ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   科学技術の振興に関して講じた施策
第2章  科学技術の重点化戦略
第2節  国家的・社会的課題に対応した研究開発の重点化
6.  製造技術分野


 製造技術分野は,我が国の生命線ともいうべき経済力の源泉であり,世界的にも最高水準にある。今後,これらの技術の一層の高度化を図る必要があり,革新的な技術の開発を行うことが重要である。このような認識に基づき,科学技術基本計画においても重点8分野のひとつと位置付けられ,平成13年9月に分野別推進戦略が策定された。

 本戦略では,重点領域・項目として,「製造技術革新による競争力強化」,「製造技術の新たな領域開拓」及び「環境負荷最小化技術」の3つの事項が示されるとともに,研究開発目標を達成するための推進方策として,「人材の育成,独創性を発揮しうる環境整備」,「知識基盤,技術・ノウハウの蓄積」,「知的財産権取得のインセンティブ等の取り扱い」,「研究初期段階からの産学官の連携,役割分担」,「知的基盤の整備,標準化の推進」,「ベンチャービジネス化等,新製品の市場参入支援策」,「経営・ビジネスモデル・科学技術政策上の課題」が定められた。

 一方,製造業の発展を支えるものづくり基盤技術の積極的な振興を図るため,「ものづくり基盤技術振興基本法」(平成11年法律第2号)に基づき,「ものづくり基盤技術基本計画」(平成12年9月)が策定され,その振興に関する施策を総合的かつ計画的に推進を図っているところである(「 第3章第6節6. ものづくりの基盤の整備」参照)。

 第2期基本計画では,高付加価値極限技術,環境負荷最小化技術,製造現場安全確保技術,IT・生物原理に立脚したものづくり技術等の研究開発を積極的に進めている。

 具体的には,文部科学省において次世代の基盤技術の開発等,科学技術振興事業団による「超精密半導体計測技術」,「大津局在フォトンプロジェクト」等の研究開発が行われている。

 また,平成13年度から理化学研究所による「先端的ITを用いた技術情報統合化システムの構築」等の研究開発が行われている。

 経済産業省では,高齢者の視点に立った創意工夫ある製品等の開発を支援する「高齢者の身体機能特性データの整備・公表事業」,医療応用マイクロマシン,マイクロファクトリ,発電施設用高機能メンテナンス技術開発等からなる「マイクロマシンプロジェクト」,光の量子性を利用した「フォトン計測・加工技術」,究極のリサイクルを目指す「インバースマニュファクチュアリング」を実現するために必要な各種技術開発等を推進している。また,IMS( )国際共同研究プログラムにおいて,21の共同研究プロジェクトを推進している。

 農林水産省では,高品質な食品等を求める消費者ニーズに対応するため,食品の機能性向上技術の開発,安全・安心な食品等を求める消費者ニーズに対応するため,製造工程における微生物検出・制御技術及び食品中の微量物質制御技術の開発等に取り組むとともに,環境と調和した循環型経済社会の構築へ対応した省エネルギー型食品加工技術の開発や食品産業における持続的な発展の基盤となる新規分離抽出技術の開発等に取り組んでいる。


■注 IMS:Intelligent Manufacturing System


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ