ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   科学技術の振興に関して講じた施策
第4章  科学技術活動の国際化の推進
1.  主体的な国際協力活動の展開
(5)  旧ソ連,中・東欧諸国等との協力


 旧ソ連との協力については,1973年(昭和48年)10月に締結された日ソ科学技術協力協定に基づき,これまで7回の日ソ科学技術協力委員会と5回の日露科学技術協力委員会が開催されており,地球科学,農林業などの分野で情報交換,専門官の派遣,セミナーの開催等の協力が行われてきたが,2000年(平成12年)9月,旧協定にかわって,新しく日露科学技術協力協定が締結された。また,2000年(平成12年)12月には,同協定に基づく,最初の科学技術協力委員会がモスクワで開催され,日露双方の協力に関する積極的な意見交換が行われた。

 中・東欧諸国との間の協定においては,科学技術協力協定がポーランド及び旧ユーゴスラヴィア(旧ユーゴスラヴィアとの間の協定については,構成共和国の分離独立後,現在までにクロアチア,スロヴェニア及びマケドニア旧ユーゴスラヴィア共和国によって同協定が承継されている。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ及び新ユーゴについては未承継。)との間で,また,科学技術協力取極がルーマニア,ブルガリア,チェッコ,スロヴァキア及びハンガリーとの間で締結されており,政府間の科学技術協力協議の実施や研究者の交流等の協力が行われている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ