ここからサイトの主なメニューです

ダウンロード/印刷用(PDF:337KB)]

第4章 新たな科学技術指標への取組

 第1章から第3章まで詳述してきた研究費、研究者数、論文数、特許出願・登録数、技術貿易額などの指標は、国の科学技術政策の企画立案における基礎的データとして重要である。これらのデータについては、それぞれ個の調査等によって把握されているが、近年、科学技術活動の複雑化・グローバル化等が進む中で、国の科学技術活動の姿を的確にとらえるため、上記の指標についての調査手法の見直しのほか、新たな指標の開発等が行われている。本章では、OECDや我が国における取組について紹介する。

第1節■OECDにおける取組

 OECDでは、科学技術政策委員会(CSTP)の下部組織として科学技術指標専門家会合(NESTI:Working Party of National Experts on Science and Technology Indicators)が設置され、研究開発をはじめとする科学技術活動に関する国際比較可能なデータの収集のための手法の改善や新たな指標の開発等を行っている。
 2005年(平成17年)6月に開催されたNESTI会合においては、イノベーション活動のデータの収集・解釈に関する国際基準であるオスロ・マニュアルについて、2003年以来我が国も参画して検討が行われてきた改訂案が示され、採択された。
 このほか、研究開発統計等で用いられる科学技術分野分類(FOS)の見直しや科学技術人材(HRST)に関する指標開発に向けた取組が進められている。

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ