ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  付属資料
2.  科学技術基本計画(平成13年3月30日閣議決定)
第1章  基本理念
1.  科学技術を巡る諸情勢



(1) 20世紀を振り返って

 20世紀は科学技術の世紀といわれるように,科学技術の目覚しい進歩によって,世界は未曾有の変化をとげた。量子力学や分子生物学に代表される物理,化学,生命科学等の学問の急速な発展と技術の飛躍的進歩を基礎として,先進諸国の人々は,豊かで便利な生活と長寿を獲得した。他方で,科学技術の負の側面が明らかとなり,人間社会と地球環境を脅かす存在となりうることも明らかになった。

 我が国に目を向けると,20世紀に近代化に成功し,経済社会が目覚ましい発展を遂げた。特に,第2次世界大戦後,著しい産業の発展によって奇跡とまでいわれた高度経済成長を遂げ,国内総生産は米国に次いで世界第2位という経済大国となった。それとともに国民生活は豊かとなり,平均寿命は大幅に伸びて,世界一の長寿を達成した。しかし,1990年代に入ると,我が国はこれまでにない長期的な経済不況の中で,いわゆる空白の10年といわれる厳しい時期を経験した。


(2) 21世紀の展望

 21世紀に入って,科学技術はさらに急速に発展し,人類の生活と福祉,経済社会の発展に一層貢献し,世界の持続的な発展の牽引車になることが期待される。

 今世紀は,知を基盤とした人類社会になることが予想されるが,我が国において,このような知識社会を実現し,経済社会を更に発展させるためには,解決しなければならない多くの課題が存在する。

 我が国の経済は,経済のグローバル化と激しさを増す国際的な競争の中で,産業競争力の低下,雇用創出力の停滞等の課題を抱えている。さらに,我が国が直面する少子高齢化は,労働力人口の減少と社会保障への支出の増大といった課題をもたらす。こうした中,国民生活を安定的に発展させるためには,絶えざる技術革新により高い生産性と国際競争力を持つ産業を育て,経済の活力を回復していくことが必要である。

 高齢社会においては,高齢者が,単に生活を楽しむだけでなく,経験や技術等を活かした社会への貢献を通して,生きがいを持ち,健康で活力に満ちた質の高い生活を送れるようにすることが重要である。とりわけ疾病の治療に加え,予防に力を入れ病気を未然に防ぐことで,健康を維持でき,生活の質を向上できるようにすることが必要である。

 最近の情報通信革命は,経済,産業,教育,娯楽などの社会の隅々に浸透し,社会に大きな変化を急速にもたらしつつある。こうした大きな動きに対して,我が国としても機動的に対応し,新しい産業の創出や,更なる社会の利便性の向上を通じ,国民がその恩恵を享受できるようにしていくことが課題である。このため,情報通信革命の中核を担っている情報通信技術の研究開発を進めるとともに,情報格差(デジタル・ディバイド)の解消にも努める必要がある。

 また,21世紀の世界が地球規模で直面する諸問題,すなわち,人口の爆発的な増大,水や食料,資源エネルギーの不足,地球の温暖化,新しい感染症等に対処すると同時に,発展途上国を含めた世界全体の持続的な発展を実現するという困難な課題に挑戦し,人類の明るい未来を切り拓くためには,科学技術の力が不可欠である。これらは,資源,エネルギー及び食料を海外に依存する我が国にとっては,特に重要な問題である。その解決に向けて,供給力の向上等,適切な対応を図るため,国内外の英知を結集することが求められる。

 このような21世紀の世界と我が国が直面する課題を克服していくためには,人間の知的活動の成果としての幅広い知識の創出と蓄積,それを有効に活用するための英知が求められる。その際,科学技術への過信が,地球環境,人類の福祉や幸福をかえって損なう惧れがある。大量生産・消費・廃棄等によって20世紀に地球規模の問題が発生したことは,大きな教訓といえる。

 21世紀を中長期的に見れば,生命科学の発展に伴って生ずる人間の尊厳に関わる生命倫理の問題,遺伝子組換食品の安全性や,情報格差,さらに環境問題等,科学技術が人間と社会に与える影響はますます広く深くなることが予想される。こうした状況に先見性をもって対応するために,科学技術が社会に与える影響を解析,評価し,対応していく新しい科学技術の領域を拓いていく必要がある。このためには,自然科学のみならず人文・社会科学を総合した人類の英知が求められることを認識すべきである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ