ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  付属資料
2.  科学技術基本計画(平成13年3月30日閣議決定)
第1章  基本理念
6.  科学技術振興のための基本的考え方



(1) 基本方針

 前に述べた第1期科学技術基本計画の成果と課題を踏まえ,我が国が目指すべき国の姿を実現していくため,以下の方針の下,科学技術の振興を図る。

{1} 研究開発投資の効果を向上させるための重点的な資源配分を行う。

 具体的には,
●国家的・社会的課題に対応する研究開発については,明確な目標を設定し,資源を重点化して取り組む。
●急速に発展し得る科学技術の領域には,先見性と機動性をもって的確に対応する。
●新たな知に挑戦し,未来を切り拓くような質の高い基礎研究を一層重視する。

{2} 世界水準の優れた成果の出る仕組みの追求と,そのための基盤への投資の拡充を行う。

 具体的には,
●研究者が自由な発想により最大限能力を発揮できる競争的な研究開発環境を整備する。特に,若手研究者が競争的な研究開発環境の中で力を発揮する機会を拡大する。
●人材は,科学技術活動の基礎となるものであるので,科学技術に関する教育の改革を進めることにより,優れた人材を養成・確保する。研究者の養成には,多様な研究開発環境を経験することが重要であるので,研究者の流動性を確保する。
●よりよい競争の前提となる公正で透明性の高い評価を徹底し,その実効性の向上を図る。
●国立大学等の施設は特に不十分な状況にあるので重点を定めて改善する。また,計量標準,生物遺伝資源等の知的基盤をはじめとする科学技術を支える基盤の強化・充実を行う。

{3} 科学技術の成果の社会への一層の還元を徹底する。

 具体的には,
●食料,経済,産業,環境,健康,福祉,安全などに関して社会が求める課題の解決に貢献すべく,これまで以上に緊密な産学官の連携関係を構築することにより産業技術力の強化を図り,具体的に産業化・事業化に結びつけていく。
●科学技術の振興には国民の支持が欠かせないので,研究者や技術者が自らの責務として,科学技術の意義や内容を分かりやすい言葉で発信するとともに,科学技術に関する学習の振興を図るなどにより,科学技術に対する国民の理解を深め,国民が科学技術や社会を巡る課題に関して,科学的・合理的・主体的な判断を下していく上での基盤の形成を図る。

{4} 我が国の科学技術活動の国際化を推進する。

 具体的には,
●我が国から世界水準の優れた成果を創出し,人類が直面する様々な課題の克服に貢献すべく,主体的な国際協力活動の展開を図るとともに,国際的な情報発信力を強化する。
●国際的にも開かれた国内外の優秀な研究者が集まる世界水準の研究環境を構築する。

 以上の方針の下,世界の動きの速さ,グローバル化の流れ等を踏まえ,可能な限り迅速かつ機動的に改革を進める。その際,不必要な重複や府省の縦割りによる弊害を排することとする。

 なお,科学技術振興についての官民役割分担を明確化し,民間に期待し得るものについては,民間の研究開発を促進する環境を整備することで対応を図る。


(2) 政府の投資の拡充と効果的・効率的な資源配分

 政府研究開発投資については,第1期基本計画期間中の対GDP比率の推移を見ると,欧米主要国は低下傾向が継続する一方,我が国は着実に増加し,現時点では,ほぼ同水準に達しつつある。しかしながら,今後とも欧米主要国の動向を意識し,かつ第1期基本計画の下での科学技術振興の努力を継続していくとの観点から,第2期基本計画期間中も対GDP比率で少なくとも欧米主要国の水準を確保することが求められている。この場合,平成13年度より17年度までの政府研究開発投資の総額の規模を約24兆円とすることが必要である。

(注)上記は,第2期基本計画期間中に政府研究開発投資の対GDP比率が1%,上記期間中のGDPの名目成長率が3.5%を前提としているものである。

 他方,財政事情については,第1期基本計画期間中の財政赤字の対GDP比率の推移を見ると,主要先進国は黒字化するなど大幅に改善する一方,我が国はむしろ大幅に悪化し,主要先進国中最悪の水準となっている。このような巨額の財政赤字が我が国経済に好ましくない影響を与え,その発展を阻害することが懸念されており,活力ある21世紀の社会経済を築いていくためには,財政を健全化させることが不可欠の課題となっている。

 以上のような観点を踏まえ,毎年度の予算編成に当たって,今後の社会・経済動向,科学技術の振興の必要性,第1期基本計画期間中に比べて一層厳しさを増している財政事情等を勘案し,基本計画の研究システム改革による合理化効果や財源確保の動向等を踏まえつつ,資金の重点的・効率的配分を前提として基本計画に掲げる施策の推進に必要な経費の拡充を図っていくものとする。

 その際,特に,第2章において主要な課題として掲げられた国家的・社会的課題に対応した研究開発分野,競争的環境の強化,科学技術基盤の整備に必要な資金を重点的に拡充する。また,資金の効果的・効率的な活用を図るため,各種の施策・制度,組織・機関について,不必要な重複や縦割りの排除を図るとともに,研究の効果を明確にした目標の作成,研究実態の情報公開,研究成果の国民への説明を責務として求め,研究評価・政策評価の徹底を図り,研究開発の質の向上を図る。更に,民間資金の導入,資産の売却など,一層の財源の確保に努める。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ