文部科学省本文へ

大臣の部屋 お知らせ 組織関連情報 政策関連情報 公表資料 申請・手続き等 基本・共通 教育 科学技術・学術 スポーツ 文化

第2部 第3章 第4節 5 国際協力プロジェクトの取組

(1)ITER(イーター)

 イーター(ITER:国際熱核融合実験炉)計画は、核融合実験炉の建設・運転を通して、将来のエネルギー源の一つとして期待される核融合エネルギーの科学的・技術的な実現可能性の実証を目指した国際協力プロジェクトであり、日本、EU、米国、ロシア、中国、韓国、インドの7つの国と地域により進めている。また、ITER(イーター)計画を補完・支援する先進的核融合研究開発プロジェクトとして、核融合エネルギーの実現に向けた「幅広いアプローチ」を、日欧協力により我が国で実施している。幅広いアプローチ協定は2007年(平成19年)6月、ITER(イーター)協定は2007年(平成19年)10月に発効し、本格的に活動を開始した。

(2)ISS

 国際宇宙ステーション(ISS)計画は、日本・米国・欧州・カナダ・ロシアの5極が共同で地球周回軌道上に宇宙ステーションを建設する国際協力プロジェクトで、我が国は、日本実験棟「きぼう」(JEM)の開発や、宇宙ステーション補給機(HTV)の開発などを行っている。詳細については、第2部第2章第2節8(1)参照。

(3)IODP

 統合国際深海掘削計画(IODP)は日米を主導国とし、世界21か国が参加する国際プロジェクトで、2003年(平成15年)から開始された。我が国が提供し、深海底から海底下7,000メートルまでの掘削能力を有する地球深部探査船「ちきゅう」と、米国が提供する掘削船を主力掘削船とし、欧州が提供する特定任務掘削船を加えた複数の掘削船を用いて深海底を掘削することにより、地球環境変動、地殻内部構造、地殻内生命圏の解明を目的としている。
 2005年(平成17年)7月に完成した「ちきゅう」は、2007年(平成19年)9月より、熊野灘における東南海・南海地震の発生メカニズム解明を目的とした研究航海を開始した。

(4)LHC

 LHC計画は、欧州合同原子核研究機関(CERN)において周長27キロメートルにも及ぶ巨大な円形加速器を建設し、陽子を2方向から光に近い速度まで加速し、それらの陽子同士を衝突させる際に生じる膨大なエネルギー領域において、未知の粒子を発見し、物質の内部構造を探索解明する陽子・陽子衝突型加速器計画であり、CERN加盟国と日本、米国等による国際協力の下で、2008年(平成20年)の実験開始を目指して建設が進められている。
 我が国においては、学術的な意義に加え先進技術分野の発展が期待できることから、加速器建設のための資金拠出を行うなどLHC計画の推進に貢献している。

前のページへ

次のページへ