ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   科学技術の振興に関して講じた施策
第1章  科学技術政策の展開
第2節  総合科学技術会議
1.  総合科学技術会議の設置及び任務


 総合科学技術会議は,内閣総理大臣及び内閣を補佐する「知恵の場」として,我が国全体の科学技術を俯瞰し,各省より一段高い立場から,総合的・基本的な科学技術政策の企画立案及び総合調整を行うことを目的として,平成13年1月,内閣府設置法(平成11年法律第89号)に基づき,「重要政策に関する会議」のひとつとして内閣府に設置された( 第3-1-2図 )。同会議は,内閣総理大臣を議長とし,内閣官房長官,科学技術政策担当大臣,関係閣僚,関係する国の行政機関の長及び有識者で構成されている( 第3-1-3表 )。その任務としては,{1}内閣総理大臣の諮問に応じて科学技術の総合的かつ計画的な振興を図るための基本的な政策について調査審議すること,{2}内閣総理大臣又は関係各大臣の諮問に応じて科学技術に関する予算,人材その他の科学技術の振興に必要な資源の配分の方針その他科学技術の振興に関する重要事項について調査審議すること,{3}科学技術に関する大規模な研究開発その他の国家的に重要な研究開発についての評価を行うこと,{4}上記{1},{2}に関し,必要な場合には,諮問を待たず内閣総理大臣等に対して意見を述べることである。

第3-1-2図 総合科学技術会議

第3-1-3表 総合科学技術会議議長及び議員(平成14年3月末時点)

 また,総合科学技術会議では,重要事項に関する専門的な知見を迅速に深めるために,{1}重点分野推進戦略専門調査会,{2}評価専門調査会,{3}科学技術システム改革専門調査会,{4}生命倫理専門調査会,{5}日本学術会議の在り方に関する専門調査会,{6}宇宙開発利用専門調査会,{7}知的財産戦略専門調査会を設置している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ