ここからサイトの主なメニューです
コラム■ナンバー07

イノベーションとは

 イノベーションという言葉は、オーストリアの経済学者シュンペーター(Schumpeter)によって、初めて定義された。その著書「経済発展の理論」の中で、経済発展は、人口増加や気候変動などの外的な要因よりも、イノベーションのような内的な要因が主要な役割を果たすと述べられている。また、イノベーションとは、新しいものを生産する、あるいは既存のものを新しい方法で生産することであり、生産とはものや力を結合することと述べており、イノベーションの例として、1創造的活動による新製品開発、2新生産方法の導入、3新マーケットの開拓、4新たな資源(の供給源)の獲得、5組織の改革などを挙げている。また、いわゆる企業家(アントレプレナー)が、既存の価値を破壊して新しい価値を創造していくこと(創造的破壊)が経済成長の源泉であると述べている。
 第3期科学技術基本計画においては、潜在的な科学技術力を、経済・社会の広範な分野での我が国発のイノベーションの実現を通じて、本格的な産業競争力の優位性や、安全、健康等広範な社会的な課題解決などへの貢献に結び付け、日本経済と国民生活の持続的な繁栄を確実なものにしていくことの重要性が示されており、その中で、「科学的発見や技術的発明を洞察力と融合し発展させ、新たな社会的価値や経済的価値を生み出す革新」とイノベーションを定義付けている。

市場及び技術インパクトによるイノベーションの類型
 イノベーションには技術面と市場面でのインパクトの度合いにより、以下のような四つの類型があるとされている。
  1 構築的革新: これまでの技術・生産体系を破壊し、全く新しい市場を創造するもの(例:飛行機の発明、コンピュータの発明など)
2 革命的革新: 既存の技術・生産体系を破壊するが、既存の市場との結び付きを維持していくもの(例:アナログからデジタルへのオーディオの技術革新、自動車におけるマニュアルからオートマティックへの移行)
3 間隙創造的革新: 既存の技術・生産体系の中で、新たな市場を開拓していくもの(例:ヘッドフォンステレオ、家庭用テレビゲーム機など)
4 通常的革新: 技術・生産手段の改良等により、より安く高品質の製品・サービスを提供するもの

資料:一橋大学米倉誠一郎教授等による資料から文部科学省作成

○経済的価値の創出に係るイノベーションのモデル
 近年、クライン(Stephen J. Kline)によって、イノベーションの発生過程は、「研究」→「開発」→「設計」→「製造」→「販売」のような直線的な流れ(リニアモデル)ではなく、下記のモデルに示すように、各々が連鎖的に関連し、フィードバックなどが起こりつつ発生する連鎖モデルで説明されることが示されている。

資料:Stephen J. Klineの連鎖モデルをもとに科学技術振興機構研究開発戦略センター作成

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ