文部科学省本文へ

大臣の部屋 お知らせ 組織関連情報 政策関連情報 公表資料 申請・手続き等 基本・共通 教育 科学技術・学術 スポーツ 文化

第2部 第3章 第1節 4 次代の科学技術を担う人材の裾野の拡大

 総合科学技術会議は、平成18年4月の会議において有識者議員から「理数教育の抜本的充実に向けて」を提出し、トップレベルの人材の育成や外部専門人材による指導体制の強化等学校教育の充実、科学技術コミュニケーターの育成や研究機関のアウトリーチ活動の強化等多様な戦略的アプローチの強化について検討・施策の強化を求め、平成20年度の関係省庁の予算等に反映された。

(1)知的好奇心に溢(あふ)れた子どもの育成

 理科や数学が好きな子どもの裾野を広げ、知的好奇心に溢れた子どもを育成するためには、初等中等教育段階から子どもが科学技術に親しみ、学ぶ環境が形成される必要がある。
 このため、次代を担う科学技術関係人材の養成に向け、子どもが科学技術に親しみ学ぶことができる環境を充実するとともに、子どもが伸び得る能力を伸長することができる効果的な環境を提供するため、以下のような取組を総合的に推進し、理数教育の充実を図っている。

(理科支援員等配置事業)

 科学技術振興機構では、大学や企業の研究者・技術者や大学(院)生、退職教員等の外部人材を理科支援員や特別講師として活用することにより、観察・実験の充実と、教員の資質向上を図り、小学校における理科授業の充実を図るため、全国の都道府県及び政令指定都市教育委員会を対象として「理科支援員等配置事業」を実施している。初年度である平成19年度は、全国55地域が事業を実施している。

(理科実験教室プロジェクト)

 経済産業省では、文部科学省と連携して、企業の技術者等の活用による学校の理科授業の支援を図った。平成19年度は「理科実験教室プロジェクト」により、地元企業と教育界をつなぐ地域のコーディネータを活用し、技術者等教え手の発掘・カリキュラムの作成等を実施し、実社会と結びついた小学校理科教育の充実を図った。

(理数系教員指導力向上研修)

 科学技術振興機構では、科学技術、理科・数学に関する観察・実験等の体験的・問題解決的な活動における理数系教員の指導力向上ため、公立中学校理科教員のうち任意の年次の全員が参加する「悉皆(しっかい)型」及び中学校・高等学校等の理数系教員が参加する「希望型」の教員研修を支援する事業を実施している。

(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)

 科学技術振興機構では、児童生徒の科学技術、理科・数学に関する興味・関心と知的探求心などを一層高める機会を充実するため、学校及び教育委員会等管理機関と大学・科学館などが連携した体験的・問題解決的な取組を支援する「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)」を実施している。具体的には、研究者などが講師となって行う観察、実験等の学習活動や、大学・研究機関における科学技術体験合宿(サイエンスキャンプ)、理数教育に積極的に取組む地方公共団体を指定し、各地域の学校と大学・科学館等の教育資源が連携した取組を支援する「理数大好きモデル地域支援事業」等を実施している。

(理科、算数・数学教育に使用する設備の整備)

 不足や老朽化が著しい理科、算数・数学教育に使用する小・中・高等学校等の実験器具等の設備の充実を図るため、理科教育振興法に基づき、設備の計画的な整備を進めている。

(先進的な科学技術・理科教育用デジタル教材の開発)

 科学技術振興機構では、児童生徒の知的好奇心、探求心に応じた学習の機会を提供するため、理科教育用デジタル教材を開発し、インターネットを通じて全国の学校などへの提供を行うとともに、教育委員会等と共同で学校現場での活用に関する実証的試験・評価を行っている。

(地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト)

 経済産業省では、子どもたちに対して、ものづくり等の働くことの面白さの体験・理解を促すため、NPO・企業等の民間主体の経験やアイデアを活用し、地域に密着した体系的・効果的なキャリア教育を支援している。平成19年度は、全国28のモデル地域で事業を実施し、これらの教育を受けた子どもたちからは、様々な仕事があることが分かった、学校の勉強と仕事の関係が分かった、などといった声が寄せられている。

(その他)

 日本学術会議では、昨今の若者の科学的能力や理数科学習への意欲低下の背景には学習指導にあたる教師の科学的教養の問題もあるとの観点から、「教師の科学的教養と教員養成に関する検討委員会」を設置して対応策を検討し、平成19年6月22日に、教師の科学的教養育成のための短期的政策課題と長期的な教師教育改革への検討課題を提言する要望「これからの教師の科学的教養と教員養成の在り方について」を公表した。

(2)才能ある子どもの個性・能力の伸長

 理科や数学に興味・関心の高い子どもの個性・能力を伸ばし、科学技術分野において卓越した人材を育成するため、文部科学省においては、以下のような取組を実施している。

(スーパーサイエンスハイスクール)

 文部科学省では、平成14年度から、理数教育を重点的に行う学校を「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に指定し、将来の国際的な科学技術関係人材の育成のための取組を着実に推進している。具体的には、大学と連携した先進的な理数教育や、理科・数学に重点を置いたカリキュラム開発等を実施している。平成19年度においては、全国101校の高等学校が特色ある取組を進めている。

(国際科学技術コンテスト支援)

 科学技術振興機構では、科学技術や理科・数学などに興味を持つ児童生徒への発展的学習機会を提供し、一層の学習意欲の喚起や能力の伸長、国際的に通用する科学技術関係人材の育成などを目的として、主に高校生以下を対象とした数学、物理、化学、生物学、情報、ロボット、課題研究の7分野の国際科学技術コンテストへの参加に関する取組を支援している。平成19年度の国際数学オリンピック等においても、日本の生徒が優秀な成績を収めている(第2−3−4表)

第2−3−4表 平成19年国際科学技術コンテスト受賞者

○国際数学オリンピック受賞者
金メダリスト 高校3年(三重県) 片岡 俊基(かたおか としき)さん(注)
金メダリスト 高校1年(東京都) 副島 真(そえじま まこと)さん
銀メダリスト 高校2年(兵庫県) 関 典史(せき のりふみ)さん
銀メダリスト 高校3年(大阪府) 井上 卓也(いのうえ たくや)さん
銀メダリスト 高校3年(兵庫県) 吉田 雄紀(よしだ ゆうき)さん(注)

銀メダリスト

高校1年(東京都)

滝聞 太基(たきぎく もとき)さん
○国際物理オリンピック受賞者
金メダリスト 高校3年(兵庫県) 高倉 理(たかくら さとる)さん
金メダリスト 高校2年(兵庫県) 村下 湧音(むらした ゆうと)さん
銀メダリスト 高校3年(東京都) 増田 賢人(ますだ けんと)さん
銀メダリスト 高校3年(東京都) 森田 悠介(もりた ゆうすけ)さん

銅メダリスト

高校3年(大阪府)

西口 大貴(にしぐち だいき)さん
○国際化学オリンピック受賞者
銅メダリスト 高校3年(東京都) 田中 成(たなか なる)さん
銅メダリスト 高校3年(東京都) 角田 翔太郎(つのだ しょうたろう)さん
銅メダリスト 高校3年(東京都) 廣井 卓思(ひろい たかし)さん

銅メダリスト

高校3年(静岡県)

山口 一樹(やまぐち かずき)さん
○国際生物学オリンピック受賞者
銀メダリスト 高校2年(神奈川県) 濱崎 真夏(はまざき まなつ)さん
銅メダリスト 高校3年(東京都) 仮屋園 遼(かりやぞの りょう)さん
銅メダリスト 高等専門学校2年(奈良県) 竹内 準二(たけうち じゅんじ)さん

銅メダリスト

高校3年(愛知県)

本多 健太郎(ほんだ けんたろう)さん
○国際情報オリンピック受賞者
金メダリスト 高校3年(三重県) 片岡 俊基(かたおか としき)さん(注)
銀メダリスト 高校3年(兵庫県) 吉田 雄紀(よしだ ゆうき)さん(注)
銅メダリスト 高校2年(東京都) 松元 叡一(まつもと えいいち)さん

  • (注)国際数学オリンピック及び国際情報オリンピックに参加しメダルを受賞した者

(高等学校と大学の接続)

 才能ある児童・生徒の個性・能力の伸長が図られることが重要であり、そのための高大接続の改善が必要である。例えば、志願者の能力・適性・意欲等を総合的に判定するアドミッション・オフィス(AO)入試については、平成19年度入試において6割以上の大学が導入している。また、大学の教員が高等学校に出向いて授業を行う出前授業や高校生が科目等履修生などとして大学の授業を受ける取組など、高校生が大学の教育研究に触れることができる高大連携に関する取組も年々増加してきている。

前のページへ

次のページへ