文部科学省本文へ

大臣の部屋 お知らせ 組織関連情報 政策関連情報 公表資料 申請・手続き等 基本・共通 教育 科学技術・学術 スポーツ 文化

第2部 第3章 第2節 2 大学の競争力の強化

(1)世界の科学技術をリードする大学の形成

 国際競争力のある大学づくりのためには、国公私立大学を問わず、大学における競争的環境の醸成を一層促進することが求められている。文部科学省では、中央教育審議会答申「新時代の大学院教育」(平成17年9月5日)、「科学技術基本計画」(平成18年3月28日閣議決定)及び平成14年度から実施している「21世紀COEプログラム」の成果を踏まえ、我が国の大学院の教育研究機能を一層充実・強化するため、平成19年度より、若手研究者の育成機能の強化や拠点の国際性をより重視した「グローバルCOEプログラム」を実施し、国際的な卓越した教育研究拠点の形成を重点的に支援している。平成19年度においては、28大学63件を採択した。

(2)個性・特色を活かした大学の活性化

(地域に開かれた大学の育成)

 地域における大学は、地域にとって重要な知的・人的資源であり、地域に開かれた存在として地域全体の発展に一層寄与すべきである。
 地域再生本部は、平成18年2月に、「地域の知の拠点再生プログラム」を決定したところであるが、平成20年3月に本プログラムに新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業、地域イノベーション創出研究開発事業等、新規施策を導入するなどの改正を行い、本プログラムを充実させたところである。
 これを受け、内閣府では、平成20年3月までに、本プログラムを活用した地域再生計画を55件認定し、金沢大学、石川県、奥能登地域の市町、地元企業等が連携して、環境保全型農業や観光を担う人材を養成する「元気な奥能登!“里山マイスター”創出拠点形成による奥能登再生計画」や、兵庫県丹波市と関西大学が連携し、滞在型の交流体験学習、空き家の再生事業などを行う「“関わり続ける定住のカタチ”による地域活力とコミュニティの再生計画」など、大学等と地域が連携した様々な取組が進展している。
 また、文部科学省では、本プログラムが策定された平成18年度公募より、新たに科学技術振興調整費「地域再生人材創出拠点の形成」プログラムを設け、地域の大学等が地元の自治体との連携により科学技術を活用して地域に貢献する優秀な人材を輩出する「地域の知の拠点」を形成する取組を公募し、平成20年3月までに、22機関を採択し支援している。

前のページへ

次のページへ