では,平成12年9月に策定した「スポーツ振興基本計画」に基づいて様々なスポーツ振興施策を講じています。同計画は,スポーツ振興法に基づき,我が国のスポーツ振興に関する基本的な方針を定めたものであり,13年度から22年度までの10年間で達成すべき目標や具体的施策などについて定めています。

スポーツ振興基本計画の進捗状況(例)


(2) スポーツ振興基金

 スポーツ振興基金は,平成2年に政府出資金と民間からの寄附金により設立され,その運用益などにより,我が国のスポーツの競技水準の向上のための選手強化活動や,国際的・全国的なスポーツ大会の開催などに対する助成が行われています。16年度は,以下の活動に対して約12億円の助成を行うことになっています( 図表1-2-1 )。

図表◆1-2-1 平成16年度スポーツ振興基金等助成金交付内定額


(3) スポーツ振興くじ

 スポーツ振興くじtoto(トト)」は,だれもが身近にスポーツに親しむことができる環境整備や,世界の第一線で活躍する選手の育成など,スポーツを振興するための財源確保を目的としています。平成10年に法律が制定され,13年3月から全国的な販売が始まり,15年3月からは新たに「totoGOAL」の発売を開始しました。

 スポーツ振興くじの収益は,3分の1が地方公共団体等に,3分の1がスポーツ団体にそれぞれ助成され,総合型地域スポーツクラブの創設や活動,スポーツ団体の行うスポーツ活動などへの支援に充てられています。残りの3分の1は,国庫に納付され,教育・文化の振興や自然環境の保全,青少年の健全育成など幅広い目的に充てられます。平成16年度においては,約6億円の助成が行われることになっています( 図表1-2-2 )。

図表◆1-2-2 平成16年度スポーツ振興くじ助成金交付内定額

▲totoのロゴマーク

▲totoGOALのロゴマーク

コラム4

スポーツ振興くじの改善

 スポーツ振興くじの収益は,スポーツ団体などに助成されるなど,スポーツ振興に大きな役割を果たしています。しかしながら,その売上げは全国販売初年度の平成13年度の643億円から一貫して減少を続け,15年度には約199億円まで減少しています。

 このような状況を踏まえ,本制度の立法化を推進したスポーツ議員連盟のスポーツ振興投票プロジェクトチームにより,スポーツ振興くじの改善についての報告が取りまとめられました。文部科学省でも,中央教育審議会スポーツ・青少年分科会において,分科会の下に置かれたスポーツ振興投票特別委員会での議論を踏まえて,スポーツ振興くじの改善方策が取りまとめられました。

 具体的には,現在100万分の1以下となっている当せん確率を改め,より当たりやすいくじを導入すること,年齢確認を確実に行うことを条件とした上で情報通信技術を活用した販売方法を取り入れること,効果的な広報活動や多くの人々が楽しんでスポーツ振興くじに参加できるような販売促進のための工夫を行うこと,などが提言されています。

 文部科学省では,この提言等を踏まえ,今後必要な取組を行うこととしています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ