文部科学省本文へ

大臣の部屋 お知らせ 組織関連情報 政策関連情報 公表資料 申請・手続き等 基本・共通 教育 科学技術・学術 スポーツ 文化

第2部 第3章 第3節 5 研究情報基盤の整備

 研究情報基盤は研究活動に不可欠ないわば生命線としての性格を有するとされており、情報通信技術の急速な進展に対応して、研究情報基盤の整備を進めることは、我が国の研究開発の国際競争力を確保する上で重要である。このため、政府は具体的取組として、研究機関間のネットワークの整備・高度化、データベースの構築・提供等を進めている。

(1)ネットワークの整備

 現代社会の基幹システムを構成しているコンピュータネットワークは研究開発の現場において開発された後、様々な分野に応用されてきたものであり、先端的な研究開発を進めるに当たりネットワークの性能の一層の向上が求められている。
 総務省では、情報通信研究機構が運営する最先端の研究開発テストベッドネットワーク(JGN2(注1))により、研究開発や実証実験を通じ、我が国の技術力の向上、産学官連携の強化、新ビジネスや新産業の創出等、幅広い波及効果をもたらす先導的取組を推進している。
 文部科学省では、国立情報学研究所が大学等の研究者が必要とする学術情報を流通させるための基幹的ネットワークとして、最速40Gbps(ギガビットパーセカンド)の回線で接続する世界最速レベルの次世代学術情報ネットワーク「SINET3(注2)」を構築・運用している。
 農林水産省では、農林水産関連の研究機関を相互に接続する農林水産省研究ネットワーク(MAFFIN(注3))を構築・運営しており、平成20年3月末現在で95機関が接続している。MAFFINはフィリピンと接続しており、海外との研究情報流通のバックボーンともなっている。

  • (注1)JGN2:全国規模のIPネットワーク、光波長ネットワーク、光テストベッドの研究開発環境を提供している。また、対米回線、対アジア回線を整備し、国内外の研究機関とも連携して研究開発を推進している。
  • (注2)SINET3:Science Information Network 3
  • (注3)MAFFIN:Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries Research Network

(2)データベースの構築・提供

 閲覧・複写・貸出等による論文等の原文献(1次情報)の提供サービスは、図書館のほか、様々な情報サービス機関において行われている。また、コンピュータを利用して抄録・索引等(2次情報)をデータベース化することにより、増大する情報の迅速、正確かつ容易な検索が可能となっている。
 1次情報のデータベース化については、我が国で発行されるすべての出版物が納本される国立国会図書館において、収集・保管資料に関するデータベースが作成され、オンラインで提供されている。
 文部科学省では、国立情報学研究所が全国の国公私立大学等の協力を得て、大学図書館等が所蔵している学術図書・雑誌の目録所在情報データベースを作成・提供しているほか、学術研究に関するデータベースを作成し提供している。
 科学技術振興機構では、国内外の科学技術文献を収集し、抄録等を作成してデータベースを整備し、インターネットを通じて有料で文献情報検索サービス(JDream2(注4))の提供等を行っている。なお、19年9月からJDream2では、特許情報と文献情報を同時に検索できるサービスを開始している。また、我が国における科学技術分野の主要な学協会誌の電子アーカイブ化を行い、インターネットを通じて広く世界に発信している。
 農林水産省では、国内で発行されている農林水産関係学術誌の論文等の書誌データベースJASI(注5)等、農林水産関係の文献情報や図書資料類の所在情報を構築・提供している。また、試験研究独立行政法人や国公立試験研究機関、大学の農林水産分野の研究報告等をデジタル化した全文情報データベース、国内外の農学文献データベース、気象衛星画像データベース、試験研究機関で実施中の研究課題データベース等を構築・提供している。

  • (注4)JDream2:JST Document REtrieval system for Academic and Medical fields2
  • (注5)JASI:Japanese Agricultural Sciences Index

 平成19年度の主な研究情報基盤関連施策の概要は、第2−3−25表のとおりである。

第2−3−25表 主な研究情報基盤関連施策(平成19年度)

府省庁 実施機関等 施策名
国会 国立国会図書館
  • 国立国会図書館科学技術関係資料収集整備費
内閣府  
  • 政府予算による研究開発の情報収集機能の強化
総務省 情報通信研究機構
  • 最先端の研究開発テストベッドネットワーク(JGN2)の構築
文部科学省 科学技術振興機構
  • 研究開発等データベースの整備(科学技術情報連携活用推進事業)
  • 技術者能力開発・失敗知識データベースの運用(Webラーニングプラザ等)
  • バイオインフォマティクス推進センターの運用(BIRD、GBIF等)
  • 科学技術情報提供システム等の運用(JDream2、J-STAGE等)
海洋研究開発機構
  • 情報基盤業務費
国立情報学研究所
  • 学術情報ネットワークの整備(SINET3等)
厚生労働省 国立感染症研究所
  • 感染症情報センター経費
  • 生物学的製剤の安全性関連情報収集、解析、評価に係る研究事業費
農林水産省 農林水産技術会議事務局
  • 農林水産研究情報センターの運営(JASI等)
  • 農林水産研究計算センターの運営(MAFFIN等)
特許庁 工業所有権情報・研修館
  • 特許電子図書館(IPDL)
  • IPDL公報全文テキスト検索サービス
国土交通省 海上保安庁海洋情報部
  • 海洋情報の収集・管理・提供業務の推進
  • 海域地理情報システム(GIS)基盤情報の整備
環境省  
  • 生態系総合管理基盤情報整備費
内閣府  
  • 特許・文献情報統合検索システムの整備
文部科学省 科学技術振興機構
特許庁 工業所有権情報・研修館

前のページへ

次のページへ